Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






Story of Stuff  | アメリカ移住
オープラで見たデンマークの様子と対照的なのがこちら、Earth DAY のために用意された映像


今から60年も昔の話・・・・・・

合衆国大統領、アイゼンハワーが掲げたマニフェストは

『消費者にできるだけ多くの物資が供給できる社会を目指す!』

公的医療保険や年金の確保でも無く、商品の流通!?

彼が目指した消費大国アメリカの夢は見事に果たされた。

それと反比例してアメリカ国民対して行われたリサーチで『アメリカ人の幸福感』は50年代以降減少気味という結果が出ている。


アメリカ合衆国の人口は全世界人口の約5%。年間に消費する物資は全世界規模トータルの30%にもなった。

アメリカの森林はたったの4%しか残っておらず

40%の水が飲めない水と化してしまった。

足りない資源は他国から取ってくる。

世界中の海で75%の魚が乱獲され

80%の原森林が失われた。アマゾンだけで一分間で2000本の木が失われて行っている。

その量、なんとフットボール場7個分に相当する。

安く物を沢山流通させるめに、他国で化学合成薬品を使用して毒をまき散らし、自国のスーパーマーケットで働く人々の福利厚生の是正にも無関心。

70年代以降、早いデザイン変化の展開でどんどん次から次へと物を購入する仕掛けが充実して来た。 

古いものを長く使うという感性は ”恥ずかしい”とされるようになった。

人々は購入した商品を6ヶ月間で1%しか手元に残さない。 99%がゴミと化す。

その大量のゴミを購入するために、多くの収入を必要とするようになった人々は、家族や友人と一緒に過ごす時間を削って長時間働くようになった。

人々を幸福に導くはずだった”消費活動”ですが、今そのあり方を再検討するべき時が来ているのではないでしょうか?

環境保護 公平 自然科学 無駄遣い防止 環状生産流通方式の確率 再生可能なエネルギーの開発 地域経済との共生 全てもう改善の方向へ進んでいる。

人間が始めた事だから、人間が改善する事ができる。 

さあ、皆で新しい未来を創造していきましょう!


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=エコロジーライフ - ジャンル=ライフ

【2009/10/29 15:29】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






This is it.  | 本物
今日マイケルジャクソンの

【This is it】公開試写会に行ってきた。

This-is-it.gif


もうご存知の方も多いとは思いますが、

今年の6月に突如としてこの世を去ってしまった、POP 界の帝王 Michael Jackson (50)

その死の直前まで撮りおろされていた, マイケル生涯最後のパフォーマンスとなるはずだったコンサートツアー,【 This is it 】London 講演。

そのリハーサル模様が収録されたドキュメンタリー映画, DVD化発売に先だって、10/28 より劇場公開されます。

僕たちはいち早く鑑賞してきました。

いや~

最初は落ち武者マイケルを年老いた体にムチ打って、どんなパフォーマンスぶりだったのだろう?

正直そんな怖いもの見たさのような感覚でした。(メディアは彼の死後、イケテ無いリハーサルシーンの一部を頻繁に流していたから。)


違う違う! 皆さん! マイケルは本物ですぞぉお~!


このドキュメンタリーの優れた所は、今までのマイケルの無茶苦茶に捩じ曲げられた人生の描写を一挙に覆してしまうパワーを持っている所だと思う。


もちろん、さまざまなスキャンダルや謎の薬物死だって、まるで火の無い所に煙は立たないといった所なのだろうと思いますが。

彼の音楽とエンターテイメントに架ける情熱はものすごい気迫を内に秘めていました。

その事が今回の 【This is it】では本当に嘘っぱちじゃ無くて、彼の偉大な虚像が持つ表面の皮を何層も剥がしたとしてもその深い芯の所にある、本物を追い求める執着の思いが力強く伝わってくるのです。



『違う違う、そんなに早く変調しちゃダメだよ! もっと、こう~ 溜めて 溜めて、Un, pang! 』



『いいかい、君にとってここが一番の見せ場なんだからね、もっと高音域を効かせて、ギターを唸らせるんだ! そして君はこのステージの上で輝くんだ! もっとこう、Keeeeeen! eeeen! 』



『僕たちの、今この瞬間の目的は、燃焼して、燃焼して、そして大爆発をする感じ? それをダンスで表現するんだから、その領域で止まっちゃダメだよ!』




そう、ここからもう一段階あがるんだ! 限界以上にね!



若いダンサー達に混じって踊るマイケルはゼエ、ゼエ息を切らしながら、それでも何度も同じパートを手を抜かずに一緒に踊り続けた) 

その反面、自分の溢れる才能を自慢げにする訳でもなく、謙虚に、時には彼が踊るビリージーンの振り付けを観客側で見ている若いダンサーに、大げさな腰振りをサービス。彼らを爆笑させるシーンもありました。

本当に真剣で、そして笑いありで、マイケルの仕事に打ち込む熱心な姿に、完全に魅了されてしまいました。

しかも、彼は50歳にしてまだ現役ダンサーでした!

さすがに彼が 【 I'll be there 】を歌ったシーンでは目頭が潤んでしまったcoolcutsでした。

マイケルはこれからも世界中の人の心の中に生き続けるのでしょう・・・・・



Michael Jackson THIS IS IT 28日より全米劇場公開です。
------------------------------------------------------------

テーマ=マイケル・ジャクソン - ジャンル=音楽

【2009/10/28 15:16】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Least things & less space have more life.  | エージェントへの道
先日テレビでやっていた、オープラの内容がとっても面白かったので紹介します。





世界で一番幸せな人々が暮らす街 コペンハーゲン・イン・デンマーク

結婚なんてデンマークでは女の子の夢でもなんでも無いのよ。

44歳独身女性はそう語る

形式よりも二人の人間の心のつながりが一番重要だからね。


ホームレス無し。

低犯罪率

失業すれば、以前の給料の90%の支給額を4年間も受け取る事ができる。

産休は一年


デンマークではどんな職業に就いていようと給料格差はほとんどありません。

税金は50%以上、収入が多ければ多いほど税率は上がって格差を是正します。

その結果、どの職業が給料が高いからという概念で職業を選ぶのでは無くて、

何を自分はやりたいか? という考えで職業を決定しています。

そもそもミドルクラスなんて概念が無いのよ。

『私たちは世界で一番幸せな人々と言われているけれど、その一方では世界で一番貧乏な人々とも呼ばれているの。面白いでしょう?』

大学へ行っても学費はタダ。

それにフリーヘルスケア。

健康で幸せで、学歴の高い人々ばかりだから向かう所敵無しね!


『貴方の赤ちゃんが外で寝てるって? アメリカではそんな事聞いた事無いわ!』

『ここでは子供を誘拐する人なんていないわ。』


『デンマークには "怖さ" が無いというのを聞いたわ、仕事を失う怖さ、家を失う怖さ、ホームレスになる怖さ。』

『もちろん仕事を失う事はあるわ。 でも、そうなったら必ず行政が私たちが仕事を探すのを手伝ってくれるから安心なの。』


幸福こそ人生で一番のサクセスだと私たちは信じているのよ!


『小さい家でも、あまり物を持ちすぎなければ充分快適に暮らせるわ。』


コンスーマリズムよりも生活に焦点をおいて生きてるのね。

------------------------------------------------------------

テーマ=スピリチュアル・ライフ - ジャンル=ライフ

【2009/10/26 13:34】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






移民と亭主関白事情  | アメリカ移住
私はカンボジア人なの。

って言っても、アメリカで生まれ育っているから、カンボジアの事はほとんど知らないけれど

父親が厳しく『言葉だけは話せるようになれ!』 と育てたのでカンボジアの言葉は使えるのよ。

そのおかげで移民してきた私の旦那とその家族ともちゃんとコミュニケーションがとれるのだけれど・・・・・・

ものすごく亭主関白なのよぜんぜんアメリカ人の男性と違うの。



『それって耐えられないくらいなんですか?』



普通にアメリカ人に育てられて、スイートな男性の女性の扱いに慣れていたら、

ものすごく大変だと思うわ。



『結構そんなところに惹かれるって感じ無い?』



それは・・・・・・、多少あるかも。 ええ、それは認めるわ。



『日本で時々こんな事を女の子が言ってました。 [男は威張ってるくらいが心地良い。]って。』



多分アジア人だから、多少そんな部分を求めている所もあるのかもね。 


『お父さんは怖い人だったの?』 


ええ、私の父も亭主関白って言えるかも。 でも、アメリカ長く暮らしているから、多少のアメリカナイズはされてるから、私の旦那ほどじゃないわ。

ところで貴方は亭主関白なの、日本から来たんでしょ?



『いや、ぜんぜん。 完全に尻に敷かれちゃってますよ。(笑)』
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2009/10/26 09:47】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






受け身 Ukemi  | Sports
Ippon.gif


君は誰かに投げられそうになった時

『怖さ』を感じるだろうか?

もし感じるなら・・・・・

まだその準備ができていない証拠さ。

投げられてもいいように準備しておく事が勝利の鍵となるものだよ。

だって、どれだけ投げられまいと努力しても

いつか誰かが君を勢い良く投げ飛ばす。

もし準備ができてたら、なんにも怖くなんて無いだろう。

だから大胆に勝負できるんだ。



When you are going to be thrown away by someone.

Do you feel "fear"?

If you are.......

It means you are not ready for it.

Preparing yourself to be thrown will be the key for the wining.

Cause, no matter how hard you try not to .........

Someone is gonna throw you really hard someday.

If you prepare for it, you don' t feel any "fear".

You got to fight boldly. 




------------------------------------------------------------

テーマ=格闘技 - ジャンル=スポーツ

【2009/10/21 00:09】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Cosmos (秋桜)Momoe Yamaguchi  | Japanese songs


Hi Folks! Japanese song corner!!!

Uooo ! retro・・・・.

Momoe Yamaguchi, She was hip! long time ago though.

In 1970s, She had been the most popular female pop song singer in Japan.

All the boys (baby boomer age) wanted have her as a wife.

But, she broke all the guys heart.


She decided to stop her career to get marry with her housebound in 1980.

She had been called [utahime 歌姫] which means queen of pop, even though she only sang for 7 and half years. 

Although Japan is known as kind of machismo country, It was so sensational to see some one like her who is most successful female sacrificing her own career for marriage.

But people in Japan liked her so much because of that. We had been rushed to change too quick after world war ?. I assume that her decision was welcomed by japanese society, because we must needed some kind of balance in between our modern age culture and tradition. And we had never forgot her, and kept her growly in our mind since then.

I wanted to introduce this song because there are so many clue to understand about the relationship in between mom & daughter, and meaning of marriage and family in japanese tradition.

This song is like Hemingway's novels. There are no a persons feeling described in the story. Actions of casts are the clue to understand their feelings. I think Masashi Sada who wrote this song is really good at it.

Understanding of this rylics

【季語 】Kigo/season word.

For instance, "【秋桜】Cosmos " is a season word of fall, and also 【小春日和】Koharubiyori / Indian summer is a season word of late fall to beginning of winter.

He is describing warmth by using those season words. 【日だまり】sun spot, also you can feel it only when weather is cold.

Differences of temperature are describing sweetness & bitterness.


【阿吽】A - hum

You often see a pair of A - hum statue if you go to shrine in Japan. One of statue is opening it's mouth say"A" and Another one is closing it's mouth say " Hum"

【あ】[A] is the fast letter of Japanese alphabet and 【ん】[hum] is the last one out of 55 sounds. I f someone says " A" the other already under stand in between [A] to [hum].

Simply this statues means "Try to figure out things with out no words were given.".

It had been said that [A- hum] is nice way of relationship in Japan.

That's why we will be touched by the explanation for the sean when mom is coughing in the back yard. Mom is hiding from the daughter, but she already knew that mom is crying by the way it sounds.

【距離感】Distance 

We usually do not hug & kiss each other once kids are already grown up in Japan. Bride is sitting half tatami mat apart when she says good bye to her own family. Sitting on her heels, bows deep like they can touch their forehead on the tatami.

【嫁ぐ】 Marry into

Marriage is contract in between family and family in traditional way of thinking.
Idea of Marriage is that bride's family will lose her and bride will marry into groom's family. Bride had to follow all the rules of other family have in their house which often gave them bitterness.

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
How you feel Mom's love towards bride isn't by hearing "I love you" from her. Looking at mom's back of shoulder when she coughs, or how mom is absorbed in looking at pictures. Also the sean when mom has been worried about daughter in her head even when they were having the great time.

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

By the way cosmos means [decoration] in Greek. Universe was started to call 【Cosmos】because of that Stars are looking like decorations of the sky.  【花言葉】 flower word is affection of women.
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=懐かしい歌謡曲 - ジャンル=音楽

【2009/10/19 01:50】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






7years フィリピン?  | アメリカ移住
先日はフィリピンへ出張に行かれたそうですね。

どのようなご用件だったんですか?

8歳の男の子に実社会で必要な事柄をティーチングしてきたの。

????? それってどんな事がらなんですか?

たとえば、買い物。 

理論的に彼にお金の使い方を教えて、その後に実践しにいくの。

つまり、買い物に行くのね。


『????? 買い物の仕方を教えるんですか?』


まあ、それだけじゃないけれど、彼が生きていく上で今現在必要な事柄を教えるのよ。


なかなかいい待遇だったわ。 

セブ島のリゾートホテルの一室が私たちに用意されてね。

彼は彼で別室に寝泊まりしてるの。

それで、私達と他にも別分野でティーチングするグループもいたわ。


『すごくお金がかかりそうな話ですね。』


クライアントは地元でかなりの大富豪だったのよ。


『どうしてわざわざアメリカから人材を呼びつけなければならないのでしょう?』


私たちは常日頃から、子供達の行動習性を学問しているチームなの。 

こちらでは知恵遅れの子供達の教育にあたっているのよ。


アジアの国々では私たちのやっている事を最近になって研究し始めた段階なので。


自国では一流の人材が確保しにくいという話らしいわ。


『じゃあ知恵遅れのお子さんだったんですか?』


いえ、大富豪のかしこそうなおぼっちゃまよ。


『なんだか映画 "7 Years in Tibet" みたいですね。』


あら、どんな話だったかしら?


『ブラピがエンペラーの家庭教師をしていたでしょう?』


ああ、そうねそんな感じだったかも・・・・ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

買い物の仕方なんて親が教えてやればいい事だと思うんだけど、投資家にでもなれるたぐいの学習なのかな?

------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2009/10/16 14:38】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






インディアン・リザベーションは治外法権?  | アメリカ移住
私はチェロキー族の4世なの。 もちろん見た目でわかるようにフルブラッドじゃないわ。

『チェロキーって、ネイティヴアメリカンなの?』

そうよ。

僕はまだフルブラッドのネイティヴアメリカンに出会った事が無いんだけど、ほとんど混血になっちゃったの?


そんな事は無いわよ。 私の従姉妹もクオーターのチェロキーだけど、他の種族の男性と結婚したのよ。 彼は純血なのよ。

あ~それで思い出した。

そう、最近その従姉妹のお姉さんがね、彼と離婚をしたのよ。

今彼女はインディアン・リザベーションの外で暮らしているんだけどね、

しきりに元だんなが子供を連れて自分達の種族の集落へ尋ねて来いって進めるらしいのよ。

息子に会いたいからってね。


でもね、従姉妹は知ってるの。 


彼女が子供を連れてインディアン・リザベーションに入るとね、子供を略奪されるって。



それがその種族の法律なのよ。


離婚した女性がわが子を連れて再び元だんなのリザベーションへ足を踏み入れた時には子供を連れては出られないっていうね。


種族の法律って?、リザベーションもアメリカ国内にあるわけでしょう? アメリカ国家の法律で裁けないの?


インディアンリザベーションの中は独自に法律に従って統治してるから、アメリカ政府がアメリカの法律で裁けないのよ。

え~? それは本当なの?


ええ、本当よ。


でも、それってずいぶん男尊女卑な決まりだね。

そうね、インディアンの部族内では男性の方が優遇されているかもね。


でも、悪い事ばかりじゃないわ、例えば3世まではリザベーションから奨学金がもらえたりとか、残念ながら私は4世だから資格無しだけどね。

それから、カジノだって合法でできるでしょ。


------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2009/10/10 15:37】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






メキシコ誘拐殺人事件  | アメリカ移住
先週ね、メキシコに住んでる私のおじさんの娘さんのだんなさんがティファナで惨殺死体で発見されたのよ。

『え~ほんと?』

私のおじさんはメキシコで事業をやっていて、とても裕福なのよ。

だから、身代金目当てに義理の息子さんを誘拐されちゃったの。


身代金請求があって、その額のお金を袋に詰めて、指定された場所へ身柄を受け取りに行ったの。

そしたらね、可愛そうに彼は見るも無残な姿で殺されていたそうよ。


どんな状況だったの?


後ろから8発も弾丸を打ち込まれて、背中やお腹には拷問された後が沢山あったそうよ。

それにガソリンをかけられ火を付けられた痕跡もあったって。



『それは尋常じゃないね』


おじさんは別に貴族層の出でも無くて、裸一貫で死に物狂いで働いて今の富を築いたのに、

本当にかわいそうで仕方ないわ。
------------------------------------------------------------
【2009/10/10 15:16】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






久々の説教  | 美容道
うちのお店はカラーリストが今たった一人しかいない。

それでアシスタントはいない。

予約を詰め込むと、カラーリストは洗髪したりブローしたりする人手が無くってかなり困る事になる。

そこでオーナーは新人ヘアーカッターが臨時で配属されてきて、少ない顧客数をこなしながらカラーリストのお手伝いをさせようという作戦に出てきた。

これは、僕が07年に始めてフローアーに立ちはじめた頃も同じような内容だった。

うちには先輩後輩システムすら無いけれど、組織の中で売り上げ貢献度が低い場合はせめてその売り上げを確保するお手伝いをする。という流れはごく当たり前の事。 

フロアーに立ちはじめてからあまり期間が経ってないぶんなかなかお客さんを回してもらえないという状況があるにしても、少しづつの仕事で結果を出して信用を積み重ねるというのができて初めて大きな仕事を任される。

最近の若い美容師さんにはそう言う事が理解できないらしい。

と、言っても自分もそうだったのかな~ 


その日は新人Kのスケジュールがブロックされて、カラーリストSのお手伝いをすることになっていた。

しかし、Kはまだカットの時間がかかりすぎて通常一時間のカット時間を1時間30分に延長しても時間以内に終えられない。 しまいにはコーディネーターのJが彼女のお手伝いをする始末。

自分のお客様に時間をかけすぎてSのお客様のシャンプー&ブローのお手伝いができないでいた。

すぐ次の顧客に入らなければ僕が後でカットするお客様を遅れさせてしまうから (僕はアシスタント使わずに45分でシャンプー&カット&ブローというスケジュール。時間の遅れはかなり痛い) Kに途中で自分の顧客の作業を辞めさせ、とりあえずSの顧客をシャンプー&ブローするように! と命じた。

Kはその事に不服だったのでシャンプーはせずにブローだけ手伝い。 後で自分の顧客を仕上げた。

僕が最後の男性客をカットしていると、後ろの方で片付けをしている二人がなにやら言い合いをしているのが聞こえた。

そう!さっきの件で二人が大モメにモメていたのだ。


S 『貴方のスケジュールの中に私のお客様のシャンプーブローが設定してあるんだから、貴方にはそれを行う責任があるのよ!』

K 『自分のお客様の仕事の手を止めて他の人の顧客を手伝わなきゃならないなんて見たことも聞いたこともないわ!だいたいブロードライは私のスケジュールにあってもシャンプーは貴方の仕事でしょ!』


僕は慌てて二人を制止に向かったがSにはじき返された。


『貴方は黙ってなさいよ!』


あ~あ、これはもう処置無しだ。


僕は自分で起業をしようと考えている青年の髪をカットしながら、先日行った吉田ソースの社長の【バスを動かせ!】と言う話を熱く語っていた最中だったから、

先ほどにも増して、大きな声で熱く語っていた。


僕が話している内容と後ろで起きている状況がまったく正反対の状況ではあったけれど、とりあえずお客様は+のエネルギーを持って帰ってくれた。

その後、Sは既に帰ってしまっていたが、Kがまだバックルームにいた。

お客様の前で従業員どうしが喧嘩をするなんて、僕にはとうてい理解できないよ。 スケジュールにある事柄は君の責任だし、もしそれがやりたくないんだったら、カラーリストのドライオフを自分のスケジュールに組み込まないでくてってオーナーに言えばいい。 仕事だってもっと速く的確にできるはずだからね。』


Sは 『でも、スケジュール上での私の仕事はブローだけでシャンプーはSの責任でするべきでしょ? それに自分のお客様をほうっておいて他の人を手伝いにいく人なんて見たことが無いわ!』

『なあ K、ここには色々な考え方の人が働いているよね、手にあまる事を 『自分にはできない』 って言いのけてしまって、改善をしようとしない人もいれば、できない事を自分なりに努力してできるように向上心を持って突進む人と二種類があるとしたら、君はどちらを選択するんだい?

もっと強い自分になってさ、他の人も助けられるようになったらいいじゃないか! 

僕もそう思って、今このタイトなスケジュールを必死でパフォーマンスしてるんだよ。』

もちろんSにも後日同じような内容でお話をしました

うざったがられるから、しばらくおとなしくしてましたがとうとうまた説教をしてしまいました。

常識が通用しないから大変です。


------------------------------------------------------------

テーマ=働き方 - ジャンル=就職・お仕事

【2009/10/09 02:03】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






受身  | SARINA
Ukemi.gif


さりながインフルエンザにかかってしまって一週間

一時は40度も熱が出て、奥さんは仕事を休んで看病。 月曜日2度も看病で家に缶詰状態でした。

こんなに高熱が長く続いたのは初めてだったのでかなり心配しましたが、当の本人は起きているときはぜんぜん平気そうな感じで、寝ているときのほうがほとんどでした。


今週に入って火曜日、熱も冷めてやっと元気になったので、最近の彼女の習い事 『柔道』へ行く事にしました。

そう、彼女は今毎週火・木と柔道を習っているのです。


今日で4回目かな、かなり受身が板について来ました。 

もうとにかく、ちょこんと正座をしてお辞儀をする仕草なんかものすごく可愛くってですね・・・・・・・・・。

親ばか父ちゃん、顔がほころびっぱなしでした。 

さて、フィリピン人の先生と、日本人の先生に、アメリカ人の先生。

柔道をやれば少しは日本語に興味が行くかな? なんて考えもあったのですが、数を数える事と、技の名称以外はやっぱり現地の子供達に合わせて英語で稽古は行われるので、その考えはちょっと甘かったかな~。

と、思いながら見ていると・・・・・・・・

アメリカ人の先生がさりなたちにお説教を始めた。

『いいかいお譲ちゃんたち、今やっている受身は本当に大切なんだよ。 私が柔道を始めたばかりのときはね、この 【受身】 だけを4ヶ月もずっと先生にやらされて、次は 【崩し】 (胴衣を掴み、相手のバランスを崩すテクニック)の相手役を6ヶ月間もさせられたんだ。

気が遠くなるような単調な日々だったけれどね、おかげで35年間一度も怪我をした事が無いし、相手がバランスを崩すまでのメカニズムがよく理解できてるから、投げ技だってすごく得意になった。


物事は全て積み重ねなんだよ。 

今やっている事がたとえつまんない事でもね、一生懸命やってたら、必ず次の段階に行くときに役に立つんだ。

いや~いいですねぇえ~ こんな地味だけど大切な教えはありません。

僕もワンレングスを1年も切らされたってブ~ブー言ったけど、今では感謝の気持ちでいっぱいです。 お茶の先生も 『平手前が一番の基本なのよ』 って言ってたな~

そうなんです。目標地点に向かうまでの取り組み方の精神として、ぜひ娘に学んで欲しい、日本の教え。 これはありがたい事です。

後でその事についてお礼を言うとですね。

『アメリカの道場は結構生ぬるい感じで、ヘラヘラ笑って緊張感に欠けるのだけれど、ここでは物事に真剣に取り組む姿勢を教えたいと思っているんです。』 と、先生のお言葉。

先生娘をよろしくお願いします。

--------------------Infomation---------------------------------------------
 MIGOTO 柔道道場 

Bonita にある先生のご自宅で毎週月・火・木の7時~9時まで稽古が行われます。 営利目的じゃないから月謝が安~い。


Phone : 619-470-7100

address: 3151 Wheeling Lane, Bonita CA 91902
------------------------------------------------------------

テーマ=パパの育児 - ジャンル=育児

【2009/10/08 15:41】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






西の空  | D70
Yuuyake.gif


笹船

豆笛

かやでっぽう

仰いでみている

加州の夕焼け




加州の夕焼けはピンク色、

でも僕が見ているのはあの湿気をいっぱいに含んだ日本の真っ赤な夕焼け。

だって西の大地は繋がっていなくても、空だけは日本まで続いてる。

あ~ダメや! またホームシックにかかってもうたぁあ~
------------------------------------------------------------

テーマ=夕焼けの写真 - ジャンル=写真

【2009/10/05 12:19】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






白昼の逮捕劇  | アメリカ移住
目撃しましたぁああああ! 白昼の逮捕劇。

arrest1.gif

これは国境付近にある住宅地で偶然信号で止まっていた時に見かけたシーンです。

二、三人の警察官が長い銃を持ってアパートの入り口へ続く階段付近へ近づいていくのが見えました。 

この時にはきづきませんでしたが、その後ろにカメラマンが同行してスクープ写真を狙っている姿が写っています。

arrest2.gif

やがて部屋着姿の男性が家の中から連れ出されて来ました。

終始何を言っているのかまでは聞こえませんでしたが、みんなの顔は真剣そのものでした。

arrest3.gif

やがて彼は手錠をかけられ、階段を降りたところへ座らされました。


そこで信号が青になったので時間切れぇえええ!


日本ではほとんどと言っていいほど見ませんでしたが、犯罪者が手錠にかけられるシーンは結構頻繁に見かけます。

今回はバッチリ撮影に成功!
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2009/10/05 12:12】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






誰かさんと誰かさん (Somebody & Sombody ) ドリフターズ (Drifters)  | Japanese songs

Hi Folks! Japanese song corner!!!

It's been a while is it? I've been reading books as much as I can, because It was said to that fall is for reading books in Japan.



One of the book I read is "The catch me in the rye". Someone told me the book has been sold over sixty-five million in 60 years. As you know, this book is the one of most popular novel in this world. The book had been giving so much influence to young age and movies or musics.

I wanted to know how American kids thought and acted back then. Or, I wanted know what type of influences they got, If there are so many people read this book.


There are so many explanation about how adults can lie to each other for smoothing things over. How kids can pick that up and get hurt. Kids started to point those up and questioning to society when population of Age under 25 years old reached 50% of all.

Don't talk so glibly !

You might started wondering what dose this relate to this song I introduce today?

In the book Fevie(younger sister of the boy) says "It's not Catch me in the rye, meet me in the rye. by Robert Burns".

I researched about it, and hit this song. 『誰かさんと誰かさん Darekasan to Darekasan』

A song I put up here call  『誰かさんと誰かさん Darekasan to Darekasan』 means Somebody and Somebody. One of most popular comedy grope "Drifters" sang this song back in 1970s.

I figured out that this song was based on Robert Burns poet since I read "The Catcher in the rye. The lyrics of this song was so similar to it,

【Coming Through the Rye by Robert Burns(1759-1796)】

A body meet a body...............

I heard Scottish have been open about sex topics traditionally. That's why this kind of poet could be accepted by society.

I guess this poet has been symbolic expression for sexual object or New standerd.

Year 1960, when not restricted version of "Lady Chatterley's Lover (1928)”  was published,

A teacher was fired for assigning the novel "The Catcher in the rye " in class.

Back in 1970s, My parents didn't want us to watch 【Drifters's 8 o'clock Show 】

Why? you can check it out yourself. It's funny.

Chottodakeyo

Higashi Murayama Ondo

Hennaojisann

Any way I totally understood the cultures are connected through the world.
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=懐かしい歌謡曲 - ジャンル=音楽

【2009/10/05 05:24】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






ハーグ国際私法会議   | coolcuts
いや~やっぱり 思ったとおり突っ込みが入っちゃうのがこういった問題ですが、なかなか勉強になります。 

今回の米国人男性の誘拐罪の書き込みに対してのご意見を何名かの方に頂きました。

意見を頂き、ありがとうございました。

第一回目の書き込みは
 CNN と Tokyo Yomiuri 両方の記事を照らし合わせて自分なりに噛み砕いて書きました。 この内容は後の報道では

日本で婚姻届をしていなかった → アメリカと日本で重婚だった というふうに変化しましたし

彼が日本国籍を取得していた → 彼は二重国籍の保持者だった

彼が子供達を誘拐した → いや!アメリカから子供達を誘拐して日本へ連れて行ったのは彼女のほうだ! → アメリカに母子三人を誘い出し、アメリカの民事裁判にかけるよう強要された!

情報は二転三転します。

二つ目の書き込み は個人の離婚騒動問題と割り切って考えようとしていたアメリカ政府とは相反して、加熱するアメリカ国内での報道を、アメリカから見た日本という視点で書きました。 こちらの方は元局勤めだったという、このアメリカ人男性の妻が仕掛けたのかどうかは解りませんが、連日の報道にヒラリー婦人がコメントをしたとかしないとか・・・・・かなりエスカレートしそうな感じでした。 


割合は違うにしても双方共に法を犯して現在に至るというのは否めない状況ではあろうと思います。 


日本女性に対する弁護の言葉としては先日の書き込み下にあるキク様のコメントがとても的を得ていると思うのでそちらを参照してください。 それから、冷泉氏のブログを読んでいただければ詳細がお解りいただけると思います。
-----------------------------------------------------------------------------------

では、何故ここまでヒステリックにアメリカが騒ぎ立てるのか? という部分を考えると

ハーグ国際私法会議  

の存在があると思います。1980年 に 国際的な子の奪取の民事面に関する条約 に調印していない日本とは、この件について国際舞台で話し合う術を持たない苛ただしさのあわれで、連日の報道は日本の調印に向けての圧力なのではないでしょうか?

確かに、アメリカはアメリカでできるだけ自国の人間を保護する形で事を進めたい。 日本は日本で自国の国民を保護したい。 

多分両国間の力関係と、民事裁判が頻繁に行われるアメリカの裁判馴れした状況を考えれば、同じ舞台に立って真っ向から戦うと日本側に勝ち目が無いというのが、この部分を鎖国状態ともいえる状況にしている理由ではなかろうか? と、coolcutsは思うのです。


でも、ちょっと冷静になって考えて見てください。 


片親に会えなくなってしまう子供の気持ちはどうなるのでしょう?



それに、結局のところ日本で裁判を行えば日本人に有利、アメリカで裁判を行えばアメリカ人に有利に働くというのが根本にあって、今回のこの元夫婦のドタバタ劇のような事例が増加傾向にあるのならば、やはり

国際舞台で堂々と話し合える仕組みが必要なのでは無いでしょうか?

日本の政府は他国との交渉事になるとあんまり頼りにならないとかいう話も聞きますが、できるだけ国際舞台での交渉事で経験を積んでいただいて、ゆくゆくは日本の米軍基地内で起こるレイプ事件や、日本人殺害事件等が日本国内で裁判にかけられるように、治外法権の見直しも交渉できるようになって欲しいものです。

まあ、現実は一歩も譲らないアメリカの傲慢な態度に日本はイライラさせられるってのが関の山なような気がしますが。 国際結婚に関する問題は日米間のみの話ではありませんからね。
------------------------------------------------------------

テーマ=国際政治 - ジャンル=政治・経済

【2009/10/03 15:15】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






獄中からの訴え (国際結婚親権の行方)  | 世界から見た日本
一昨日に引き続きわが子誘拐問題で投獄されているアメリカ人男性の話題です。

木曜日獄中から彼自身からのコメントがありました。

Christopher Savoie, 38, is imprisoned in Japan for kidnapping his children while they were walking to school with their mother Norika Savoie. But Christopher Savoie contends that his ex-wife Norika is the real kidnapper. Back in August, she snatched the children from America and fled to Japan even though Christopher had been granted full custody by an American court.

自分がアメリカの裁判所の決定で親権を100%獲得している。それなのに元妻が日本へ連れ去った。彼女の方が誘拐犯だ!

今朝のニュースでは彼の言い分を弁護するかのように、同じように元彼女にわが子を日本へ連れ去られ、子供の返還を求め続けているアメリカ人男性が

『日本は世界でただ一国、わが子を取り戻せない国なんだ!』

と朝のニュースで叫んでおられました。 


そう、彼が叫ぶのも無理はない。 と、アメリカサイドからの見方ではメディア全体がこの件については連日騒ぎ立てています。

まるで国際親権摩擦とでも言えるような様相でございます。


アメリカのメディアがこれまでこの問題をはやし立てるには訳があります。

ここ近年、両国間での国際恋愛や国際結婚の件数の増加し、日本人女性と外国人男性との離婚件数も1998年10,000件から、2008年には、ほぼ倍近い19,000件にまで増加しました。
それに伴い、今回と同じような事例が後を絶たないと言います。

つまり、日本女性が親権のあるアメリカ人男性から子供を引き離し、日本へ連れ帰るという内容のものです。 アメリカではこれは犯罪行為に当たります。


しかしながら今回の件でも伺えるよう日米間で親権にたいする考え方のずれがあるのです。


日本では離婚した夫婦のうち女性の方が親権を得るという事になんら疑問も持たないぐらい、自然の流れで母親に子供が引き渡されます。 そして、男性のほうには養育費だけを支払う義務が生じます。

アメリカでは、裁判の結果親権の割合が決定され、その割合に応じて双方で一緒に過ごす時間割当てや、養育費の内容も決定されます。 もちろん国外へ勝手に連れ出すなんてもっての他で、犯罪行為にあたります。

この両者のスタンスの違いから、日本では父親の方が犯罪者扱いされ、アメリカでは日本人元妻が犯罪者という扱いになっていると言うわけです。


近年、このような他国間での親権の扱いにおける、考え方の違いを統一化しようと。

1980年に提案された ハーグ国際私法会議 における、

国際的な子の奪取の民事面に関する条約に日本は今だ調印をしていないのです。

福岡米国領事館の門前までやってきたアメリカ人男性とその子供の為に、門を開けてかくまってやれなかった理由はここにあります。


これが冒頭でお話した、 『日本が世界でただ一国・・・・・・・』 と、言わせる要因になっています。


京都議定書に調印しなかったブッシュ大統領に違和感を感じるなら、この親権に関わる国際協定の調整の場に日本は参加するべきではないでしょうか?

------------------------------------------------------------

テーマ=国際結婚 - ジャンル=結婚・家庭生活

【2009/10/02 14:29】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






二人は夫婦じゃなかった (戦争未亡人の結末)  | アメリカ移住
ある米軍に勤める兵士が、沖縄で美しい日本人女性と出会って恋に落ちた。

その後彼は日本での任期が終わり米国へ帰国するのだが、彼女の事がひと時も忘れる事ができなかった。

そんなある日の事。 彼ははるか彼方沖縄に暮らす彼女に求婚。


彼はアメリカに住みながら、そして彼女は沖縄に住みながらの婚姻を書類上でのやり取りで行いました。


そして、彼女は自分が妊娠していた事に気がつきます。


しかし、そんな彼は彼女のその知らせを聞きながらも、イラクへ赴任の任務が軍から下り、


彼はイラクで戦死してしまいます。



晴れて夫婦の契りを交わした二人は、その後二度と再会する事無く彼は天国に召されたのです。

さて、そうは言っても米国の法律上ではこの若者二人は夫婦。

生まれ来る孫の為に彼の両親はアメリカ軍からもらえる遺族年金とベネフィットを彼女の為に取り付けようと手続きを進めていました。 すると、

軍法により遺族年金は支給できません。


何故ですか? 二人は夫婦じゃないですか!

お二人の婚姻は日本とアメリカと遠距離で行われたもので、その後彼はすぐイラク戦争へ行かれてますね。 一度も彼が日本へ行っていないし、彼女がアメリカへたずねてもいません。

つまり、婚姻後の性交渉が無い

この場合米軍側はお二人は夫婦として認めず

従って戦死者の保障を支給する責務は無い。


二人の間には子供がいるのよ!

『それは婚前交渉の内容ですから、やはり認められないんです。』


--------------------------------------------------------------------------------
なんだそりゃ? 軍が彼に、イラク戦線への出陣命令を下したから会えなかったんとちがうか?
------------------------------------------------------------

テーマ=国際結婚 - ジャンル=結婚・家庭生活

【2009/10/01 00:53】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






二人は夫婦じゃなかった (父が子供を誘拐?)  | 世界から見た日本
今日の朝のニュースを見ていたら、テネシー在住のアメリカ人男性が福岡に飛んで、わが子二人を連れ戻そうとしたところ警察に逮捕され留置所に入れられているというニュースがあった。

彼は別れた日本人元妻が子供達を学校へ連れていく間の道のりで子供を奪って逃走しようとしたところ、誘拐罪で逮捕された。


誘拐罪?

父親なら親権があってしかるべきでは?

と、この事件について書かれた記事を探し当て読んでみると・・・・・・・・

今回の事件の当事者の元夫は4年前に日本国籍を取得しており、その後夫婦はテネシーに移り住み二人の子供を育てていた。 その後妻と離婚、妻は実家の福岡へ・・・・・・

と、いう流れらしいが、

問題は彼らが婚姻届けを日本で行っていなかった事。


つまり、日本国内では彼は元妻と赤の他人。 だから、彼は赤の他人の子供を誘拐しようとした。 という事になっているらしい。

もうひとつの問題は、彼が日本国籍を取得している事

もし、彼がアメリカ国籍のままならアメリカ政府が介入して問題の修復に当たれる可能性もあるのだけれど、彼は日本人で、日本の法律で全てが判断される。


日本では親権についてアメリカとは違った考え方があるうえに、

もともとアメリカ人だった彼よりも純血の日本人である元妻が子供達の親権を持つべきだという考えが見え隠れする。


これは公正に裁くという姿勢よりも日本人を優遇する姿勢とも見える。

もともと日本人である彼らがアメリカに住んでいたという事事態が変な話で、この件について裁判所のオーダーがアメリカで上がっているというのも見当違いなのだから、彼が親権を取り戻せる確立はかなり低いと関係者は見ている。

それにしても、一時は愛し合っていた二人なのだから、なんとか話し合いで決着をつけて欲しいものです。

僕 と 奥さんは日本とアメリカの両方の国で婚姻届けを行っているし、彩里菜は現在日本とアメリカの両方のパスポートを持っているから、僕がこんな羽目になる事はまず無いでしょう。
------------------------------------------------------------

テーマ=国際結婚 - ジャンル=結婚・家庭生活

【2009/10/01 00:52】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。