Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






震災の地で生まれた小さな命  | 世界から見た日本


昨日、茨城県で地震津波災害に遭ったご友人家族が、日本から赤ちゃんを連れてサンディエゴへ帰って来ていたので、尋ねて来ました。

ー空港の状態ー

空港は以外に落ち着いてたわ。

従妹や友達で赤ちゃんを抱える子は、九州地区へ引っ越すって言ってたし、アメリカ方面へ出国する人はそんなにいなかったからかもしれないし。 空港での放射能検査が始まったのは私たちがやって来て次の日ぐらいだったから。

ー地震の状況ー

『マグニチュード9.0の震災があって、その後は震度4以上の余震はもう、頻繁に続いていました。』

最初は夜も眠れない状況が続いたけれど、そのうちにね、、、

揺れ方を感じて、震度が言い当てられるようになるぐらいになったの。回数を重ねていくとね。

震度3なんてぜんぜん気がつかないぐらい平気になりました。

それから震度4は座っていて頭上を気にしていたら大丈夫。

震度5は座っていて、赤ちゃんを片手に抱いて、もう一方の腕で支えなきゃ倒れそうな感じだったから、
赤ちゃんを守るのが必死だった。


震度5と6の違いはもう凄まじくって! ほんとうに比べ物にならない。


震度6は赤ちゃんを私の膝の上に乗っけたまま座っていて、両腕で支えても、ぜんぜんその支えも効いていない。

死ぬかもしれないって、今までの人生の中で感じたのはあれが初めてでした。


家は屋根が崩れ落ちて、壁が剥がれちゃったし・・・・・・


地震でちょっと傾いちゃったみたいなのね、だからふすまを開くのがものすごく一苦労で。

きっとあの家は建て直しね。

ー放射能に対する懸念ー

これから、これ以上にひどくなる事は無いにしても、今放出される放射能は何十年も消えないという話だし。
今後の状況を見極めて帰国を判断するつもり。赤ちゃんの甲状腺なんて放射能をすぐ吸収して許容範囲を超えちゃうだろうから、やっぱりそのタイミングには慎重になってしまうの。でも(日本の)皆の事も放っておけないしね。


その後、skype でご両親やひいばあちゃんが赤ちゃんと対面していた。


ほんとうは、側にいて見ていてやりたいだろうな? と、僕は心の中で思っていた。



ーミルクー

日本にいる時もそうだったけど、こちらに来てなおさら、


報道が言っている事と現実との間にかなりのギャップがあるの。


食料を二倍の量で流通していると言うけど、現実はぜんぜん足りてなくてね。

特に、私も、私の友達も乳飲み子を抱える母親でしょう?

水道水でミルクを作っちゃ行けないって言われても、スーパーに行って水の陳列棚が空っぽなの。


大人は飲んでも大丈夫な数値だって言うけど、水道水でミルクを溶いたとしても、

すぐさま健康を害する数値じゃないって言ってもね、やっぱり心配じゃない。


友達に電話すると、もう電話の向こうで泣きじゃくってるのよ。


震災の被害に遭ってしまった、小さな命。 今その小さな命が、あなたの助けを必要としています。



coolcutsからの救援物資の内容提案 

水を加えずすぐにできちゃうミルク。

Enfamil Premium Lipil Ready to Feed Nursette

Similac Ready To Feed: The Ultimate Convenience


60年間の世界支援  Direct Relief





スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=地震・天災・自然災害 - ジャンル=ニュース

【2011/03/29 02:48】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






彼女は億万長者を選ばなかった  | アメリカ移住
結婚するんですよ、2週間後なんですけどね。

『それはおめでとうございます。

つき合って何年ぐらいになるんですか?』

もう4年になります。

『きっかけは?』

それが、、、本当に不思議なくらい偶然が重なったんですよ。


僕は結構、走ったり、自転車に乗ったり、泳いだりするのが好きでして・・・・・

スポーツ店へ行くんですが、そこで一人で買い物をしている女性を見かけたんです。

その時は【奇麗な人だな】、って心の中で思っただけで、そのまま次の場所へ移ったんです。

僕は結構ワインが好きで、ワインの専門店に行ったんです。

そしたら、またも彼女がそこで買い物をしていて。

その時は、さすがに軽く会釈して、その場を離れました。

僕は、庭に植物を植えたりするのが好きなので、その次にはホームディポへ行ったんです。

一通り買い物を済ましてレジへ向かいました。


すると・・・・・・

レジの列の最後尾に僕が並ぼうとした時に、

同時に入って来た女性とぶつかりそうになったんです。

お互いが【スミマセン】って言い合って、顔を上げると、

さっきスポーツ店とワイン専門店にいた女性だったんです。

どちらからとも無く、吹き出して。

人目もはばからず笑い転げてしまった。


あまりにも偶然が重なったので、【近くのCafeで少しお話ししませんか?】

と、誘ってみたんです。


話し始めると止まらなくってね。

だって、彼女と僕は何もかもが同じなんだから。


旅行が好きで、スポーツが好き。

それから、自転車が好きで、家庭菜園が好き。

同じワインが好きで、聞いてる音楽も同じ。



もう、時間が経つのも忘れて、夜通し話し込んでしまった。

そのまま別れのが惜しまれたけれど、彼女には億万長者の彼氏がいた。


彼女と僕は友達になった。

もちろん彼女の彼氏とも同様に友人としてつき合った。

彼女がトライアスロンにチャレンジするので、その自転車を組み立てるのを手伝った。



一緒に自転車競技に出たり、時々彼も一緒に皆で食事をしたり。

僕と彼女がいると話が弾んで止まらない。


彼と彼女はあまり共通点が無いようで、二人きりになるととても静かだった。

もともと彼らの関係に問題があったようで、それから半年で二人は破局を迎えてしまった。



自分の本音を隠しながら前妻との暮らしを続けた僕には彼女の気持ちがよく理解できたし、

僕の人生には彼女が一番フィットするって確信があったから。 すぐさま彼女に交際を申し込んだんだ。



彼女も同じ気持ちだった。

元カレのようにポイントロマに豪邸を建ててなんてあげられないけどね、


二人でサウスパークの一軒家を買って一緒に暮らし始めたんだ。


もう、毎日が別世界だよ。

そりゃ、完璧なものなんてこの世に何一つ無いから、時々喧嘩になったりはするけれど、

僕には確信があるんだ。


彼女がもし男として生まれて来ていても、きっと僕の友達になっていたってね。








------------------------------------------------------------

テーマ=もっとラブラブ生活したい - ジャンル=結婚・家庭生活

【2011/03/27 12:11】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Horse back Riding  | SARINA
先週の日曜日さりなのガールスカウトのイベントで、乗馬教室が開かれた。

舗装されていない道路を土煙を上げながら走り、グニャグニャ曲がった山道を走る事30分。

Sabanna.gif

ワンコウがお出迎え

Farm.gif

Jamul の個人所有の牧場だから、看板も何も出ていない。

以外に近場に牧場なんて代物があるものだ。


Chikin.gif

鶏に
Turky.gif

七面鳥

Yagi.gif

山羊に

Whatuma.gif

What ya ma call?

Pigy.gif

豚が逃げ出したぞ~!!

うわ~! 豚が突進して来たぁああ!

捕まえろ!

え? 捕まえる? って? ぼ・く・が? ですか?


Umateire.gif

馬の手入れの仕方や、馬具の付け方の手ほどきを受けて

Horseride.gif

いよいよホースライディングのはじまり!


ガールスカウト仲間と一緒に過ごす牧場の一日を、

さりなはとっても満喫していました。




------------------------------------------------------------

テーマ=乗馬・馬術 - ジャンル=スポーツ

【2011/03/26 14:23】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






やっと戻って来たのに・・・・・  | アメリカ移住
愛機 iMAC が昨日の夜やっと帰って来た。

ある日突然スクリーンに縦縞が埋め尽くし、表示内容の認識不可能になった。 色々リサーチした結果、2006年度モデルはグラッフィックカード系が不安定という事らしい。

幸いにも、僕が所有している24インチ型はマザーボードとグラッフィックカードが別れているタイプだったため、グラッフィックカードのみの交換でどうにかなりそう。

それで、Appleに修理を依頼しようかな?って考えたけど、まず見てもらうだけで保証を購入しなきゃいけないし、それから修理の費用は別途。


そこで知人のつてでリペアーマンを見つけ、修理を依頼した。

故障内容は僕がリサーチしたとおり、やはりグラフィックカードの故障で、他のモデルのようにマザーボードと一体型では無いので交換可能という事。


待つ事3週間。


その間他に日本語環境でタイプができるのはiPod touchのみなので、iPod touchで ブログの内容を書いて保存、その後日本語環境の無いラップトップを使って文字の大きさを変えたりリンクを貼ったりと、かなり手間をかけてこのブログを続けて来ました。

それが、出来上がったというので、知人に見に行ってもらった所。


『coolcuts? モニターに引っ掻き傷ってあったかい?』


そんなの無かったよ。


『そうか、クレームを言って治してもらう。』


それっきり待つ事また2週間。


昨日やっと帰って来ました。


画面に傷は無し。


画面は奇麗。


でも、何かおかしい。


最初に電源をONにした時、すぐに落ちてしまったし、ファンがず~っと回りっぱなしでうるさいし。

SMCリセット(MACを終了をして、状態から電源コードやすべてのコネクターを外して15秒待つ。それから電源コードをつないで起動する。)をしても治らない。

リカバリーソフトから立ち上げようと思ったら、DVD&CDドライブが動いていない!


まったくどうなってるんだろうね、この仕事の仕方って。

作業中にスクリーンプロテクトに配慮が無いのも呆れたけど、

なんで修理後の動作確認をきちんとしないんだろう?


一ヶ月半もかかって、せっかく僕のデスクに帰って来た愛機 iMAC 再び病院入りですわ!


しばらくまたiPod touchの生活です。トホホ........



------------------------------------------------------------

テーマ=Macintosh - ジャンル=コンピュータ

【2011/03/26 00:37】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Terry Matsuoka & Kaori の震災救済イベント  | ART


Photo0153.jpg

先日19日の土曜日、サンディエゴを基点に活躍するミュージシャン、Terry Matsuoka 日系アメリカ人と、サンディエゴ在住日本人アーティスト 『香』の子ラボイベントがダウンタウンの2ndストリーとにあるRed Rotusにて開かれました。 

Photo0151.jpg

テリー松岡の登場。 まるでJack Johnson ばりの癒しサウンドを一本のギターが奏でながら、彼の優しい歌声が響きます。


彼の第一幕が終わると香さんが登場。


『このイベントはずっと以前から準備して来たのですが、偶然にも日本の震災津波災害と重なってしまい、気持ち的には、被災者の方には本当に無念な思いをされている事と、私も日本から送られてくるさまざまな情報に目が離せません。

それで急遽、このテリーと私のコラボイベントを震災のチャリティーイベントへ変更する事にしました。

タイミング的にはたまたま同じ時期に重なった訳ですが、こんな形で私の母国の危機的な状況に助けになれることを光栄にも感じています。


本日、Red Lotusさんが販売するドリンクや、テリーのCDセールス、そして私のアートの売上金は全て被災地への義援金として贈ります。その他にも、ドーネーションBOXも用意していますのでそちらからもぜひ、善意の寄付をお願いします。
Photo0150.jpg


集まりました募金を何処へ寄付するか? という部分では私はしっかりリサーチさせていただきました。


寄付金を100%現地に送ってくれる団体というのが私の条件で、Direct Reliefを選びました。』



Kaori's Arttic


Terry Matsuoka Crunchy Sandwich
------------------------------------------------------------

テーマ=展示会、イベントの情報 - ジャンル=学問・文化・芸術

【2011/03/23 15:57】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






震災の悲劇は、今も続いている!  | 世界から見た日本
20日、次第に全容が明らかになる被害実態。


8500人を超える死者数は数が増えましたが、 行方不明者12000人は昨日より減少。


被害者が災害地へ出向いて、肉親の死骸を発見する映像が出てきたが、日本のメディアは本当にデリカシーを持って撮影に当たっていると思う。

この一連の報道を通じて、一度だって死体そのものを目にした記憶が無い。

京都からペレットストーブが7台、仙台に向けて贈られて、「暖かく過ごせるようになった。」と喜ぶ被災者。

水道の蛇口から水が 出ている事に感動!


人間欲さへかかねければ、どんな時でも幸せを感じれるんだ。


集団生活のストレスが懸念されるなか、小学生が肩もみ隊を結成。

沢山こういった報道視点も被災者の心に希望をいだかせる目的を並行して持っていると思う。

だとしたら、原発事故の報道もあまり恐怖を煽らない程度にというのが適切なのかもね?

1週間以上震災の報道が続いたが、今週はJAPAN TV大河ドラマやてっぱんなどのドラマも時折、放送し始めて、有料放送のPR作戦も少しずつ始めた。



それに混じって、リビアのカダフィー政権を国連が叩いているニュースが流れるようになった。


罪の無い人の命が8500人以上も死ななくてはならない状況を知り目に、海の向こうで「人殺し」が繰り返される。 この対比は憤りを感じる。

しかも、アメリカの報道は、被災地に向けてのドーネーションの盛り上がりと、リビア問題が同じ重要度を持って報じられてるんだから、まるで理解に苦しむ。


国際物流が困難をきたし始めている


あるコンピュータ 部品メーカーに勤めている友人は、

「半導体チップの消費量の40%を日本に頼り切っているから、これから先が大変だ。どんどん変化している市場だから、ストックだって本当に、ごく少量だし。きっと値上がり間違いないな。」

と、いっていた。

丸紅USAのアメリカ人ビジネスマンのお客様は、『丸紅は多くの物流ラインを持っているから大丈夫。流通経路の切り替えに多少手間がかかるけど、流通がストップする事は無いよ。』と言った。



規定値以上の放射能が測定された食品が、廃棄処分にされるケースが増えてきた。

せっかく絞った牛乳、乳製品、野菜など、生産者はその悔しさを隠せない

Japan Times がより信頼性の高い放射能測定値が、原子力資料情報室で得られる事を記載していた。 


ここに、 『屋外での測定値が高くなっています。これは雨のために普段から自然界にあるラドンの影響が出てきているためで、原発に起因するものではないと思われます。』 と、いう書き込みもありました。


こういう情報こそ、政府はきちんと流すことで酪農家や農家の方の窮地を少しでも救う事ができるのではないでしょうか?


支援の細分化


乳児をかかえる母子受け入れをする施設が別途設けられたり、アトピー患者やアレルギー患者の対策も充実してきた。



僕も娘も以前アトピーには悩まされました。埃が舞い乾燥した被災地の空気の中でどれほどのアトピー患者がどのような思いで、日々過ごされていることでしょう?

アレルギー適応食品や昔さりなにも飲ませた、MA1ミルク。の無料配布等を被災地で行っているそうです。



アレルギー患者災害支援活動 by アトピッ子地球の子ネットワーク。










------------------------------------------------------------

テーマ=東北地方太平洋沖地震 - ジャンル=ニュース

【2011/03/22 10:49】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






震災後一週間の黙祷  | 世界から見た日本
18日、2:46分 観測史上初のマグニチュード9.0の大地震が、北陸を襲ってから、まる一週間がすぎた。

あちこちの避難所では、6000人を越す死者のご冥福を祈って、黙祷がささげられました。

一昨日からの円高傾向で日本経済が打撃を受けないように、日銀は国連に協調介入で円相場の安定を図る事を申し出て、合意、その日のうちに2円安を記録した。


事情が事情だからプラザ合意の時の内容とは違うけれど、結局相場なんていくらでも操作ができるってことだよね。


coolcuts は疑り深いので、海外の大口投資家が、もう一度円を下げたがってるんじゃない?

なんてかんぐってしまう。



そうこうしているうちに、何時営業が再会できるかわからない事業所を被災地に持つ会社が、一旦雇用した新卒新入社員を内定取り消しするケースが増えてきた。


社員だっていつ会社復帰できるか解らないんだからいたし方ないけれど、本当に運が悪い。



アメリカの報道がだんだん日本政府の原発情報に不満を表明し始めた。


『もっと具体的な数値を正確に公表して欲しい。』 と、


そんな中、風向きからアメリカ西海岸に放射能が届くのでは?


という懸念を持ったカリフォルニアの人たちが、ホウ酸を買占め始めた。


もう、あっちこちで売切れてしまって。 『予約販売』みたいな状況になってしまったけど、

もう対応しきれないので、販売が中止になったそうだ。



メキシコシティーからいらした女性と話をしていて、もう死者が6000人にもなってしまいました。

と、話すと、

メキシコシティーで地震があった時には地震だけで2万人が死んだのよ。日本の家は耐震設計はすごいわ。』 



                                   と、感心していた。

LAから来られた女性が、被災した日本人の皆さんの忍耐強さとすばらしい行いを報道で見るたびに、『アメリカの災害時にLooterたちが暴れまわる状況を恥に思う。』


そして、こう続けた。


災害時などの緊迫した状況下では・・・・・


人類の行動心理学では、幼少の頃両親から受けた、『躾』 で培った行動パターンに戻ると言われてるの。



『躾』って本当に大切だな、って思った。


と、同時に将来の日本人の内容にはちょっと心配もあるなとも思った。



被災地のシェルターになっている高校の調理場で、大人たちに混じって走り回ってお手伝いをする女子校生を見て。



大丈夫だ。


またそう思い直した。。。。。


今ほど、日本人として生まれた事に誇りを感じられる事は無い。


被災者の皆さん、ありがとう。


あなたがたの懸命な姿を、世界中の人が見守って、応援しています。


希望を捨てずにがんばってください。



最後に、ティファナで小学校の教師をされている女性の言葉。

『日本人はあのような行動教育をいったいどのように行っているのかしら? 


日本は、きっとものすごいスピードで復興を遂げる。


そう、信じてる。   


だって、あれほどすばらしい民族がそれができないわけが無いじゃない!』




コーディネーターのジェイコブが、レディガガがチャリティーで販売していたブレスレットを購入したと言っていた。




復興支援にみんなで協力しよう!


America Red Cross
------------------------------------------------------------

テーマ=東北地方太平洋沖地震 - ジャンル=ニュース

【2011/03/19 16:36】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






原発事故へ注がれる目  | 世界から見た日本
17日死者5000人を超えた


円が過去最高値に並ぶ高値76円をつけた。

復興に向けて沢山のお金が必要になるから、先々の円の値上がりを予測しての事らしい。

まったく、投資家にとっては「他人の不幸はビジネスチャンス。」って事か?



それにしても、アメリカ人の感心はもっぱら原発事故に集中してる。


それで、いろんな噂話が飛び交っている。


果たして日本の原発は使用済み燃料の冷却に成功するだろうか?

って事がニュースで流れているばかりじゃなくって、

「原発従業員が放射能観測数値をツイーターに載せ続けてるんだけど、

政府の発表とはかなりズレがあるみたいだぜ。」


なんて噂話もとんでるし、

それから、Facebook にもこんなブログのリンクが貼られていた。


原発とはこういうもの

これ読んでみたけど、読んだのを後悔した。 

日本の行く末を案じて眠れなくなりそうだよ。


今回海水を注入した原発はもう使えなくなるそうだ。 

でも、放射能は300年もの間ずっと消えずに残っているそうだ。 

今辞めても300年。

だからこそ、この機会に3百年後の日本を案じて、新エネルギー案を推し進める必要があるのではないだろうか?


コーディネーターの女の子がポーランドから来た友人がいて、その子がチェルノブイリの事故の時に被爆をしたらしい。

それで、脊髄の癌に犯されて、ものすごい闘病生活の後にやっとの思いで生きてるそうだ。


今日、日本に帰っていた友人が原発の影響を避ける為にサンディエゴへ帰ってきた。

ニュースでも台湾や韓国、等。。海外へ脱出する人々が後を絶たない。


原発事故問題は収束するだとうと思う。

日本の技術、そしてアメリカの頭脳がなんとかそれをやり遂げるだろう。


でも、原発を作った時点から300年後の子孫へ、その始末を託してしまったのであれば。


彼らが始末できるような道筋を作って残してあげるのが、僕らの仕事ではないだろうか?



フランス人のお客様に、フランスの電力の79%が原子力発電に頼ってるんだって? って尋ねると、


『そうなの? 知らなかった・・・・』


って返事が返ってきた。



まさにそれ、僕たちもアメリカがとっくの昔にやめた原発開発を、日本がずっとやり続けたのは。

結局、国民の無関心によるものも多々あるだろう。

今、地震がおきて、津波がやってきて、その信頼が揺らいでしまった。


国民全員が、その怖さを知ってしまった。


だから、300年後の日本の為に良いことをしよう!


この原発問題に、人事じゃなくって、自分ごととして向き合おう!



被災地では物資が不足している。

毛布、食料、暖をとるための灯油、病院へ行く為に必要な車のガソリン、

薬が無くって喘息患者が『ぜえ、ぜえ、』言ってる。

復興に必要なパワーショベルを動かす軽油


日本を救おう!

American Red Cross
------------------------------------------------------------

テーマ=東北地方太平洋沖地震 - ジャンル=ニュース

【2011/03/17 15:48】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






やっとこさ  | アメリカ移住
やっとこさ父からメールの返事が返ってきた。

もちろん予想通り広島はごく平常どおりの生活で、地震さへ感じなかったという事らしい。

でも、太平洋対岸のサンフランシスコでも海の写真を撮っていた人が3人、波に流されて一人が死亡したって聞いてるし、広島でも漁師が行方不明になったという話も聞くし、やっぱり心のどこかで心配していたのでホッとした。

『そんなに心配しているとは思わなかった。』 と父?

まあ、昔まだ僕たちが日本に住んでいた時、LAの山火事のシーンを見てサンディエゴの妻の家族にあわてて連絡を入れたのと同じ状況だろうからしょうがない。


サンディエゴに暮らす千葉県出身の友人が、KUSIテレビ報道のインタビューを受けていた。

日本のコミュニティーがどの程度家族と連絡が取り合えているのか? ご家族を亡くされた方がいるのか?
そういった質問に答えていた。


ガソリンスタンドでたった10リットルの給油を済ませる為に、1時間以上気が遠くなるような列に並んでいるドライバーの男性が、TVクルーに

『もう、このガソリンスタンド閉店してますよ。』

と、聞かされ.....吐いた言葉は

『え~、閉まってんの? え~~~?!』 だけ。


なんと日本人というのはおとなしく、忍耐強い民族なのだろうか? と感心した。


14日、被害にあって、非難していらっしゃる方がインタビューを受けている映像が増え始めた。

彼らが目の前で見たものが語られるたび、津波の悲惨さがより明確に浮き彫りにされていく。


目の前で人が津波に流されていく。

自分のすぐ後ろにいた人の姿が、波が去った後にはもう無かった。

市役所の屋上に上がったが、高さが足りないので避雷針の塔の屋根まで、鉄製のはしごを登って、難を逃れた。

3回もそのはしごを上り下りして、そのままそこで、寒さに絶えながら一夜を明かした。


再会して泣き喚きながら抱き合う親子。

子供と死別した事が解って、うずくまり静かに泣き崩れる母。


今日はそんな被災者の一人一人の真実のドラマが日本から送られてくる映像の中に沢山あって、胸がいたたまれなかった。


また、彼らの証言から想像するシーンは、まるで映画『アルマゲドン』で逃げ惑うシーンのようだった。


死者は2500人にもなった


発見される死体が何百人単位で増えていく傍らで、隔離された市町村で2000人の生存者が確認されたりもしたので、行方不明者昨日、約一万七千人、から今日、約一万五千人に減少。 

タヒチ津波災害の時の17万人に比較するとそれでも被害は少ないほうだが、やはり尊い命が失われるのは辛い。

TOMODACHI 作戦

アメリカの空母が太平洋上で中継地点を作って、物資供給に大々的に協力をする事を表明

それにしても原発事故の問題は、日に日にアメリカ人の関心ごとになっていいている。

米軍側ではその作戦をTOMODACHI作戦と名づけた。


それにしても原発事故は日を追うごとに、アメリカ人の大きな関心ごとになっていってるのを感じる。

と、いうのが、アメリカは世界最大の原発国でありながら、チェルノブイリ原発事故やスリーマイル島原発事故の後、安全性の懸念から30年近くも新規開発を控えてきた。しかし、CO2を排出しない発電技術として、グリーン事業を進めるオバマ政権になって、再開発を進める動きが出ていたおりだから。


日本の原発事業はアメリカの原発技術にS.O.Sを求めた。


なんとか燃料の温度を下げるために技術協力を求めると、日本はアメリカに打診した。

ここに来て、災害時の発電所職員の訓練の行き届かない部分も見え隠れして来て、この原発問題での日本の信用が崩れようとしている。

この事態に世界各国の投資家たちはすぐさま反応した。


株価が下落


電力の安定供給に対する懸念が、日本北部の工業復興が困難をきたす。と判断され、世界中の投資化が日本株を売りさばいている。 本日1000円安。 彼らにとっては自分の損を防ぐ事が重要。


日本は早期復興を目指して信用を回復するしかない。 


アメリカは、日本の復興支援にも力を貸すと発表。


食料不足、燃料不足、薬剤不足、被災地では何もかもが不足している。

そんな中で復興に向けての努力を注がなければならない。

戦後の日本の信用を支えたのは、その復興の早さだった。



復興速度は日本社会全体の経済にも影響を及ぼす。


被災地だけの問題では無いのだ!





アメリカから被災地への救援募金受付

RED CROSS
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/03/15 15:47】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






東北地方太平洋沖地震  | 世界から見た日本
11日午後2時46分(日本時間)ころ,三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生しました。

観測史上初のマグニチュード9.0の地震は大きな津波を伴って、北陸の平野部を一息に飲み込んでしまった。

アメリカの各局のニュースステーションが長い時間を割いて日本の地震津波報道を流し続けている。ケーブルテレビは有料の日本語放送を無料開放して。地震速報を伝え続けてる。

日本への電話回線はパンク状態で不通、メールを送信しても返事は返って来ない。広島は大丈夫と説明してもサリナはおじいちゃんおばあちゃんの事が心配で涙目になる。

オバマ大統領は記者会見で、「アメリカにとって一番大切なパートナー国である日本の惨事に、アメリカとしては出来る限りの救済援助を行いたい。」と語っていた。その次の日。プロフェッショナルな救済援助が世界各国から日本へ到着。オバマ政権はブッシュ政権より質が良さそうだ。

それにしても惨い。

こちらに届く映像のほとんどがヘリコプターからの上空カメラ目線。後方から襲ってくる津波から逃げ惑う自動車が、前方から回り込む津波に向かって一目散に走って行く。

道路前方が既に水没しているとも知らず、坂道を駆け下りる自動車が、そのまま突っ込んで行った。

平生は雨風から僕たちを守ってくれる頑丈な家々が大地の根っこから削ぎとられてプカプカ浮かんで押し流される様は、まるでミニチュアの模型のようで、今この瞬間に、誰かが水の下で溺れているかもしれないなんて、真実味は伝わって来ない。

不幸中の幸いはFacebookをはじめとするソーシャルネットワークサービスが家族の安否の情報をを交換しあっている事。おかげで、関東、東北に暮らす友人の家族が全て無事だった事を確認。

Skypeで広島の友人とチャット,広島はまったく揺れ無かった事を確認。

インターネット社会は確実に災害時に強力なインフォメーションツールとなっている事はたしかだ。

モールスが電報を発明する以前は、早馬、飛脚がその役割を果たしていたんだから、まるでスピードが 違うし、一つの情報が印刷、配布などの工程を必要とせず、個人個人に一瞬にしてシェアされるんだから、情報媒体の性質が根本的に変化した事を改めて確認した。


13日、話題はもっぱら原発事故報道の割合が増えている。この問題は、日本だけでなく、世界各国、原発問題を抱える国では重要なトピックスだから、必然的にスポット時間を費やすのだろう。

それにしても、近年の各国の地震津波の報道に比較して、改めて日本という国がどれだけキチンと組織だって、惨事に迅速に対処できる国であるかが伺える。 タヒチ、ニュージーランド、数年前のアメリカのカトリナハリケーンの時のアメリカの対応と比較しても、迅速かつ、的確。そして、貧富の隔てなく施される救助活動が感じ取れる。

それからテクノロジー。

仙台TVの局内地震映像。マグニチュード8.の驚異的地震にも建物はビクともせず、棚から落ちるものも無いさまに、アメリカ人はとても驚いていた。

アメリカで災害が起こると、必ずと言っていいほど起こる、スーパマーケットなどの略奪行為。

日本では、各銀行が通帳や印鑑が無くても、本人である確認さへできれば10万円まで預金が引き出せる処置がされ、スーパーやコンビニエントストアーが店先に商品を並べて、必要な食料品や物質を販売していた。国民性なのだろうか? みんなきちんと一列に並んで、自分の順番を待っているさまは、まるで戦時中の配給所に列を作っていた頃の日本人と変わっていない。

もう一時間以上もガソリンスタンドの行列で並んで待っているのに、取材中のカメラマンに「このスタンドクローズですよ。」と教えられても、暴言も吐かずに、事の成り行きに身を任せる日本人。

これがアメリカ人だったら、公共の電波の中で、ビープ音が鳴りまくってるかもしれない。

彼らの気然としたおこないを、アメリカのTV局が伝えるたびに、僕は日本人である事に誇りに感じます。

被災者の方、さぞ辛い思いをされていらっしゃるとは思いますが、頑張って乗り切ってください。


アメリカからの救済援助募金の受付は

America Red Cross

------------------------------------------------------------

テーマ=東北地方太平洋沖地震 - ジャンル=ニュース

【2011/03/14 13:54】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Celebrating Womanhood 4th Annual Dia de la Mujer!!  | デザインの視点
Photo0139.jpg

3月3日、日本では桃の節句でしたね。

そんな事も忘れかけるほどアメリカに長くいるのか、そういえばもう、まる5年になります。

しかしながら、このイベントですっかり思い出してしまいました。

Celebrating Womanhood

沢山のローカル女性アーティストが集まって、国境の街 San Ysidro で開催されたアートのイベント。


友人でアーティストのMai Kawaguchiさんの作品も出品されると聞いて行って参りました。


なかなかかわいいね~、なんか似てるんじゃない? 本人に。


『ええ、これ。 ピノキオの私バージョン。』


『もう一つ、向こうの方にある絵は画角上で色々視点の角度を変化させてるの。』

ああ、本当だ、 面白いね。



帰り際、このイベントのディレクターの女性ラティシアさんとちょっとお話しました。


このイベントは毎年続けていて、最初はこのビルも無かった時から、手作りではじめたのよ。

もう4年目になるけど、毎年参加者が増えてるわ。


この会場では毎月なんらかのイベントしているからチェックしてみて。


The Front
147 W. San Ysidro Blvd
San Ysidro, CA




------------------------------------------------------------

テーマ=展示会、イベントの情報 - ジャンル=学問・文化・芸術

【2011/03/05 03:08】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






警察は市民の味方?  | アメリカ移住
さあ、久々になにやら血なまぐさい話です。

僕が暮らしている場所から30分ぐらい走ったサンディエゴ市の東に位置する、

エルカホンという街で殺人事件がおきました。

この殺人が起きたのは3週間も前の話ですが、奥さんの仕事仲間の義理のお兄さんにあたる方が、殺害されたんです。

この事件に関わっていたのは、殺害された男性の元彼女、とその現在の彼、そして、その弟。


加害者男性は20代の警察官と、その弟17歳。

当初証言者がモトカノのみだったため、彼女の証言により。


『自己防衛』


の線でずっと捜査が進められていました。


最初に暴力をふるったのが殺害された男で、その後、警察官の兄が相手を羽交い絞めにしている間に、弟が殴り殺したとされていました。


だから、最悪でも弟が未成年なので刑務所行きは免れる可能性が報じられていました。


それが最近になって、検視の結果、絞殺の痕跡が発見されたことで、羽交い絞めにしていた警察官が首を絞めたという見解に変化していきました。


しかし、それから以降、なかなか遅々として捜査が進行しないのだそうです。

これがもし一般人だったら、とっくの昔に逮捕状が出ているはず。


そう、現職の警察官がプライベートで人を殺したとなると、かなり大きなスキャンダルになるに違いない。

だから、この一件についてはかなり慎重に調査をしているのでしょうか?


いずれにしても、死人にくちなし。 検視の結果が絞殺とでなければ、この警官はだんまりを続けただろうし。

罪だってみとめなかったでしょう。


しかも、今度は組織ぐるみで“スキャンダルのもみ消し”でも企んでいるのか? と、長引く捜査に被害者の家族は懸念を抱いています。


さて、今後の捜査がどうなる事やら。。。。興味深いところです。



------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/03/01 16:09】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。