Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






Top Gun のレストランが全焼  | アメリカ移住


1986年に上映されて世界中で大ヒット作となった映画 【TOP GUN】の中で、マーベリックとグースが "Great Balls of Fire" を歌って盛り上がったシーンを覚えていらっしゃいますか?

今日の午後シーポートビレッジ向かいにあるサンディエゴの名所、Kansas City Barbecueが火事で全焼しました。 グースが弾いていたピアノと、TOP GUNでパイロットが身に着けていたマスクだけはかろうじて焼け残ったようです。

被害総額は約$350'000に及ぶといわれていますが、サンディエゴが誇る80年代の象徴的な名所が焼けてしまった事はとても残念です。

同店は10年連続でサンディエゴで一番おいしいバーベキューに選ばれ、3月に25周年記念のパーティーが行われたばかりだったそうです。

ところでこの映画の主題歌だった【Take My Breath Away】 を歌ったのはベルリンというグループでしたが、ベルリンの壁が実際に崩壊したのはこの映画の放映後3年も後の1989年だったと初めて知りました。 
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/06/27 14:53】   トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑






UKパンク  | MUSIC


17世紀バロックの時代イギリスで掲げられた理想像 【デモクラシー】 は

19世紀に入ってローバート・オウエンの手によって手がけられた産業の理想的な姿、産業革命の産声となって長年にわたる貴族階級の支配が揺らぎ始めた。

しかし、やがて人々は気づく事になる。

ただ単に、中産階級から富を得た新しい支配層ブルジョアジーが生まれたに過ぎない事を。

巨額の富を得たブルジョアジーは貴族のように振舞いたがり、そして貴族階級はブルジョアジーを貴族社会へ迎え入れる事を拒み、自分たちの階層を宮廷文化の中で保護する態度を貫き、イギリスに複雑な階級制度が形成される事となる。

表向きは資本主義、内情は全て王国階級制度の枠組みの中に組み込まれていた。

第二次世界大戦直後、労働党のクレメント・アトリー政権が「ゆりかごから墓場まで」をスローガンにいち早く福祉国家を作り上げたが、階級社会の伝統が根強いこともあって経済の停滞を招き、1960年代以降は「イギリス病」とまで呼ばれる不景気に苦しんだ。


かつてアナーキズム(無政府主義)政治団体に所属していたマルコム・マックラーレンはヴィヴィアン・ウエストウッドに出会いブティック「レット・イット・ロック」をキングロード430番地にオープン。

1974年に店名を 【SEX】 に変え、1975年にはそのお店の従業員と常連客によって【THE SEX PISTOLS】を結成した。


高い失業率や根強い階級制度にあえぐ若者たちを、強烈なビートと暴力性をムキ出しにしたパンク・ムーブメントは下層階級の若者たちの心をすぐに捕らえてしまった。

彼らの身に着けるアイテムは、引き裂かれたイギリスの国旗、黒く塗りつぶされた女王の肖像。そしてナチスドイツのシンボルマーク、軍服、囚人服をモチーフに作られたパンアイルランドやスコットランド等のコスチュームをベースにした衣装。どれもこれもユナイテッド・キングダムに反発することを象徴したものばかり。

本来イギリス国歌であるGod Save The Queenは女王を称え、国家の繁栄を望むものでしたが、彼らの代表作で同名のGod Save The Queenは 『神よ女王を救いたまえ! 彼女の独裁政権を! イギリスに未来なんて無い!!!』
なんて茶化して歌っています。

PUNKはもう究極の階級差バッシングだったんですね~

僕が高校卒業したばかりの頃、たくさんのイギリス人が広島で英語の先生として働いていました。
契約期間が切れて母国へ帰っていったかと思うと、また何ヶ月かすると戻ってきます。

『日本がよっぽど気に入ったんだね?』 って聞くと、『イギリスへいても仕事が無いのよ。だから日本へ出稼ぎに来るの。』と答えていました。

当時のイギリスの若者は本当にフラストレーションがたまっていたんだなって思います。

→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2008/06/27 02:09】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






レンダーオークション  | エージェントへの道
IMG_3558.jpg


3月から格安で借りていた一軒家もそろそろまた引越しをしなければならない雲行きになってきました。

それと平行して、5月の後半から一軒家で3ベッドルームでもかなり価格がお手ごろになってきている事と、公定歩合が1%引き上げられたことで市場は買いの空気が出始めています。

おちおちしていると価格が上昇し始めるかもしれません。


個人的にはサブプライマル問題がこれからもっともっと深刻化するデータがでているいのでもう少し価格の落ちを読んでいるのですが、このままたくさんの人が買いに走るとやがて価格上昇を引き起こす事になるので実際の価格の流れを確認する為に


今日は知り合いの不動産屋さんにお願いしてオークションへ行ってみました。



コンベンションセンターのだだっ広い会場がたくさんの人で埋め尽くされていました。

9:00に会場入りするとすでに競りの練習が行われていました。

『ちょっと、失礼ここ開いてますか?』

僕の隣に座った年配の男性はブローカーをしているそうです。

『私だったらまだまだ価格が落ちると考えているから焦っては買わないね。このオークションで怖いのは高く値付けをしすぎるケースが多々あることさ。』



それにしても、競りを担当するアナウンサーの早口な事早く口な事・・・・・・

それにいっきに価格をジャンプさせてあたかも誰かがその値段で入札しているかのように見せかけます。そしてつられてこないと思いきやまた価格を下げてくるんです。


オークションがスタートしてからは、一生懸命数字を聞き取りながら競売物件のカタログに実際の落札価格をメモしていきました。

中には既に僕達が見学に行った事のある物件もあって市場価格とオークション落札価格を比較することができました。


すると隣のおじさん・・・・・


『お~こんなgood deal は見た事が無いよ、私はこの物件見にいったんだけどね~かなりいい家でしたよ。』


僕達が見に行った事がある物件もそのときの表示価格よりも$100,000近く安値で落札されていきます。


舞台の上で競りを担当している方があきれ顔で


『どなたかいませんか?200、では195、あ~190!!! どうしてしまったんでしょうねサンディエゴの価格は、この物件は前回取引価格$300.000以上だったんですよ。 え~い185で落札』

多くのコンドーは月々のローン返済額が家賃よりもかなり下回る内容での落札だったので、投資用物件としてはもうもってこいです。


会場内を走り回って顧客と競りの間でサポートをする係りも結構頻繁にフックをかけてきます。

実際には$240,000までしか金額提示がされていないのに『$260、000で落札できますよ』なんて吹っかけてくるから、注意深く価格の流れを追わなければ本当に高い買い物になりそう。

エージェントを従えて来ている人は適正価格のセンスがあるのですが、まったくの素人さんは感情の抑揚のままかいに焦ってしまいとんでもない高値をつける人もいらっしゃいました。

実際に、なんであんな物件をあの値段で買うんだろう?なんて場面って結構あったんです。


*それに、落札後にさまざまな諸費用がかかってくるのも頭において賭けなければかえって損をしてしまいます。

まずは$5000のキャッシが準備できる事が条件

落札価格プラス5%のBuyer's Premiumが加算され

その後にまた5%のEarnest Priceが加算される

上記の合算分に含まれるが$5000ほどチェックで支払いを終えておく

そしてRemainder Personal Check が$5、500


3%の closing cost と financing cost は別途必要

しかもこれらに対して交渉不可能ということらしい。


$200、000の物件で26、000のプラスです。 


本当にお得な買い物をしない限りちょっと高く付きそうです。


もちろんこの値段の家はほとんどありませんから、どれだけ儲かるんですかねぇえ! 彼らは!


会場で係員として働く人の数、おそらく20人程度でしたか・・・・


家がまるで野菜や魚のように飛ぶように競り落とされていく中で、本当にうまい事やったね~なんて関心してしまいました。


ゴールドラッシュの頃、砂金採りにやってきた人々に道具を売る商売をした人がいました。

彼らにとって砂金が採れようが採れまいが、まったく関係ありません。 砂金を採る人たちから必ず一定額の収入を得る事ができたのです。 当時砂金採りよりもよほど儲かったと聞いています。


この次はリストアップされている物件を全て見て回ってから参加したいと思います。


さあ、coolcutsのマイホーム戦略、まだまだ続く!


www.US Home Auction.com ←詳しくはこちらで・・・・・





------------------------------------------------------------
【2008/06/23 17:56】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






FREEDOM '90/GEORGE MICHAEL  | MUSIC


FREEDOM '90/GEORGE MICHAEL

2008年6月16日、カリフォルニアのゲイカップルの婚姻が認められたニュースを知ったジョージマイケルが
翌日のサンディエゴ後援でアンコール曲に選んだ歌

Wham! 時代の彼がBrooke Shields, や Whoopi Goldberg そして Melissa Megginson 他大女優達との交際がささやかれたりしましたが、この楽曲が発表された3年後、恋人のファッションデザイナーFeleppa が エイズで他界した後に全てを公の場に明かす事を決意しカミングアウトした。

この歌はFelppaに出会う一年前に歌われた歌で、自分らしく生きる決意を力強く表現している。

→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2008/06/19 15:35】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






George Michael のコンサート  | MUSIC
Geoge Michel


今日はスポーツアリーナで行われた George Michael のコンサート へ行った。

このブログではよく英詩を日本語に訳してのせていますが、高校時代にまだLP版だった Wham!の解散アルバム、WhiteAlbumの英詩を辞書を片手に意訳にトライしたのがきっかけっていうぐらいよく聞きまくったアーティストだけにちょっと興奮気味でした。

彼のステージは中央とその両脇に大型のスクリーンが用意されて、中央部分は足元までデジタル映像が映し出され、芸術そのもの。



今回のコンサートはCareless Whisperや、Till the end of tme そしてPraying For Time, Faith等等・・・新しい曲は主にユーロビート系やイギリスのポップシーンでエイミーワインハウスに代表さえるようなキャバレー調オールドジャズ+ウーマンリブの詩の融合系等もあった。


ほんとうに曲目が新旧織り交じっていて、80年代ポップスターがどういうトレンドの中を駆け抜けていたのか? なんとなく理解できたような気がします。

当時青春を送った僕も今年で40才、ひとつの世代を生きるという事は色々な事が見えてくるものですね~

彼の 【I want your sex (87)】という歌に代表すされるように、80年代当時はポピュラーソングでの性的描写の自由化がどんどん進んだ時代だったような気がします。

プリンスが 【Dirty Mind (80) 】で性描写の露骨さに放送禁止になりながらも 【Purple Rain(84)】ではポルノムービーか?というような映像と共に卑猥な楽曲を発表して世間に受け入れさせた。先日この作品を再度観て、女性の性の解放とDVを扱った作品だった事に気がつきました。

 続いてストーンズの 【Harlem Shuffle(87)】 なども見事な描写力で表現の自由のテーマに挑んでいる。彼らの場合は 【Brown Suger (71)】 の頃の男性主導型だった描写とはまるっきり姿を変えている。

日本でもオフコースが【YES NO (80)】という楽曲の中に『君を抱いていいの?』というフレーズを入れたが為に社会的問題作となったのもちょうどこの頃にあたります。

1928年にイギリスで出版された 【チャタレイ夫人の恋人】 という作品がその赤裸々な性的描写が理由で数々の弾圧を受けながらも、再度頭角を表したのは1960年代に入ってからの事。

実際に一般の若者がそれを読むことを許されるまで、実に30年の月日を費やしている。



それにしても、会場内にはゲイカップルの多い事多い事・・・・・・・


さて、今回のジョージ・マイケルのコンサートは、80年代から90年代にかけての彼のヒット曲を数多く盛り込んだ内容でした。 彼もまたマドンナと同じように、性的描写マテリアルスティックになっていく若者達の風刺が2大テーマだったようです。 音楽的には当時多かったラテン音楽との融合が数多く見られ、80年代に移民が増加した現状を反映しています。

60年代の始まったモダニズムにはアポロの月面着陸の報道を機に人間のテクノロジーが宇宙をも支配する可能性を秘めているという驕りがありベトナム戦争で幕を閉じました。

70年代はその反動でカウンターカルチャー的な要素が濃く出て、ヒッピー文化を育みました。

60年代は公民権運動、70年代は女性解放運動、


そして80年代にイギリスから始まり、密かに産声を上げていたものは性の解放と同性愛者の解放運動



Blitz Kids 達の中からBoy Georgeを代表するようなビジュアル系ミュージシャンが数多く輩出されました。


その反動で男性的デザインやハードロック、ヘビーメタル等の重めなサウンドも頭角を現しました。


モダニズムが封建的な社会を壊していき、豊かな国力の下に、人々はより多くの自由を求めるようになりました。それが表現力の自由となって、ゲイ達の表現の幅が広がったのは事実でしょう。

今考えると、それは垂れ幕の無いデモクラシーと言うにふさわしいそんな気がします。


そして、それから20年以上経った今・・・・・・・

George Michel は叫び声を上げました。

『昨日たくさんのゲイカップルが結婚しましたね!』


そう、とうとうカリフォルニア州がゲイカップルに対して婚姻の権利を認めたんです。

皆さん既にご存知の通り彼はゲイです。 良き理解者であった母親が死に、そして一生のパートナーとまで考えていたボーイフレンドにエイズで先立たれ、苦しみの中で耐え切れずカミング・アウトしたGeorge。

今、こうして当時の彼の作品を再び聞く機会が得られた時、彼の長年閉ざし続けた心の叫びが聞こえて来ました。

【careless wisper】が観客総立ちの中で歌われて、会場が真っ暗になりました。


鳴り止まないアンコールの拍手!


再び現れたジョージに会場がいっせいに気勢を上げる!


最後の歌はやっぱりこれだね!



【FREEDOM’90】(90)


君に知っておいて欲しい事があるんだ、それは僕の奥底にある何かについて。
FREEDOM! FREEDOME!



叫び声のように歌う彼が、当時どのような気持ちでこの歌を歌ったのかを今やっと理解する事ができました。
------------------------------------------------------------

テーマ=LIVE、イベント - ジャンル=音楽

【2008/06/18 19:39】   トラックバック(0) | コメント(7) | Top↑






ちょっと変わった Fathers day の過ごし方。  | Family
日曜日の父の日は、ミツワあるマーケットプレイスのスタバで雑誌の取材のため待ち合わせ。


国際結婚の記事に協力して欲しいという依頼でした。



11時30分から1時間半程度、フリーのライターさんからは色々な質問が繰り出された。


二人が出会った当初の事や、プロポーズ、結婚にいたるまでのエピソード。

そして、結婚生活と出産、ハーフの子供の育児問題や渡米に向けてのプロセス等等・・・・・



取材を受けているうちになんだか妙な空気が流れ始める。



へぇ~、、そんなふうに思ってたんだぁぁぁぁ、、ってね 


結婚10年目にして明かされる事実


取材が終わって帰りの車の中で、彼女が切り出した・・・・・



貴方私のこと一目ぼれじゃなかったんでしょう?



ああ、当時僕は日本人の彼女がいたしね、アメリカかぶれっていってもハリウッド・ムービーや洋楽に対する憧ればかりで、あまりリアルな国際感覚は見つけていなかったんだよきっと。


広島で君とデートをしているときに酔っ払いのおじさんが 


『フィリピン人は出て行けぇえええ!!!』


君に向かって怒鳴ったでしょう? 根っこの部分ではあれとあまり変わらなかったのかもしれない。



もちろん、あの時は既に同じ日本人としてそのおじさんの言動が恥ずかしい事だって思えるようになっていたよ。



でも昔アメリカ人に日本人の彼女をとられちゃった経験を持つ以前の僕は、

アンチ国際恋愛派だったし(笑)


でも、君は今までに出会った女性のなかで一番暖かくて、聡明で、人間的な魅力に溢れていた。




君を通して見る世界は西洋にも東洋にも広がりがあって、本当にエキサイティングだった。


君と一緒にいるだけで自分の価値観が成長していくようなそんな毎日だったんだ。


まあ、ずいぶんと嬉しい事を言ってくれるわね? 何も出ないわよ。



こんなふうに自分の感じている事を恥ずかしがらずにきちんと相手に伝えられる事に幸せを感じたりするし。


我が家へたどり着くと、娘から自作のポート・フォリオとメッセージ


そして、奥さんからはなんと!


ジョージマイケルのコンサートチケット!!!!


ずいぶんと奮発したねって尋ねると、ワム好きの僕に義理の妹が無料チケットを用意してくれたのだそう。


国際結婚は辞められまへんなぁ~






------------------------------------------------------------
【2008/06/17 01:17】   トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑






彼がデジカメを買ったわけ  | アメリカ移住
ちょっと前、デニス君はデジタル一眼レフカメラを買った。


『たくさんたくさん写真を撮るんだ!』って張り切っていた


そしてその次にビデオカメラを購入


にわかにメディア小僧になっていく彼を見ていると聞かずにはいられなくなった。



『自主制作の映画でも撮るのかな?』



そう茶化してたずねる僕にはにかむ笑みを浮かべて答えるD君


『ああ、まあそんなところさ。』


そして、先日またやってきたデニス君・・・・・


ファザーズデイは何をするのか? と聞いてきた


『さあ?僕のはさっぱり解らないよ。 


実家の父親はいつかシルクロードで歩きながら野垂れ死にたいって言っていたから


シルクロードの写真集を送っておいたんだ


しかも支払いのてづづきをしていたらクレジットカードの扱いが無くて着払いになっちゃった(笑)


デニス君は?


僕はデジタルフォトフレームを買ってあげたんだ。


僕の父さんはずっと病床で、余命何ヶ月かわからない。


だから彼が生きているうちに家族と過ごした写真をたくさん撮っておこうと思ってカメラを買ったんだ。


カメラを買ってから、もう3ヶ月が過ぎた・・・・・


ファインダーを通して覗く父さんの笑顔は、その一コマ一コマが奇跡の一瞬なんだ。


シャッターを押すたびにそのひとつとつの表情を僕の目に焼きつけているような気がするんだ。




そうなんだ・・・・・・


それはお父さん喜ぶよ! 奇跡がたくさん集まった写真集だから、きっとそこからエネルギーをもらって元気になるんじゃないかな?


帰り際、『ハッピーファザーズデイ!』 って明るく笑いながら僕に言う彼に


僕も『ハッピーファザーズデイ!』って返してあげた。
------------------------------------------------------------

テーマ=家族 - ジャンル=結婚・家庭生活

【2008/06/15 22:18】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






陰陽紋  | 美容道
180pxYinyansvg.png


土曜日がAの最終日、帰る間際になってようやく僕に日曜日のさよならパーティーへの誘いがあった。

僕はすでに用事があったので手紙とプレゼントをスタイリストのDに託した。

すると、Dから日曜日に電話があって


 『パーティー間に合わなかったから渡せてないんだ!』

だと・・・・・・・


急遽火曜日の夜に皆で集まって食事をする計画を立てた。


ベジタリアンのAのために用意したのはもちろんベジタリアンレストラン


なんだか今までのテンションが嘘のような和気藹々とした空気が流れ


本当に心の奥底から笑った・・・・・・


Aがぜったいトイレ掃除をしたがらない事や、カラーリストのDはゴミ箱のライナーを換えたがらない事など思い切り皆で笑い飛ばした。


カラーリストのDが 『ねえねえ、今日のお直しのお客さん前回もお直しに来てなかった?』


『ああ、来てたよ。今回のは完全にコミュニケーションミスだったね。 ボブにしたかったのにレイヤーをいれてしまったんだから・・・・・それでもああやって戻ってきてくださるんだから本当に大切にしなくちゃね。 ほら、僕英語の聞き取りがまだ危ない時があるんだよ。』

するとカラーリストのDが

『そういや~Aがこの前君が英語の本を大声を出して読んでいたのを見かけたって言ってたよ。』


『ああ、僕ねなんだか自分が子供みたいなしゃべり方してるようでとってもいやなときがあるんだよ。だから、あの本を書いた人みたいに話したいな~って思ってね。働き始めたときよりもちょっとはましになったけど、その分求められる会話の要素もハードルが上がったからね。』


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クレームを言われた時にごめんなさいが言えないA、プレッシャーがかかると逃げ出してしまう

Aに戦っているのは君だけじゃないんだよって、そう感じて欲しかった


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして別れ際に夜遅くまでかかって書いた手紙を手渡しながら、『つたない英語力で一生懸命手紙を書いたんだから、もしどんな事が書いてあっても誤解して取らないでね。』 って言うと

『ぜったい変に取らないわよ。』って笑ってくれた


『もっともっと沢山、こうやってみんなで集まって食事をすればよかったね。』

『そうね、とっても楽しかったわ。 シアトルについたらはがきを出すわね。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白と黒。 一見交わりがたいように見えても実際にはその境界線は曖昧であり・・・・・

勾玉のようなのでしょう。 白の中にも影があり、黒の中にも照らす光がある。

この陰陽紋のように互いの性質を偽ること無く、曖昧な部分で心を通じ合わせる。

そのほうがよっぽど物事丸く収まる場合も多いのかも知れない。


Aの存在が僕に教えてくれた事は結構大きかった。


手紙の内容ですが、最後の親父の説教が書いてありました。


師曰く、『トイレ掃除を率先してすると人望を得運気が巡って来る。』 


それから、彼女の苦手だった白髪染めの薬液反応の図解と説明文をはさんでおきました。


また美容師としてがんばって欲しいな。


------------------------------------------------------------

テーマ=楽しく働く - ジャンル=就職・お仕事

【2008/06/05 14:29】   トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑






覆水盆に返らず  | 美容道
『私、接客業にむいてないんでしょう!』



血相を変えた顔でその場を立ち去ろうとする彼女を僕は呼び止めた。


『いいから、ちょっとここへ来て座りなって・・・・・

  

なあ、あれだけ笑顔ができなかったのに、ほんとうに明るく笑う事ができるようになったじゃないか、

   それから、朝の挨拶だってできなかったのに、ちゃんと人の目を見て挨拶ができるようになっただろう・・・・・・・

それに、お客さんと朗らかに話しをしながら接客ができるようになったし、掃除だって細かいところに目が行き届くようになったじゃないか・・・・・


君は変わって行ってるんだ! 

 それを、向いてないだとか、できない!って言ってしまったら、本当に何もできなくなってしまうんだよ!


そう言うと、彼女は僕の言ってる事は理解できるってうなずいてブレイクルームを出て行った。



つい先日営業中に長電話、自分の車の移動のためにしょっちゅう私用で外出、自分の持ち場を責任感を持って行う事ができないアシスタントのMに対して 『プロ意識に欠けている』と説教をしたら、次の日にそそくさと辞めてしまったばかりだったから・・・・・・


今回のカラーリストのAが辞める件はとってもショックだった。



多分二人とも僕のせいなんだ・・・・・・



僕は説教をする以上に彼らのいいところを褒めて来た。でも1のお説教が10の褒め言葉に疑いの念を抱かせたのかもしれない・・・・。

打たれ弱い人間が多いようにも思うが、それを知ったうえできちんと対応できる自分をつくる課題は僕自身にあると思う。


以前勤めた美容院でも、アシスタントを引き止めるために夜遅くまで話をしたりした事もあるけれど、『またがんばってみます!』 と、その場は調子のいい事を言ってすぐ来なくなるなんてしょっちゅうでした。


It's no use crying over spilt milk.  

覆水盆に返らず

と、いうことわざがあります、後悔先に立たずという意味です。

土曜の朝、僕はDに 『多分僕が厳しすぎたのかもしれないが、後悔なんてしていないよ。』 とはっきり伝えた。



もし、水の中に油がいたとしたら水が入ってきた時に表面に浮かぶ油が先にあふれ出てしまう

でも、もしその油が油の中にいたとしたら・・・・・・


もしかしたら深く深く沈んでいけたのかもしれません。


なんだかさみしいけど・・・・・・


水が合わないということなのでしょう。


いろいろな人が入ってきてはすぐに辞めていく中で、僕はそう考え納得する事にしました。


スタイリストのランクアップ後一時的に少しダウンした業績も、現在順調に伸びていっているので、間違った方向へは行っていないと確信しています。


彼らもいつか自分に合った場所を見つけるのだろうと思います。




------------------------------------------------------------

テーマ=働き方 - ジャンル=就職・お仕事

【2008/06/01 17:18】   トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。