Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






チャイナタウンでテクノロジーの進化を思ふ  | 海外旅行
DSC_0291.gif


サンフランシスコのチャイナタウンで広島時代からの知人と飲茶で食事をした。

『ねえ、アルさんあれからどうなったの? 例の傾きを検知する小型ビーム傾斜計測装置。』


あ、あれ・・・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 もう6年も昔の事、僕らが着々とアメリカ移住計画を進めている頃、国際結婚してアメリカへ既に移住していたありさんが結婚相手のアメリカ人男性と日本へ帰郷したおり、我が家で会食をした。

彼の名はアルさん。  

『最近ね、友人がニューテクノロジーの開発に成功したんだけど、今どんな物に応用できるか思案中なんだ。』

   どんな発明なの? 

    『超小型のレーザー式傾き探知装置。 携帯電話の中にだって取り付ける事ができるんだ。

装置からまっすぐ放射されるレーザーが設置されているデバイスが傾くとその傾きを感じ取って、装置が傾きを算出する仕掛けなんだ。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あれは。。。 最初 Lap top に取り付けるハードディスクに埋め込まれたんだ。

Lap Top パソコンに急な振動が加えられた時や大きく傾きが加わった時に察知してハードディスクをロックする事で、ディスクの損傷を防ぐセンサーとして応用された。

それから色んなデバイスに応用されて、ゲームのコントローラーにも埋め込まれたりしたな、


やっぱり最近で一番身近なのは ipod touch じゃ無いかな?


鉄道王スタンフォードが礎を築き上げたシリコンバレーに現在も次から次へと繰り出されるニューテクノロジーの数々。


最先端の技術を、

鉄道建築に携わった多くの中華系移民が築き上げたチャイナタウンで中華を食べながら思へば


全ての事はず~と、ず~と昔から繋がっている。 


その因果あって現在の僕たちの生活水準があるのだと気づかされる。



だとすれば、この i pad のコントもまんざらオチャラケだけでも無いのかも?

    
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ - ジャンル=旅行

【2010/01/31 17:25】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






気持ち会館 in Japan Town  | 海外旅行
Japantown.gif

今回のサンフランシスコ旅行では少し長い時間 Japan Town を散策した。

コンクリートで作られた五重塔にちょっと古めかしくなり始めた感のある

ジャポネスクアーキテクチュアルデザインやモダンアートとしての和のオブジェの数々。

そのどれをとっても生まれ育った故郷を歩いているという感覚はまず生まれてこない。

もちろん日本からサンフランシスコへ旅行にやってきて、アメリカの影響を受けた日本のイメージを観察するにはとても面白い場所だと思う。

すると、その一角にKIMOCHIという看板を掲げたビルを発見した。

ガラスのショーウインドウには日本語『気持ち』『心』などの文字が記されて、どうやら日本の心を勉強するコミュニティーのように見受ける。

日本人の心を伝える。

その事の難しさはアメリカに暮らす日系人にとって、どれほど困難極まりない作業であるか・・・・

どうしてって? 長くアメリカで過ごしていると、自分自身がアメリカナイズされていくのをひしひしと感じるからです。

でもそれは一概に ”毒を盛られている” というふうには言いきれず、この大陸の生活環境に合った物の考え方や価値観が備わって行くという事だから、必要不可欠な変化なのかも知れない。


そんな風に思って娘の顔を眺めた。


ふと、目の前に日本のスーパーがあるのに気がついた。 何かお菓子でも買ってやるか・・・・・


急に娘に日本の断片に触れてもらいたくなったのだろうと思う。


妻が To Go のコーヒーを片手に店内へ入ろうとした時、


『飲み物をを持って入っちゃいけないよ!』


入り口に立っていた警備員が、気遣いの全く無い言い回しで僕たちにたしなめた。

驚いた僕たちは入りかけた扉を引き返し、二度とその扉を開く事は無かった。


要求している事は理解したとしても、表現の仕方が納得いかない。


仕方ないので少しばかり歩いた所にあるコンビニへ行く事にした。

今度は空になったカップをゴミ箱に捨て、すんなり入った。 せんべいに、ハイチュウにかっぱえびせんに・・・


さあ、お勘定っと。。。? ん?


そこへ、アフリカンアメリカンの男性が、小さな自転車に乗ったままコンビニへ入って来て、レジの真ん前に自転車のスタンドを下ろして、なにやら店員に話始めた。


『ビールはある?』

『はい、ありますよ。』

『一本いくら?』

『$2でございます。』

『高いね~、$1に負けてくれない?』

『それは出来かねます。』

『あっ、そう。。』

それでも彼は執拗に交渉を続け、後ろで勘定を待っている僕たちを無視し続けた。 

というよりか、後ろに立っている僕たちの存在を盾にしてこの交渉を成立させようと言う魂胆にも思えた。


最終的には彼は再び自転車にまたがって、手ぶらで店の外へこぎだして行った。


店員さんは僕たちの方を見て苦笑いしたが、僕たちが待たされた事に大してのねぎらいの言葉は無かった。


4年前、日本から持って来た心でそんな光景を眺めていた。

最初はいちいち怒っていた非常識な行為も、

多人種国家で暮らすという名目の下、その怒りをおさめる術を知るに至る。

しかし、本当にそれで良いのだろうか? 

そんな疑問も同時に心の中にはくすぶっている。


KIMOCHI会館はそんなジャパニーズアメリカンの心のよりどころとして役に立っているのかも知れない。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ合衆国 - ジャンル=海外情報

【2010/01/30 02:18】   トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑






Amoeba Music  | 海外旅行
Ameba.gif

サンフランシスコは Haight St. のちょうど入り口付近に位置するこの  Amoeba Music っていうレコード店。

レコード店 ん?!

そう、中に入ってみてビックリ!

今は無きTower Record を彷彿させるだだっ広い売り場面積に、あるわあるわアナログレコードの品揃え!

もちろんアナログレコードってぐらいだからどれもこれもアンティーク盤というかお宝というか。

とにかくなつかしぃ~のです。
Ameba2.gif

ドナ・サマー!!

DSC_0324.gif

モリッシー!! これ見たら同僚のSが泣いて喜ぶだろうな。

DSC_0321.gif

ウッドストックの保存版!
DSC_0320.gif


 Amoeba はお宝満載! 貴方の欲しかった一枚が見つかるかもですよ~!!!




------------------------------------------------------------

テーマ=音楽 - ジャンル=音楽

【2010/01/19 15:19】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Kaeshi( 返し)  | Sports
Kaeshi.gif

There must be reverse points (Ura) while opponent is trying to throw you away.

You are not finished, even if you are already lifted in the air after getting Ashibrai.

You'll see it, if you carefully observe your opponent.

There might no be enough strength in his pulling.

His knees are not bending.

He is not twisting his body well enough.

If you see that his weight is leaning towards one side too much, and out of balance.

Push him or pull him toward the direction.

That is call "KAESHI WAZA" (返し技)

It will be so much important to have informations as much as possible when your opponent have already advantage.

And also to avoid the "KAESHI WAZA", you don't want to give them any moment for observation.

That is to say "Speed is the key to win".




どんな技にも裏がある

崩しで崩されて、足払いをされて、体が既に宙を浮き始めたからといって

君の全てが終わった訳じゃない。

冷静に相手を観察していれば

投げの体制に入ったけれども、引きが甘いな

膝が棒立ちだな

体が回ってないな

色んな情報が入ってくる。

相手の重心が必要以上に傾いているところへ

逆に攻め込んで相手の技の裏を取る。

それが返し技なんだ。

自分が不利に見える時に繰り出す返し技に

一番重要なのは、”情報" なんだ。

また、返し技を防ぐ方法は、相手に隙を作らない事

つまりスピードが勝負なんだ
------------------------------------------------------------

テーマ=格闘技 - ジャンル=スポーツ

【2010/01/19 09:52】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






KING OF THE CAGE  | Sports
King of Cage

今、日本の沖縄で熱く戦っているサンディエガンがいる!


KING OF THE CAGE ていうでっかいイベントを

来る2010年1月30日に沖縄で開催するために旅立った。

スティーブ&きみこっていうサンディエゴ在住の夫婦が、経営しているRONINプロダクション

彼らが主催する一大イベントが日本上陸!

会場は沖縄コンベンションセンターだ!

自らもアマチュアレスリングのタイトルを持つスティーヴは格闘技に深く傾倒している。

レスリングを広く世間に広める為に、日夜翻弄する。

当日のカードは  TONY HERVAY vs KOTETU BOKU

そして FRANK BACA vs MAMORU YAMAGUCHI

以下そうそうたる面々。


金網の中で繰り広げられる死闘に乞うご期待!

これをご覧の沖縄在住の皆さん! ぜひ会場へ足を運んでやって下さいね!

チケットの購入はこちらで→THE LIVE LINE

------------------------------------------------------------

テーマ=格闘技 - ジャンル=スポーツ

【2010/01/17 16:37】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






San Francisco / Scott McKenzie  | MUSIC



If you're going to San Francisco~♪

Be sure to wear some flowers in your hair~♪



→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2010/01/17 14:29】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Haight & Ashbury  | 海外旅行
haightst.gif

San Francisco Haight & Ashbury


ええそうね、ここは当時(60年代後期から70年代前期)は家出をしてきた若者たちであふれ返っていたわ。


あの頃はベトナム戦争の真っ只中でね、みな髪に花を挿して、平和な世の中が来るのを願ったの。


武器では無く花を!を合言葉にね。


争いの無い世の中、戒律の無い世の中、貧富の差の無い、愛にあふれた人々


それを願った人々の心にね、独特の感性と芸術性が宿っていったの。


あの自由奔放な生き方はまるで19世紀初頭のボヘミアンそのものだったわ。


もちろん私たちの世代(ベビーブーマー)はあのとてつもなく大きなムーブメントに少なからずとも影響を受けてるわ。


当時のあの群集の中に実際にいようといまいとね。


そして、規律のある生活を壊したくて


新しい実験的生活を次から次へと試みた世代だからこそ


自由を求める生き方の困難さをより深く知っているのかも知れない。



"自由" は各自が求めるものの実現された形



言い換えれば欲望を肯定化する生き方なの



もちろん私たちは物欲を断つことを実践して、都市部を離れ共同生活をおくるような事もしたけれど。



結局、満たされない心を抱えたままそれぞれがそれぞれの道を探して再び散らばって行った。



でもね、時々ふと思うの。


今のアメリカを見ているとね・・・・・・



あの時私たちフラワーチルドレンがやろうとした事、訴えたかったことは、


やはり何か世界が必要としていたことなのでは無いか?
 ってね。


それが何なのか具体的に今ここで浮かばないけれど、きっとそういうことだったのよ。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ - ジャンル=旅行

【2010/01/16 10:03】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Church St. Caffe  | 世界から見た日本
CharchCaffe.gif

Castro St.からMarket St. の坂道を東へ下り右折した15thとの間にChrch St. Caffeがある。


今回僕たちの3日間の案内役を買って出てくれたポップアーティストの MEGUMI ISOBE さんの描き上げた作品が展示してあると言う事で行ってみました。


つい4ヶ月前まではサンディエゴに住んでいためぐみさんが、もうこうやってカフェで展示会を開いている事に関心した僕が、いったいどうやってこの人脈を作ったのか訪ねてみました。

『もうCastroだけじゃなくって、Haight 自分の作風に合った雰囲気を持つ街は片っ端から作品を持って歩いて、レストランやカフェ等、店という店の全て飛び込みで交渉してまわったの。』


San Diego と大きく違った所は、行く先々のオーナーさんが場所代を払うなら置かせてあげても良いって言うのよ。

でもこの Church Caffe のオーナーさんはとっても寛大でね、あまり儲けも考えていないから、売れた分に君の気持ちだけ手数料を払ってくれたら良いって言って下さったの。


めぐみさんにとってアメリカって何ですか?


『私たち絵を描く人間にとっては、日本よりもアメリカのほうがより多くの可能性を秘めていると思うの。

 日本ではたとえこうやって足が棒になるまで歩き回ったとしても、よほど名が売れている画家が描いた作品でも無い限り展示の依頼なんて『即お断り』の返事が返ってくる。

そのくせ、それまでまったく知られていなかったとしても、海外で知名度が上がってくると、『日本で個展を開きませんか?』って依頼が来るの。

まずは一般の方々に観てもらって初めて認知されるわけだから、このChurch Caffe のオーナーさんみたいな人が、私たちにはとっても貴重な存在なのよ。


サンフランシスコでの創作活動を順調にスタートさせた Megumi Isobe さんの作品が展示されたカフェ。
一度訪ねて行ってみて下さい。

Megumi Isobeさんのホームページ mi

------------------------------------------------------------

テーマ=アート・デザイン - ジャンル=学問・文化・芸術

【2010/01/14 01:40】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Castro  | D70
Castro.gif

I ask this that if there be an assassination,

I would want five, ten, a houndred, a thausand to rise.

If bullet sould enter my brain,

let it destroy every closet door.

I ask for the movement to continue

because it's not about personal gain, and it's not about ego and it's not about power,

about "Us's" out there.

Not just the gays but the blacks and the Asians and seniors and the disabled.

The "Us's" Without hope the "US's" give up.

And I know you can't live on hope alone.

But without hope, life is not worth to living.

So you, and you, and, you

You got to give them hope.

You got to give them hope.


これは同性愛者の人権運動を半ばにして暗殺されたHarvey Milk。自分の身に危険を感じ取った時、予め彼自身によってカセットテープに吹き込まれた言葉。

彼の暗殺後、その死を痛み、30.000 もの人がカストロ市とシティーホールの間を歩いた。
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ - ジャンル=旅行

【2010/01/13 16:38】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Castro 通り  | 海外旅行
Castro2.gif
サンフランシスコは今回で4回目なので、今まで行った事のなかった場所へ潜入を試みました。

少し前に映画『Milk』を観たのでゲイ解放運動の草の根的なムーブメントの発祥の街 CASTRO を訪れた。

街中の電灯の柱に結びつけられたレインボウカラーのフラッグは、同性愛のシンボル。

東西南北至る所にこのシンボルの旗が掲げてありました。

恐らく、人間とひとくくりにしようとしても千差万別。 虹が七色あるように、人間も一とおり、若しくは二とおりだけでは表現しきれない。

異種と思えるグループの人々も社会は受け入れ共存していく事をして行かなければならない。 

そんな彼らの心の叫びが、このレインボーカラーのフラッグを生み出し、掲げさせているのだと思います。

Castro575.gif


ところでMilkがはじめにサンフランシスコのこの地でカメラ屋を営んだCastroカメラの建物は

Castro 通575番 現在ではGivenというアートグッズのギャラリーになっていました。

Yougotagiveem.gif

そして、 Milkが住んでいた二階部分の窓には、今でもカストロの街並みをニコやかに見下ろす彼の優しい姿と

YOU GOTTA GIVE'EM HOPE の文字が描かれていました。

さすがに同性愛者が沢山暮らしている様子で、男性どうしや女性同士のカップルが手をつないで歩いていました。

そんな中を子連れで歩くのは浮いちゃうかな? って思いましたが、完全に観光地化されているようで、結構観光客で賑わっていました。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ - ジャンル=旅行

【2010/01/13 16:31】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






No Pants Ride 2010  | アメリカ移住
nopantsride.gif

週末は サンフランシスコへ、今回はSDから引っ越してきた友人と広島時代からのお友達も含め、懐かしくチャイナタウンの飲茶で会食。

事件は僕たちがチャイナタウンを出て路上に止めた車へ向かう途中で起きました!

人ごみをかき分けかき分け、狭い通りを進む。

何度も前から来る人にぶつかりそうになる僕たちの目の前に出現した二組のカップルらしきグループ

一番右端の金髪の男性は革製のミリタージャケットに身を包み

白地にピンクの♡マークのプリント柄?

えつ? いやっ? プリント柄のブリーフに包まれた股間がモッコリ????

まさか?

そのお隣を歩く女性に目をやる。

襟元にファーがついた厚手のハーフコートの裾の切れ目から覗いているものは? 

『黄色?』の布片 

あれっ? 下着?

その隣の男性、登山用のジャケットの下は深紅のトランクスが旗のようにひらひらとなびいてる。

そのお隣に歩いているのは、可愛い~アジア系のモデルのようなお嬢さん。


あれ? 青色のストレッチ素材の布が露出!


その下には肌色がまぶしい大腿部がくっついていて、茶色のブーツが膝まで覆っていた。

気がついていたのは僕だけじゃなかった。

皆、彼らの股間に釘付け!

あまりの突然の事にボケーとしている僕に、

友達の一人が、ほら!シャッターチャンスだよcoolcuts! 何やってるの?


『あっ、』


とシャッターを切った時には、遥か後方。


その夜ホテルに戻ってニュースを観ていると、今日はNo Pants Ride Day だったそうで・・・


NY、ボストン、シカゴ、サンフランシスコ・・・・・


主要なアメリカの都市部で、今日は若者達がパンツ一丁で地下鉄に乗る日。 

サンフランシスコでも若者がズボンやスカートを履かずにBARTに乗っていたというわけ。

このイベントを2002年から恒例で企画し続けている Prank というグループは、

『パンツを履く。日常当たり前の行為が突如として消失した時、 人々の常識の枠がどのように変化をするのだろう? また、変化し得るのだろう? このイベントを通じて、それを公共の皆さんと一緒に感じ取って行きたい。』



のだそうです。


まったく人騒がせな!(二ャ~♡)


ちなみにこの企画サンディエゴでも行われていt、パンツ一丁の若者達がトローリーに乗り降りしていたらしい。


日本では江戸っ子達に仕掛けられたそうですが不発に終わったそうです。


それを聞いてちょっと安心しました。
------------------------------------------------------------

テーマ=気になるニュース - ジャンル=ニュース

【2010/01/13 00:22】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






湖水の枯葉  | D70
Fuyudori.gif

立ち枯れに

子鴨きりきり

飛ばず鳴き

落ち葉舞えども

湖水騒がず




------------------------------------------------------------

テーマ=写真にコトバをのせて - ジャンル=写真

【2010/01/06 16:46】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






奴らの手口が見えて来た(Shadow Inventory)  | エージェントへの道
さて、新年早々面白くない情報ですが。

僕たち家族に住宅ローンが通ったのは2007年の秋

2010年の1月段階で未だにマイホームの購入を果たせていません。

リスティングに掲載される住宅が、最高値をつけた時の1/3という破格値で売買された履歴をよく目にするようになったにも関わらず、

僕たち一般市民がそのような値段で購入したという話は全く聞かない。

実際僕たちがそれよりも高値でオファーをかけている横で、他のバイヤーが安値で落札するなんて、ありえない事も再三経験した。


この一連の住宅売買の流れに日々不信感が湧くばかり

そんなおり、この界隈の不動産を一手に扱うA不動産屋の悪行が、知人のブローカーから僕達の耳に入る事になる。


『奴らは自分たちが銀行に提出したい書類しか提出しないんだ。』


ブローカーが自分の顧客にA不動産屋の扱う物件をリスティングプライスより$50,000も高値を付けてオファーをかけたにも関わらず、その物件がリスティングプライスよりも$10,000も安い価格で売却された。

しかも、それに似た事件がA不動産やの取り扱う物件で頻繁に起こっているというのだ。


これはあきらかに違法で、こんな事をされては自由競争が成り立たない。

しかも、市場平均価格が$300,000の一軒家が$250,000で売却され

3週間後に$300、000で再び売り出されるような。

激安購入$50、000上乗せ転売が頻繁に起こっている。

この件について、僕たちは出来るだけ現金を確保しておきたい銀行が、現金でまとめ買いをする投資家に激安で優先的に物件を販売しているのだというふうに解釈していた。(実際僕のお客様がマイアミの2ベッドのコンドーを$30,000という破格値で現金買いして、それを$80,000で転売していた。)

そんなミラクルな取引が相次ぐ中、僕たちが購入可能な領域の売買活動では一物件につき50件ものオファーが来て、サイレントオークションが起こり、値段はリスティングプライスよりもどんどん釣り上がって行く。

解りやすく比較すると、奴らが$220,000で4ベッドルームの一軒家が購入できるのに、僕たちは同じ金額を出しても、3ベッドのコンドーも買えやしないのだ。


なんとも歯がゆい思いを強いられっぱなしなのです。


そんなおりこんな記事を見つけた。 『Shadow Inventory』について

銀行は本当はもっと保有しているはずのフォークロージャー物件を市場に流通させず、自分の懐の中で管理しているというのだ。

これは、大量のフォークロージャー物件を流通させるとたちまち住宅市場は値崩れをお越してしまうおそれがあるので、銀行の損失を最小限に抑える為に行っているようです。

もし、彼らが持っている物件を全部流通させると、現在の倍の流通量になるとも言われています。


ショートセールの気の遠くなるプロセスと、サイレントオークションによる価格のつり上げに疲れ果ててしまった僕たちは、現在フォークロージャー物件狙いに切り替えていただけに、この記事を読んだ時

(これは長期戦になるな)と、確信した。


でも、このシャドーインベントリーなる銀行の価格操作には、僕たちの先々の明るい展望も見え隠れする。


もしかしたら、銀行が耐えかねて、この物件を放出せざる終えない時期が来るかもしれないからです。


そのタイミングは、出来るだけ値崩れが起こらないという次期を見計らって行われると予測される。

同時期に、今、物件を根こそぎ買いあさっている投資家達も持ち物件を売りに出そうとするだろう。



きっと史上最大の余剰在庫を抱えながらのバイヤーズ・マーケットになるときが来る。


そんな風にもならずとも限らない。 


ある経済アナリストが2012年までは景気が回復しないだろうと言っている。もし、それが本当なら僕たちにもまだまだチャンスはあるという事では無いだろうか?


とはいえ、現在キャッシュでまとめ買いができる投資家達がおもしろおかしく物件を転がしている様は、生涯に一軒を買えるか買えないか? という消費者には本当にはらわたが煮えくり返る思いであります。


どこまでも欲の皮の突っ張った連中ばかりだ。


しかしながら、正義感を持った人もいない訳でも無く、僕の知人でコンピュータープログラマー兼不動産屋の方がいて、コンスーマーが仲介人を通さずに直接物件のオファーをかけることができるWebサイトの作成に現在全力を注いでいる。
------------------------------------------------------------

テーマ=不動産投資 - ジャンル=株式・投資・マネー

【2010/01/06 16:20】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Ashiwaza(足技)  | Sports
FootTechnic.gif

Ashiwaza is "Foot Technic". This Technic is the most important skill in Judo technics.

This simple skill gives you so much opportunities to build up all kinds of big technics.

Because floating objects are easy to flip.

Of cause you need to work on Kuzushi with your opponent fast, and let them loose their balance.


Then, aim the lowest part of their feet with your feet,

And your feet have to be flat to create maximum effect.

Twist your body to opposite way you are kicking.

That will roll opponent's body and create more instability.

If you can operate this movement properly, hight or weight wouldn't matter.

Actually, bigger taller or heavier would have more hard time to support themselves

than smaller when they are not standing still.

Because you are small, or because you are light, That doesn't mean you have no advantage.

There are way to give you the power to create advantage.


Ashiwaza is the key to give you the power to control the game.


That is why Ashiwaza is an basic in basics


Aim their feet ! If you want your victory !


足技はフットテクニックと言います。柔道の技の中でこれほど重要なテクニックはありません。

この小技がどんな大技をも繰り出す機会を与えてくれます。

何故なら、宙に浮いている物体はいとも簡単にひっくり返ってしまうからね。

もちろん、 まずは崩しをかまし、相手のバランスを崩しておく必要があります。

彼らの足の一番低い部分を狙い、足の裏を平にすることで最大効果を生み出します。

蹴っている方向とは反対方向に貴方の体をひねりましょう。

それが対戦相手の体を回転させもっと不安定な状態を作り上げます。

もし、貴方がこの操作を正しくできたら、背の高さや体重なんて関係なくなってしまいます。

それどころか、体の大きい者、背の高い者、体重の重い者ほどまっすぐ立っていな時にバランスを保事が難しい。

君が小さいからといって、体重が軽いからといって、それが勝てない理由では決して無いんだよ。

君に有利な状況を作り出す力を作り出す方法があるんだ。

足技は勝負を有利に運ぶ 鍵となるものなんだ。

だから、足技は基本の中の基本。


勝利を勝ち取りたかったら足下を狙え!!
------------------------------------------------------------

テーマ=格闘技 - ジャンル=スポーツ

【2010/01/05 16:23】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






年始早々の大失態  | 美容道
Safeflight.gif

いや~やってしまいました。

年明け早々、サンディエゴのリンドバーグ空港の会長さんが髪を切りに来られまして

まあ、いつもながら日本文化をこよなく愛されている方なので『SHOGUN』というジェームス・クラベル原作のさむらいTVドラマの話を持ちかけてみた。

(アメリカ人が書いた侍戦国時代劇で、結構中国文化と混同した建物、武士道もへったくれも無い態度を侍が取ったりするので、僕にはちょっと?だった。)そう心の中で思いながら彼の返答を待っていた。

『ジェームス・クラベルはね、異文化で培ったヒューマンドラマをうまくミックッスして世の中に伝える天才だね。』


なるほど・・・・・・


『ところで、日本の新政権はどんな感じだね?』

なんて聞かれて、『いや~、政権交代はいいですねやっぱり。』

なんて知識の浅い僕は当たり障りの無い返答して・・・・・

そして、そういえば今朝奥さんがこんな話をしていたな!!、と思いつき


『オバマ大統領が空港の整備時に旅客を一定時間以上航空機内に拘束するのは禁止するという法案を通したらしいですね。 とっても良い事だと思います。』


『そう思うかねぇ?』


という、返答が帰ってきた直後に彼の立場を把握して


『わっ! すみません。 貴方は間に挟まれちゃってるんですね。 そういえば。 本当に失言でした。』



(彼はひと呼吸置いて)


『飛行機があれだけ安全に空の旅を続けられる事には沢山の努力が注がれてるんだよ・・・・・・。』


『そうですね、それがこの件に関してのものの見方ですね、本当に失礼しました。』


『ああ、大丈夫。 大丈夫。もちろん私は反対側の考えも把握して動かなければならないからね。』


と、何も無かったように他の話題に移りました。


中途半端な知識で政治問題に首を突っ込んだコメントをしてはいけません。 と、言う教訓でした。
------------------------------------------------------------

テーマ=美容のお仕事 - ジャンル=就職・お仕事

【2010/01/04 05:20】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






Happy New Year 2010  | D70
NEW-YEAR-2010-1.gif

波打ち際の低空飛行

水しぶきを受けながら

海面スレスレを 滑るように飛ぶ



羽ばたいて  す~い すい

羽ばたいて す~い すい



また波間でちょこんと羽根休め

海鳥には塩っぱい海もまた住処





2010年は気負いも少なく

リラックスして行きましょうね~皆さん。
------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2010/01/01 18:57】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。