Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






West Covina 3分間のドラマ  | SARINA



両者タイスコアで開始された決勝戦。


両者一歩も譲れない状況で、この勝負に勝てば優勝、負ければ準優勝。

終始反則技のチョーキングで

苦しい戦いを強いられたさりなが

試合終了時間9秒前に見せた奇跡的な投げ技。



スカッ! としました。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=格闘技 - ジャンル=スポーツ

【2010/09/28 14:20】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






ニューオリンズの記憶  | アメリカ移住
サンディエゴへ移り住む前にはどちらに住んでいたんですか?

出身はニューオリンズだけど、色々な所に住んだよ。海兵隊にいたからね。

それでサンディエゴに? 故郷へ帰る選択は無かったんですか?


無いね。 



妻と結婚を決意した時に故郷へ彼女を連れて帰ったんだ。

1964年頃のニューオリンズさ。 

白人以外はカラードって呼ばれ。 バスに乗るのも別。 おばさんが経営していたレストランだって、白人は表玄関から入って、カラードは皆、路地裏から小汚い小さな扉から出入りするんだ。

そこへフィリピン人の女性をつれて帰って来た僕に家族は、

『ブラウンをつれて帰ってきやがって!』

って言い放ったきり、誰一人口を聞いてくれなかった。

望まれない結婚をした私たち夫婦が二人揃ってニューオリンズへ帰る事は無かった。



そんな事情があったんですか・・・・・・。



あのう、、、、、一つ質問をしてもいいですか?


何?


そんな環境で育った貴方がどうしてアジア人に偏見無く接する事ができて、しかも結婚まで考えられたのか?



ああ、そうだよね。 

あれは~私がまだ10代の頃だった。 

パトカーの横に3人の警官が立っていて、その横に手錠をかけられたアフリカンアメリカンが立っていた。


彼は小便に行きたかったようで、しきりにトイレに行かせてくれって頼み込んでいた。

でも、警察はそれを許さなかったんだ。

どれだけ時間が過ぎたか、私は一部始終を見ていたんだが、

もう、我慢しきれなくなったんだろうね、どんどん彼の表情は悲痛な表情に変わっていって、

それで、全身が震え始めた。 

次の瞬間、とうとう彼はその場で漏らしてしまったんだよ。 ズボンをびしょびしょに濡らしてね。

そしたらな、警官達は彼を見下したヤジを飛ばしながら、手錠をかけられた男の腹や、背中、顔、頭。

ありとあらゆる場所を蹴ったり殴ったりしてリンチをしたんだ。


まだ若かった私にはどうしてもそれが正しい事だとは思えなかったんだよ。

と、いうよりかショックだったね。 人間があれほどまでに狂人になれるなんて。

育った環境の影響があったとしても、その出来事は、僕の心の中に ”怒り” を帯びた感情を植え付けたんだ。

目を閉じると今でもあのときの光景が浮かんで同じ感情が蘇って来るよ。


だから、私がフィリピン人の女性を愛して結婚を決意した時、家族がなんと言おうとその決意は揺るがなかった。


私にとっては至極当たり前のあり方なんだよ。 


人権問題以前にね。



------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2010/09/27 13:08】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Beware of Greeks Bearing Gifts!  | 英語のトリビア
トロイの木馬の話はご存知よね。

はい、ギリシャ軍が強靭な城壁に囲まれたトロイの城を没落させる為に、大きな木馬をつくり
中に兵士達を忍ばせてトロイに忍び込ませた。 って話ですよね。


そう。Beware of Greeks Bearing Gifts! というのは

贈り物には何か裏がある。

と、いう意味なのよ。
------------------------------------------------------------

テーマ=英語学習記録 - ジャンル=学問・文化・芸術

【2010/09/24 00:40】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ティファナ川の記憶  | アメリカ移住
私が子供の頃はね、アメリカとメキシコの国境間にあの高い塀は無かったの。

今、国境が築き上げられた場所にはティファナ川っていう川があってね、以前はもっと水量があったのよ。

子供達はよく川に入って遊んでいたわ。

アメリカとメキシコの間をひょいひょいって行ったり来たり。


ティワナっていう意味はね、テア ワナ = ジェーンおばさんの川っていうのが語源なの


人間はね、自分の都合のいいように自然を作り替えてしまうでしょ。

特にアメリカはその傾向が強かったのかも? 

私たちの祖先であるネィティブアメリカンは自然を崇拝し、その中に宿る神と共に生活があった。

しかし、ヨーロッパからの移民は、自然に脅威を覚え、自分の暮らしよさを追求した為に

自然のあるべき姿はどんどん失われて行ったわ。


ミッションバリーだって昔は川があった所なのよ。


もともと農業用地として開拓された場所だったけど、川上にダムを作ったおかげで、今では水は一滴も流れていないわね。


でもね、自然は人間が手を加え姿を変えてしまった今でも覚えているのよ。



雨が降ると真っ先に水が溢れ出してあの辺の土地は洪水になるの。

まるで、川が古の時を記憶しているかのようにね。


そうね、今でもティファナ川を渡って来る人がいる。

分厚いコンクリートの壁が連なって、国境警備隊が周囲に目を光らせてる今でも・・・・・・



でももし、私たちもこの大自然の一部だという認識でとたえたなら、

私たちの記憶の中にもきっと残っているはず。

そこには美しいティファナ川という川があって、アメリカ人もメキシコ人も人々はその川で楽しく水遊びをしていた記憶をね。
------------------------------------------------------------

テーマ=領土・領海・・経済水域 - ジャンル=政治・経済

【2010/09/18 21:52】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






雌蕊  | D70
Chiisaihana.gif

幾重にも

重なる花弁

彩りに

我が足を止め

雌蕊に見入る




------------------------------------------------------------

テーマ=花の写真 - ジャンル=写真

【2010/09/17 01:36】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ハリウッド生まれ  | アメリカ移住
私はハリウッドで生まれたの。

今でも沢山のお友達がハリウッドには住んでるわ。

セレブのお友達はいらっしゃいますか?

幼い頃から住んでいたから、途中から入って来るセレブの方々とはあまり接点は無かったし

私って、そういうの疎いのよ。

今はNYで活躍している友人のファッションショーへ出かけて行って、特別席でモデルさんが行き来するのを見ていたんだけど、後から私の友人がね、貴方の近くに有名人が座っていたのよ。 って言われて・・・・・

ぜんぜん気づかないの。


先月の舞台を見に行った時も同じ。 私の友人が監修した舞台だったけど、これもとても良い席を用意して下さってね。 夫と一緒に見に行ったんだけども、後から彼が

”おい、スティーブンスピルバーグがお前の後ろに座っていたぞ。”

って言うのよ。 私ってほんとうに疎いのよね~・・・・・


でも、私の弟は違うの。 今でもハリウッドで自動車のプロモーターをしてるんだけど、遊び場はセレブが集まる所、そして躊躇無く彼らに話しかけるし、お知り合いになるし。


ついこの間もブラピと出会って車の話で盛り上がったって言ってたわ。



それはすごいですね~。



でも、ファッションデザイナーのお友達も、舞台のディレクターも僕には充分セレブですよ。


あら? そうだわね、よく考えたら・・・

学生の頃からの知人だからついついそんなふうには思わなくって。

やっぱり疎いのね、そう言う事に?
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2010/09/12 14:07】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






アメリカ人留学生  | 世界から見た日本
大学一年生の時に9ヶ月だけ日本に留学していたの。


それで、日本はどんな印象でした?


私が過ごした場所は松山市の田舎町で、外国人はほとんど私以外に見当たらなかったので、

子供達に指差されて

『あ~ 外人、外人、外人だ~』


あれ~、それはひどいですね。


いいのよ、だって人に指を指すのだってアメリカであればとても失礼な行為だけど、それだって日本の文化の中ではこちら程じゃないでしょうからね。


いや、『人に指を指すな!』 とは子供の頃からよく言われていましたよ。


ところで、日本人の男の子の印象は?


彼らはちょっと私に威圧感を感じていたみたいね。 でも彼はいたわよ。 年上の男性でね、車を持っていたの。


彼はとても人当たりが良くって、おおよそ他の男性とは印象が違っていたわ。


ああ、そうそう。 ホームステイをしていたお宅がものすごいお金持ちの家で、ご主人は会社経営をしていたわ。


高級会員制のクラブに出入りをしていて、一度私を連れて行ってくれたの。 そこへは沢山の著名人やお金持ちの男性が同席されていたわ。 皆さんとてもお話が上手で、美しい結い髪をされた着物姿の女性が給仕をしていたわ。


あの人達が芸者なの?


『たぶん芸者じゃないと思うけど、三味線なんて弾いていました? 踊りは?』


何も楽器は演奏しなかったし、踊りも踊ってはなかったわね。 ただ、彼女達の話し振りや、身のこなしの美しさにつくづく見入ってしまったわ。


そうだわ、一つ日本のエジケーションで印象に残ってる事があるわ。

中学校から高校、高校から大学と、その都度子供の学業習得レベルに応じて学校を振り分けるシステムはいいわね~。


アメリカでは無いのですか?


無いわよ! 高校まではね。そんな事をしたら法律に触れるのよ。


だから、公立の学校にいて、できの良い学生にはいつも物足らないの。


むろん私立はシステムが違うから、私立に行っちゃう子もいるけどね。


あのシステムのおかげね、日本の学業習得レベルが高いのは。


でも、受験戦争っていう競争社会が子供達の中にできて、ストレスから心を圧迫されてしまう子供も少なく無いんですよ。


そうなの・・・・・



僕はアメリカの大学受験で、ボランティア活動が必要なのには感心してましたよ。
------------------------------------------------------------

テーマ=教育 - ジャンル=学校・教育

【2010/09/11 23:26】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






豚のしっぽ  | D70
kobuta.gif


今日は金曜日

昨日も金曜日だったような

そんな気がする今日この頃

まるで子豚が尾っぽを追っかけ回すようにね

くるくる、くるくる、同じ所を回ってる

でも、温かいよ 

生きてるよ
------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2010/09/11 12:56】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






インテリジェント と エンフォースメント  | アメリカ移住
 今週末はアリゾナに行って来る。 国境付近のイミグラントと住民との問題の調整でね。


相変わらずお忙しいですね。 


ああ、問題は山積みだね。


ところでアリゾナでは警察がメキシコ人に自由に職務質問ができる法律ができたって聞きましたが、カリフォルニア州民がアリゾナへ旅行しないって言い出したら、今度はアリゾナ州民がカリフォルニアへ行かないって言い出して、大変ですね。


ああ、頭が痛い所だよ。 あちらを立てればこちらが立たずでね。

今回のアリゾナ訪問では国境警備とFBI の連中とも話をしてくるつもりだ。 



ところで日本にはFBIというのがあるのかね? あまり聞いた事が無いが。



CIAやFBIのように警察庁とは独立した機関なのでしょう?


いかにもCIAはインテリジェンスでFBI はエンフォースメントだね。


よくは知らないのですが、日本では公安部がCIAで特別捜査部や特別刑事部等がやFBIに近い部隊らしいですが、すべて警視庁の管轄下にあってそれぞれが独立した機関ではありません


アメリカの国境保安もCIAやFBI に仕事をお願いする事があるのですか?


それはあるね。 又、彼らは彼らで、私たちとは違う角度から切り込んで来る事もある。
------------------------------------------------------------

テーマ=政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル=政治・経済

【2010/09/11 02:01】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






アメリカで生まれたエイジアン  | アメリカ移住
写真持って来たのよ。


ずいぶんと日本のスタイルっぽいね。


そうよ、日本のヘアースタイル集がのってるWebでコピってきたんだもん。


韓国人の人も日本のスタイルが好きなんだね。


そうよ、だから私貴方の所へ来てるんじゃない。


でも、君はアメリカで生まれたんでしょう?


私はアジア人が二人しかいないクラスだったの。 だからなおさら自分のアイデンティティーを追求したら、こっちのテイストになっちゃったのね。


先日友達が韓国に行ったの。 そしたら髪を金髪よりに染めている子が沢山いてびっくりしたって言ってたわ。

それから沢山の子が二重の手術して、韓国人としての特徴が無くなっちゃってるから、逆に私の友達の方が結構目立っちゃったみたい。

多分韓国ではほとんどの人が韓国人だから外国人の風貌を真似る事がアイデンティティーを作り上げてく事で、私たちアメリカに住んでいるアジア人はきっと、アジアっぽさを守る事が目立つ事なのね。


だから目立つ為に日本のスタイルを参考にしているって訳。


そういえば日本で僕の娘が生まれたとき、一重まぶただったから”コンプレックスを持たなければいいけど”って思ったけど、こっちでは結構エキゾチックだって受けが良いから安心したのを覚えているよ。


アジア人の風貌を守る事がアイデンティティーを主張する事か、
それはあるかもね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後韓国生まれの韓国人の方が御来店・・・・・・


『韓国で髪を一度カットしたの。 気に入らないのよ~。 流行ってるからってすっごく重たいヘアースタイルにされちゃって。み~んな同じような髪型をしてるのよ。 私の髪すぐ膨らんじゃうから形が閉まっている方が好きなのに。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アイデンティティーか女心か? それとも流行か? 好き嫌いか?

美容の仕事も何かと複雑なものですな。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2010/09/09 01:03】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ニュースペーパーセールスマン  | アメリカ移住
私はサンディエゴトリビューンでセールスマンをやってるのよ。

ほらスポンサーになってくれるように一般企業に出かけてセールスするの。



じゃあ、Tさんはご存知ですか?


知らないわ、何をされている人?


サンディエゴトリビューンでジャーナリストをされている方です。



じゃあ知らないのも当然ね。

セールスマンと記者は会社側が意図的に関わり合わないように、部署所在地をまったく違う場所にするのよ。


どうしてですか?


記者ができるだけ真実を曲げないで報道活動が行えるようによ。

ご存知かしら、数年前に マックミラン っていうサンディエゴでもかなり大手の不動産屋が不正を働いたときにね。

サンディエゴトリビューンがスクープをスッパ抜いたの。

そしたらね、その後マックミランはサンディエゴトリビューン紙面での広告をいっさい打ち切りにしたのよ。


そんな訳でね、嘘偽りの無いニュースを書き続けるにはどうしても広告主との対立関係を覚悟してでも書かなきゃならない事があるでしょう? 

セールスの立場からジャーナリストに働きかけて、記事を差し止めにするなんて事があってはならないからなの。



そうなんですか。以前アメリカのジャーナリズムと日本のジャーナリズムを比較した本を読んだ事があるのですが、日本は国会等に張り込んで報道局のニュースの提供を待つハウスジャーナリストが多いのに対して、アメリカでは外で聞き込みをしてニュースをかき集めて来るジャーナリストが多いという違いがあると書いてありました。政界のコントロール無しに報道活動をする為だそうです。


それでも、アメリカでウォーターゲート事件が起きた後は、日本でもその風潮が少し変化して、特にじっくり取材ができる週刊誌の記者らが政治がらみの汚職をすっぱ抜く例は増えて来てます。



ニュースが国民のために真実を伝えられなかったとしたら、ピレッツァやハーストが一般の人の為に発行し始める以前の、支配層に向けて都合の良い記事ばかりを書く媒体へと落ちてしまうからね。



------------------------------------------------------------

テーマ=今日のお仕事 - ジャンル=就職・お仕事

【2010/09/06 09:08】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






オプティカルファイバー  | アメリカ移住
すまなかったね予約時間を変更させてもらって。

今日はニューポートビーチで大切な取引があってね、時間通りに帰れると思ったんだけど、決着が遅くなってしまって。


『どんな取引だったんですか?』

ああ、オプチカルファイバー(光ファイバー)事業の投資家との契約をまとめて来たんだ。


『光ファイバーはもう整備が終わっていたかと思ってました。』


ああ、屋外の幹線はね。 でも屋内配線はまだ従来の銅線のままだよ。


今回要約、投資家達との商談がまとまったからね、国内外の新築ビルにはこのオプティカルブロードバンドが配線されるようになる。 それを一挙に私たちの会社が行うんだよ。


銅線と違って送信元のレーザー配信にかかる電力意外は電気を消耗しないし

たった1本のケーブルで30世帯分の情報を配信できるんだ。



配信速度を飛躍的に伸ばせる事が簡単に想像がるくだろう?


『それはエキサイティングですね!』

ああ、もう興奮してしょうがないよ! 何でもね新しい事業をスタートさせる時には、アドレナリンが出まくってるって感覚だね。
------------------------------------------------------------

テーマ=楽しく働く - ジャンル=就職・お仕事

【2010/09/03 15:34】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。