Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






トルーマン大統領、公民権政策の舞台裏  | アメリカ移住



『Jさん、この前マーティン・ルーサー・キング記念日でしたね。

この間面白い記事を見つけたんですけど、

”公民権運動の引き金を引いたのはトルーマン大統領だって”

ああ、それはね。 もっと軍事上のメリットからなんだよ。

『軍事上のメリットですか?』

リンカーン大統領のように。?

ああ、そうだよ。 第二次世界大戦以前のアメリカ部隊はコケイジアンだけの部隊、アフリカンアメリカンだけの部隊、アジア人だけの部隊等に別れていた。

第二次世界大戦における、黒人部隊も含め、有色人種部隊の活躍に感激した。トルーマン大統領は特に、日本人部隊の大活躍に対して、

『諸君は敵だけでなく、偏見とも戦ったのだ。』と、賞賛した。


有色人種の部隊が国防に有益である事を悟ったトルーマン大統領は、軍隊内での人種「隔離」を禁止するよう命じたんだよ。


その命令の裏にあったのは、有色人種の戦闘での強さを存分に発揮してもらうため。 というところにあるらしい。

それでね、もし人種混合軍がうまくやって行けるのなら、日常の生活だってきっとうまく行くはずだってね。

それから、バスボイコット運動シット・インなどの、ありとあらゆる公の場での隔離政策を退ける運動が始まったんだよ。


『へえ、そうだったんですか。』


それに、ルーズベルトが行った日系人の資産凍結と、キャンプ収容の国際批判を回避する目的と、広島、長崎に対する原爆投下の責めを回避する理由もあるような気がするな。


きっと、それは下心としてあったでしょうね。 でも、彼の公民権政策が今日の有色人種の権利を作り出すきっかけになったのだとしたら、まんざら、”悪業” だとは言い切れないですよね。 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人権について考える時、いつも頭に浮かんで来るのはこのシンドラーのリストの貨物車、水攻めのシーン。

ドイツ兵達の目を欺き、ユダヤ人をいたぶるように見せかけて、実は救いの手を差し伸べている。

この複雑なシンドラーの思考と行動。 

このシンドラーがポーランド人の商人として、ナチスとユダヤ人のあいだに置かれた立場は、まさにこれまで、人権運動がたどって来た道のりの分岐点に立った指導者の、思考と似通っているのでは無いでしょうか?

だから、いつの日も、どんな事柄にしても、結局正義と悪は背中合わせな場合が多々多い。

あれから半世紀以上も経て、今アメリカ米軍内でのゲイ受け入れ論争が繰り広げられている。

入隊以降これまで、自分の素性を偽ってきた軍内同性愛者がカミングアウトできるかできないか?

この戦いの矢面に立つリーダーは、果たしてどのような芝居を討って来るのだろうか?
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=思うのは私だけ? - ジャンル=政治・経済

【2011/01/27 14:58】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Chinatown  | 食道楽
Chinatown.gif

LAのチャイナタウンへ行きました。

もう何度か来てますが、今回は夕暮れ時まで粘って、この門構えをスナップ。

カリフォルニアのバニラスカイと赤い門。

そして向こう側に見える青いネオンの縁取りがとっても色鮮やかなコントラストで、奇麗でした。


さて、お腹がすいたのでこちらで中華料理を。 と、以前このブログでご紹介させて頂いたエンプレス・パビリオン(Empress Pavilion) のチャーハンが又食べたいと思って、お店の前へ行きましたが、ディナーは飲茶をやってなくて、結構お値段が高め。

それで、今回はこの門の真向かいにある福州飯店(FOO CHOW Restaurant)

大人一人 $9.99で、ものすごいボリューム! 味もよし! 
Foochow.gif

これはお得でしたね~。 夢中になって食べてたら食事の写真を撮るのを忘れてました。m(- -)m


ちなみにお昼ご飯はこちら、Filippe のサンドイッチ屋さん。

こちらはFoodnetwork でも紹介されたLAきっての老舗(1908年~)。 

Philipeout.gif

これで、$8くらいかな? ポークサンドイッチがお勧めです。

Philipe.gif

ところで、チャイナタウンに来てはじめて、今年が卯年だと言う事を知りました。

アメリカ人には干支の概念があまり無いのです。

Rabbit.gif


------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/01/24 06:06】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






HAIKU  | 世界から見た日本
あれっ? デイヴィッドさんお久しぶりー!

随分とご無沙汰でしたね。

『ああ、そうですね。 ずっと髪を伸ばしていたからね。まだ、伸ばし中だけど、ちょっと形がね。 変になって来たから、ちょっと整えてよ。』

はい、かしこまりました。


『最近ねえ、HAIKUに凝っててね。 ちょくちょく思いついた事をノートに書いてるんだ。』


H.A.I.K.U ?


『Sou, H・A・I・K・U・・・・。』


ああ、俳句ね!

『発音間違えていた?』

いや・・、あの、アメリカ人の口から俳句なんて言葉が出て来るなんて思っていなかったから。 失礼。。。



『あのね, Simplifies されたフレーズがとってもcoolね。』


日本語で俳句を書くんですか?


『いやいや、それが出来たら良いけど、全部英語だよ。 だから、5・7・5は関係無し。 

   英語ではこのナンバーで納めるのは難しいからね。 free styleと一緒かな?』

ああ、山頭火みたいな?


『SANTOUKA?』


ええ、世界大戦以前の俳人で日本中を旅してまわりながら俳句を詠んだ人。


まるで、五・七・五 にとらわれない、自由な形式だったんです。

結構旅の孤独感や死生観が表現されてる。


『へえ、日本中を旅してまわったって言えば Bashou じゃないですか?』


よくご存知ですね、松尾芭蕉、彼は江戸時代の俳人です。 こちらはきちんと五・七・五。


季節感や自然がしっとりと表現されているって感じかな?


後、チックして欲しいのは正岡子規。 戦時中の俳人でね、彼のはちょっとポップなんですよ。なんだかウイットに富んでるというか。 それに闘病生活が長かったので、結構病気に負けるか! って感じの作品も多い。


『ああ、そう。 じゃあ早速チェックしてみるね。』


あっ! 今、浮かんだ。


 Bare foot

Sun shine

on the beach


『ありがとう、君のおかげで創作意欲が湧いて来たよ。 今度来たら、作品を見せるからね。』
------------------------------------------------------------

テーマ=日本文化 - ジャンル=学問・文化・芸術

【2011/01/22 15:57】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ファッションリーダー日本  | 世界から見た日本
ーーーーーある日、僕は仕事仲間と食事をしていたーーーーー

『この前はストリートファッション・ヒストリーの本を貸してくれてありがとう。

今、読んでいるけどとっても面白いわね。


私思うんだけど、アジアのあれだけ多くの国の中で、日本だけが・・・・・・


日本人だけが、ただ西洋を真似るだけじゃなくて、真似たものをそれ以上のバリューを持つ所までに引き上げる能力を持っているような気がするの。


そのフレーズは海外に来て間もないか、海外に出た事の無い日本人からよく耳にするフレーズだけど、なんだか日本人の思い上がりかな? 何て風に時々感じたりしてた。

でも、沢山のアメリカ人から君が言っているような評価を耳にする事はしばしばあるから、まんざら嘘でも無さそうだね。


実際、古代の日本は中国から沢山の文化や宗教、技術等を吸収して来たし、中世にいたっては、西洋のそれをやはり沢山吸収してきたのは事実だね。


しかも、吸収した後に、100年という歳月をかけて確実に日本独特の文化までに引き上げる。

そして、古い価値観をぶちこわし、また新しい文化を吸収して、日本の文化を育てる。

僕の母国日本は、ずっとその繰り返しで今まで来てるからね。


『それにしてもあの、発想の自由さはものすごいと思うわ。 どこからあのパワーが来るのかしら。』


僕がそれに対して理解している事のまず一つとして、


まず、日本のロケーションの特徴。

西洋側文化圏からも、東洋文化圏からも、絶えず一番遠い場所に位置していたから、文化の伝導の終着点だったんじゃないかな? だから、それを受け入れて当たり前みたいな。

それで、孤立した小さな島でしょう? 歳月がオリジナル性を持たせる。

それから、長い歴史の中でね、一度も植民地化された歴史を持たないのも、アジアの国々の中では稀なんだ。

だから、よその文化やシステム、そして宗教を国交レベルで押し付けられた事が無い。日本人が素直に異文化を受け入れる事ができるのは、全て自分たちの意志で選び取って来たからなんだと思う。


それからね、日本は共産圏と資本主義の境目に位置していて、イデオロギーの分割点の一つなんだ。

資本主義国のリーダーシップを取るアメリカは、その分割点のどこか一つの国が経済的成功を納める事を望んでいた。

資本主義は国を豊かにする。 という証明をしてくれるショーケースモデルとして、日本は格好の地理条件だったんだと思う。その期待に応えて、日本人がまた一生懸命がんばった、本当に働き者だったんだよ。


ファッションをリードする国になるにはそれなりの条件が必要だと思うんだ。

1)国家の強いリーダーシップ

2)品質の向上を促す発明と評価に向けての努力

3)プロモーションとマーケティング能力


まず、産業が発達している事。 君もストリートファッションで読んだと思うけど、フランスのファッションリードはルイ14世の頃から始まっているよね。イギリスから起こった産業革命が、工業制手工業を発展させて、大量生産が容易になった。 そして、フランスでルイ14世のリーダーシップの元、レースの生産能力を上げる発明があった。 そしてルイ16世の妻、マリーアントワネットは、そのフランスモードを欲しいままに贅を尽くしていたけれど、そのファッションパワーがマックスに達した頃合いに、フランス革命がおきて、ファッションインダストリーが突如として、ブルジョワジーを中心に一般市民にド~!!っと流れ込み始めるんだ。みんな貴族のファッションを真似るのを禁止されていたから、開放になっただけで、マーケティングなんて必要なかったんじゃないかな。


第二次世界大戦以降の日本はアメリカの需要を受けて、シルクの生産に力を入れていた。

そして、最初は粗悪だった日本製のシルクはあっという間にその品質を向上させ、上質なシルクを作り上げ、同時に洋裁学校を沢山設置して、縫製技術もたぐいまれない能力を持つようになった。そうやって、ブランディングに成功したんだ。


MADE IN JAPAN


この信用が各分野において、日本の政財界の強いリーダーシップの元で完成した。

その下地があって、経済大国に並ぶ国になった事で、世界のファッション基地に成り得たんだと思う。


『へえ~、[文化は高い所から低い所へ流れる]って言うけど、そうなのかもね。』


ちなみにお金は少ない所から多い所へ流れるらしいけどね(笑)
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/01/21 03:07】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






マーティン・ルーサー・キングとハックル・ベリーフィン  | アメリカ移住
Huck.jpg

さあ、今日はあの60年代にガンディーの非暴力公民権運動を支持し、アメリカ国内でそのリーダーシップを取り、暗殺されてしまった、マーティン・ルーサー・キングの生誕を記念する日、マーティンルーサー・キング・Jr. DAY。

アメリカで生前の業績において祝日が制定された故人は、彼を覗いて他にコロンブスとリンカーンしかいない。

考えてみたらこの三人の顔合わせはとても興味深い。



コロンブスは大航海時代の奴隷商人で、アメリカ大陸の植民地化を計画実行したリーダー。

(彼はアメリカ大陸の発見者と賞賛されるが、アメリカ大陸はすでにネイティブ・アメリカンが定住し、文明を築いていたし、コロンブスに先立つ事500年前にヴァイキングたちがアメリカ大陸に上陸していました。)

リンカーンは、北米の白人社会でのストライキによる労働力不足に対し、北側で低賃金でも働く労働力を確保するべく、南部の州だけに奴隷解放宣言を行った人物。同時に南部での奴隷達の決起も狙っていた。つまり、全ては北側勢力の都合上行った事。

そして、キング牧師はアフリカ人公民権運動の指導者。 
彼の公民権運動に関しては、ケネディー大統領にも支持され、『ネーション・オブ・イスラム教団』などの
攻撃的な解放運動よりも、ニュートラルな立場で、コケイジアン支持者も集めて行った。


コロンブスが犯した過ちを、リンカーンが南部だけ北白人社会の利益のために修正した。

そしてキング牧師がアメリカ全土で改善の運動を行ったという事でしょうか?



彼が暗殺された年より40年もの月日を経て、オバマ大統領が米国初のアフリカンアメリカン混血の大統領となり、ミッシェル・オバマはアフリカ系直系のファーストレディーになった。


さて、アメリカ建国より遥か昔に始まった奴隷制度500年もの長い年月が経過した。


人が人として認められない所から出発して、2011年時点で、


彼らの種族は、世界で最も高いGNPを誇り、世界で最も強い軍事力を持つ

大国の大統領を排出したという事になります。



今年の二月には、あの世界的に読み親しまれている『ハックルベリーフィンの冒険』に219回も出て来る『ニガー』という差別用語が削除され、『奴隷』に書き換えられるそうです。



それ自体は、なんだか喜ばしい響きを持って聞こえますが。

僕自身は過去に人々が行って来た史実を書き換える事が、正しい教育を行うという事では無いと思うのです。


日本人にとって、アメリカ人が日本人を『ジャップ』という差別用語で呼んでいた事実を歴史から消し去ってしまう事が、光栄な事とは思えないでしょ。


でも、アフリカンアメリカンはこの事についてどう思っているのか? まるで、その論争は公の場には出て来ない。


アメリカに暮らしてみると、かつて奴隷だった民族が、自分たちの祖先が戦って来た歴史をはっきりと認識できず、しばしば民族の血に誇りを持って生きる事が出来ないでいる事にジレンマを感じてしまう。(これって、別にアフリカ系の民族だけにかぎらない。)


何か困難に出くわすと、『俺達の民族は、差別されてるんだ。』それで済ませて努力をしようとしない。


現実的に差別は今 でもあるのかもしれないが、この21世紀においては人権というのは法律で守られているのだから、インテリジェンスな戦い方をすれば良いだけじゃないか!


過去に行われた史実を教科書から消し去ってそれで全て丸く収まるならそれにこした事は無い。

だけど事態はもっと深刻なんだ。それは支配された歴史を持つ民族の心の中に深く根付いている劣等感かもしれない。


僕はハックルベリー・フィンにず~と、ずっと『ニガー』と言わせ続ける必要があると思っている。

そのたびに、アフリカン・アメリカンは自分たちのアイデンティティーを再確認し、祖先がなんの為に戦って来たのかを認識する必要があると思う。


別に何かに敵対する民族としてでは無く、一つのルーツを持った種族として生きながらえて来た事に誇りを持つ事。 


正しい歴史を認識したうえで、日々の自分の生活と向き合うんだ!


立ち上がれ! 『ニガーの魂よ!』 


オバマ政権がヨーロッパ系民族のお飾り政権では無く、本当の自らのアイデンティティーを主張する政権と成りうるように!


また、同じく『ジャップ達』にもこの言葉を捧げよう! アフリカンアメリカンに続け! アジアの民よ!

彼らが60年代に戦ったのは、『黒人解放運動』では無く、『公民権運動』だったのだから。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/01/18 03:25】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ベルギー人とメキシコ人+日本人  | アメリカ移住
Locker.gif

さて、今まで先生の自宅を改築した稽古場で、柔道の練習が行われていましたが、生徒数が増えるにつれ、手狭になり始めました。

なので、今新しく広い柔道場への移転準備が進められています。 床張りに壁塗りに、ボランティア達の手を借りて、かなりそれらしくなって来ました。

今日は壁塗りが一段落ついたところで、ベルギー人の女性が木製のロッカーを金属部品で壁に取り付けている所を、メキシコ人の女性が横で支え手していました。 僕たちが、木製のロッカーを彼女達の元へ運び終えるて一息ついていると、ベルギー人の女性が、困り果てて何かぶつぶつ言っていました。


ベルギー人:『このロッカーって、真っすぐならないのよ。曲がってついちゃったら嫌だからもう一回最初っからやり直すね。』

そこへ、メキシコ人の女性が彼女にこう話しかけます。

メキシコ人:『ロッカーじゃなくて、後ろの壁が曲がっているのよ。やり直したって無駄だわよきっと。』

ベルギー人:『でも、このままじゃなんだか気持ちがすっきりしないのよ。』

メキシコ人:『ねえ、全てこうなる事には意味が有るのよ。このロッカーが曲がっちゃうのだって、それなりの理由があってそうなるんだわ、きっと。』

ベルギー人:『私とにかく最後のを取り外して、もう一回最初からやり直すね。』

メキシコ人:『本当に完璧主義なんだから貴方は、まったくうちの日本人の旦那と一緒ね。彼も絶対完璧になるまで何度もやり直すんだから、本当にあきれちゃうわ。』

ベルギー人『だって最初が曲がってたら、最後まで曲がっちゃうのよ。』

メキシコ人『でも、もしこの壁が曲がっていたら絶対に真っすぐにはなりっこないのよ。』


僕は彼女達の会話を聞いて、思わず吹き出してしまった。

例のメキシコ人女性の日本人の旦那さんがそばにやって来たので、彼女達を指差して、ニコッ!ってしたら。


日本人:『面白いでしょ~。ベルギーの人はね、まるでドイツ人や日本人のようでね、何かする時に結構完璧にしないと気が済まないんだ。 でもね、メキシコの人はね、結構 ”だいたいそんなもんでいいよ!” ってね。(笑)

あっ、それとヨーロッパの女性は本当に良く働くんだね。アメリカやメキシコでは ”これは男がする仕事” って決まってて、女性がまるでタッチしない仕事の項目があるけれど。 ヨーロッパの女性は結構なんでもやる。』


僕:日本の女性にはありますね、”これは男性がやる仕事” てのが。

日本人:それぞれの国で、それぞれの考え方があるから本当に面白いね。


そうこうしているうちに、ベルギー人の女性がどこかへ何かを取りに行ったので、僕がかわりにロッカーの取り付け作業を引き受けた。

ボルトを止めて、四角いナット部分が真っすぐ向いていないのが気になったので、それを垂直に締め直していると、さっきのメキシコ人の女性がそれを見て。


メキシコ人:『まったく貴方もおんなじね。物事がきちんと四角四面で行われないと、自殺でもしかねないわ。

 だから貴方の国では自殺者が多いのよ。』



 
 
------------------------------------------------------------
【2011/01/12 17:01】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






ある日の朝  | SARINA
DSC_0954.gif

ある日さりなをデイケアーに連れて行く途中、彼女がマディーの新しい犬の事について話始めた。

マディの新らしい犬、とっても可愛いのよ。
でもね、アシュリーには絶対見せられないの。だって、その犬アシュリーも欲しがってた犬なんだから。でもね、あの犬はあの子の誕生日に買ってもらえる事になってるから、それまでの秘密ね。アシュリーは結局のところ、何でも手に入っちゃうのよ。

最終的には、全部ゴミになっちゃうけど。

さりな、ちょうどいい機会だから話しておくけど、もしママとダディが億万長者だったとしても、ぜったいに君の欲しいもの全てを買ってやるなんて事はしないよ。 だって、僕たちは欲しいもの全てを手に入れる事が君の人生を幸せにするなんて考えは持ち合わせていないからね。


『わかってるわ。。。。。』


アメリカに世界的に有名な大金持ちがいた。彼の名前はロックフェラー。彼には息子がいたんだけどね、ロックフェラーはあれほど世界中ありとあらゆる物を買い占める巨額の富を持っていたにも関わらず、息子の大学の学費をびた一文出そうとはしなかったんだ。

息子はそのおかげでものすごく努力して、奨学金を得て、アメリカきっての有名大学へ行ったんだ。


お前のママだって同じようにしたの知ってるだろう?


実際、僕も君のママも、長い間一つプロジェクトに向かって努力しつづけて、その目的を達成する事が生涯、心を満たし続けるんだって実感したんだ。

君の歳から7年後に、ダディーはこのアメリカに来る事を決意したんだ。 20年もの長い月日がかかっちゃったけど、達成できた事をとっても幸せに思っているし、一生この事について幸せを感じられると思うんだ。

”それが達成感ってやつさ!”

もちろん、僕は君を愛しているし、君が欲しいものは何でも買ってあげたいよ。

でもねそれよりもなによりも、君には何かものすごく君を突き動かして、前へ前へ向かわせるものを見つけて欲しいんだ。

君が本を読むのが好きなのはとっても良い事だ。 本は色々な事を教えてくれるからね。だから、君が欲しがる本を買い与える事は全然OKさ、もしそれが良い本ならね。だって、本をよく読んでるから今僕が言っている事が理解できるんだからね。 

別れ際、『おとうさん、私柔道協会の奨学金を狙ってるから!』

その後、さりなはとっても優しい眼差しを向け、いつもの朝よりも強く僕を抱きしめてくれた。そして行って来ますのキスをしてくれた。


→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=子供の成長 - ジャンル=育児

【2011/01/08 18:26】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






柔道初め  | Sports
Orangebelt.gif
(写真は美事柔道場のシンボルマーク、僕たちの故郷広島の宮島は鳥居をバックに撮影)


今日は柔道の初稽古がありました。

一昨年の9月に柔道に通い始めたさりなも、去年の11月にはオレンジベルトに昇格

今年もやるきまんまんで稽古に望みました。


今日のフェルナンド先生のお説教はこれ

You always need to keep these 2 things in your mind!


Focus & Yet

"Focus!"

Try to let your thought go and focus on what you are doing right now at this moment.

It might be Judo, or study at school, or other thing you are trying to achieve.

and another thing is "Yet"

Some time you might find difficult on some thing.

Even if you try to do some thing but never successful!

When you are in those kind of situation.

Use this word!

"Yet!"

I am not there yet, or I can't do it yet! , I don't have it yet!

Just by adding this three sounds to your negativity, things start to go forward!!!



Do not forget. Focus on everything that you do, and never ever let negative thinking control you.



ね、柔道は僕にとっても、とっても良い教えがあるんです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=格闘技 - ジャンル=スポーツ

【2011/01/04 15:52】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Tangled(タングルド)  | シネマ


今年は土曜日が元旦にあたり、正月三が日をゆっくり過ごす事が出来たので、ママが仕事に出かけた月曜日はさりなと二人っきりでデート。

彼女のリクエストはディズニー映画『Tangled』。 いや~それにしてもPIXERのお仕事、年を重ねる事にパワーアップしてくるな。スタジオジブリが『ポニョで』原点の手書きに戻った方向性とは全く逆だけど、まるで実写の人形がスクリーンの中で動きまくっているみたい。 でも、表情や動きの豊かさがものすごく暖かみがあって、時々、生身の人間を見ている錯覚に陥る。

さて、ストーリー展開は白雪姫の現代アレンジ版のようなもの。

でも、ちょっとひねりが有りましたね。

ラパンゾは美貌をもたらす黄金の光り輝く長い髪を独り占めにしたい老婆の独占欲で、高い塔のてっぺんに閉じ込められて、18年の長い歳月を過ごす。


時々、親の娘を想う心の表現がしっかりと作り込んであるので、9歳の娘を持つcoolcutsにはかなり目頭がきつかったりもしました。

とっても感動的な映画なので、お子さんが理解できるような年齢になったらぜひ見せてあげて下さい。


さて、ここでこの映画の最大のポイントになっているのはラパンゾの魅惑的な長い金髪。

ひとたび彼女が歌い始めると、その金色に輝く長い髪は老いを止め、傷を癒し、生きとし生けるものに生命力を蘇生させます。


老婆はその蘇生能力を使って若々しい美貌を保ち続けていました。

老婆が恐れていたのは誰かがラパンゾの髪を切り取ってしまう事

髪を切ってしまうと髪色はブルネット(茶色)に変化してしまいそのパワーも失ってしまうからです。


フリンの生命の危機に蘇生能力を働かせようとした

ラパンゾの美しい金髪に何が起こったか!


(う~んここを説明したいけど、止めといた方が良いね。)


良い物語というのは面白い中にしっかりと子供達に伝えるメッセージを秘めています。



ヨーロッパの中の一人種間で、王制の時代に語られた物語は、もう現代にマッチしないどころか、どこか子供達の育成段階で間違った認識を与えてしまうのも事実でしょう。

ラパンゾは、そばかすのある、それほど特別な美貌を持った娘として、この世に存在していません。

ここが王妃様から、その美貌を妬まれ、命を狙われた、白雪姫とは大違いなのです。

それに、彼女は実の父と母から、深く愛されました。

自分の幸せを自分の手で勝ち取るチャンスをものにしようとする、強さも持っています。

どんな不幸な生活を送っていても、美貌さへあれば周りがお膳立てをしてくれて、白馬に乗った王子様が救いに来てくれた『白雪姫』とはまるで違うんです。

しかも、フリンは上流階級の出でもなんでもありません。ただの盗賊です。


この映画は、日本でも必ず公開されるでしょう。 その時保護者の方には、以下の事を念頭に置いて子の映画を観て欲しいのです。 

アメリカには21世紀の現在にも『金髪コンプレックス』なるものが存在しています。

職場によってはその髪色がゆえに他の髪色の従業員に比較して給料が2倍で雇われる事だってあります。

就職内定率も高くなるというアンダーグラウンドな部分での認識があって、面接前に髪を金髪に染め直す女性も少なくありません。

そんな中で、子供達が観ているドラマや映画にはしばしば、この『金髪コンプレックス』を取り除く仕掛けと工夫がみられるのです。

今朝のハナモンタナではマイリーがハナモンタナの本当の髪色はブルネットだという事を、ニュース番組で告白するシーンが設定されていました。

”人が評価されるべきは、その美しい心なのだ”

と、子供達の21世紀の娯楽は、確実に、そして飛躍的に変化を遂げています。

そういった良質な作品を観せてやれるかどうか? それが私たち大人のこれからの国づくり、世界作りに課せられた責任なのではないでしょうか?


やたらキスシーンが大いのは問題だけどな~。。。
------------------------------------------------------------

テーマ=アニメ - ジャンル=映画

【2011/01/04 10:24】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Happy New Year 2011  | D70
Mist.gif


今年の気分を写真で表現するとこんな感じかな?


霧のたちこめる

杜の中道で

前方に差し込む淡い光

導かれるまま歩みを止めず。




さあ! いよいよサンディエゴも不況から抜け出す兆しが見えて来ましたよ!

光に向かって歩き続けましょうね!

謹賀新年




→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=季節の風景 - ジャンル=写真

【2011/01/01 19:28】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。