Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






風見鶏  | D70
Kazamidori.jpg

風が吹くから風見鶏が動く

風見鶏は未来を予測出来るような

超能力を持っているわけじゃ無い

誰よりも敏感に風を感じ取れるだけなんだ。

その風見鶏が道行く人にこう伝えてる

『風は東から吹いているよ』

人は海風に備えて準備する
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=いろんな写真 - ジャンル=写真

【2005/12/31 16:56】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Ability beats Inteliigence  | エージェントへの道
彼は僕と同じ37歳です。その奥さんも37歳。年齢だけで比較するとまったく僕達夫婦と変わらない。彼らが子供に恵まれないという事を除いてみれば・・・。

いえ、もうひとつ相違点があった。彼の年収は2006年で1億円に届こうかというところまで来ている事です。

ひょんな事から彼と知り合うきっかけがあった。僕たちはこれからの人生を周りの誰よりも前向きに生きなければ、遅すぎた渡米のマイナスをプラスに転換する事は出来ない覚悟を持っている。

だから、彼の話に聞き入っていた・・・

それはお金ではない。精神の問題なんだ!

僕が昔アメリカに移住してきたばかりの時、3つの仕事を掛け持ちして学費を稼いだ。そして皆と違った生き方をしたかった僕は、19歳でLAに土地を買ったんだ。
変わってるだろ? 多くの若者は19歳の若さでそんな事考えもしない。何が僕にそうさせたか?

『ビッグになりたい!って気持ちさ』

それで充分なんだ。

ビッグになるって決めた瞬間に『But how?』って事になる。

思いつく事を手当たり次第やった。住宅地で一軒々扉を叩いて周り、草刈の仕事を依頼してもらえるように頼んで回った。当時一回が$5の仕事さ。

今考えるとそんなに率のいい仕事じゃない。だけど、僕は一生懸命やった。

いいかい、この言葉を君に今プレゼントするよ。

『Ability beats Inteliigence.』

これは僕の母親に教えてもらった言葉なんだ。どれほど頭の良い奴だって、『エクスキューズミー』って相手に駆け寄って口を開かなきゃ始まらない。って事さ!

そこにプールがあって、泳ぎ方を教えてくれる本がある。
プールサイドの椅子に座ってその本を読むことで、君は泳ぎ方を学ぶ事は出来るだろう。だけど、その後は・・・

『プールに飛び込む事を恐れちゃいけないんだ。』

だって、実践から学ぶより確かなものは無いからね。

でも、これだけはよく胸にしまっておいて欲しい。
君が例えば、明日から美容院をオープンしました。そのとたんに『ブン!』なんて爆発的に波に乗るなんて期待はしないことさ。多分皆君のことを知らないから、『KOJI'S BEAUTY SALOON』って看板を掲げてもきっと最初は店の扉を開けて一歩踏み込んでみようなんて思わないだろう。『Word of mouth』これが究極のコマーシャリズムさ。君のカットが人を幸せに出来る事ができるなら少しずつ少しずつ君の元へ集まってくる。それまでは辛抱する事もある事を・・・。

その後に、お得意のエルトンジョンをカラオケでかましてみた。

そこへあるご婦人さんが僕のほうへやって来て、『エルトンジョンさん明日パーティーがあるからセットを依頼したいのやってもらえるかしら?』 先ほど名刺を差し上げて縮毛矯正の説明をしておいた方でした。

芸は身を助くって言うのはほんとやね~

これが僕の扉の叩き方。

それにしても年の瀬ギリギリに、なんとパンチの効いたマルコムX並みの演説を聞いたもんだ。やる気がみなぎって来たよ。

人を引っ張っていける人はこういう人なんだ。
------------------------------------------------------------

テーマ=モチベーション - ジャンル=就職・お仕事

【2005/12/31 16:33】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






2005年を振り返って  | アメリカ移住
Build.jpg


coolcuts

この項目では日々のニュースや出来事の中から僕の客観的な視点や主観的な考察も踏まえながら一筆申すというような形で綴ってきました。
特にゼロトラレンス式という教育方法を知った時は管理教育の限界を感じました。Don't cry It's just a gameの記事を書いた時は勝つ為に生まれた日本人の性を感じ、また違ったアイデアもある事の気付きを得た瞬間でもありました。和の思想と個人主義を書いたときは、本来の和の思想が武家支配の時代や帝国政策によって激しく捻じ曲げられた事の発見を得ました。そして極最近の結婚観ですが、アメリカ社会が抱える離婚→シングルマザーの増加は税政的にはマイナス面が多々あるのかも知れませんが、アメリカ人のメンタル的な基本哲学によって保護された幸福の追求を垣間見ました。

SARINA

日本にいた時に人を育成する事の難しさを噛み締めた経験もあり、しかし、育成はどのような分野の仕事いおいても必要不可欠である確信も得ていました。アメリカにわたって始めて娘と正面から向き合う事になり始めて相互コミュニケーションの大切さを思い知らされました。子育ての現場はそれを高める良い修練の場であると・・・。
日本のお父さんも子育てに関る時間が与えられ、子育てに参加できる環境が整えば縦系列のパワーバランスだけでなく相互コミュニケーションによって全て解り合いながら物事を進めていけるようになるっていう気付きを得ました。どちらにしても子供の成長は早いから、可能な限りその一瞬一瞬を瞼の下にとどめたいですね。

遠隔操作

最初に核になる考え方が成長を促すものならば、物事は黙っていてもどんどん成長を続けていくだろう。世の中が求めるものならばなんの努力無しにどんどん売れていくはず。物事は全て因果関係によって成り立っています。多くの人がよそでこれが流行ったからこれをすれば当たるよなんて二番煎じな考え方で戦略を練っています。その場合、システム販売のようにその情報の核に近い人ほど成功を得られますが、そうでない場合はただの物まねで終わってしまいますし、後発でチャンスを掴む場合もっと深いノウリッジと対策が必要になってくるでしょう。自社に合わせた変更も必要かもしれません。手に触れず自動的に将来を形作ってきた価値感やものの考え方について気付きを得た時にこのタイトルで記事を書いてきました。この一年で一番の収穫は、何と言っても封建的な社会が崩壊して民主化が進んだことが全ての核となって市場拡大がおこり近代化が始まっていること。そして組織形態も末端の人間が幸福で暮らせるようにつくりあげてきたものが強い組織力が得られていること。客層拡大や市場拡大がキーワードとなって企業が成功に導かれた例が多々ある事。狭い視野や閉ざされた市場は成功の妨げになる事などがあげられると思います。

美容道

 人種による骨格の違いや髪質の違いは食べ物や習慣、気候等さまざまな条件によって長年に渡り変化し続け、それがここアメリカの地にさまざまな条件が集中しています。 そして肌や髪のベースカラーの違いなどもたまに悪戦苦闘しながら学ぶ事は多いいし、本当にそういった意味では充実感があります。 心理面でもさまざまです。 人種によってヘアカラーの好みが違うのは、“あの人種と同じようには見られたくない、もっとこっちよりに見せたい”等の、民族間の微妙なけんせいや憧れに宗教的な縛りによっても生じているし、“ビッグヘッド”がバックグラウンドでヘアースタイルを発展させた人種と剛毛がコンプレックスだった人種ではボリューム感の感じ方も違うでしょう。できるだけ詳細を感じ取って、お客様の好みを提供できる自分でありたいと思います。

世界から見た日本

今年は僕の記憶の中にある日本と、この多国籍国家の考え方からジャッジすると?っていう視点でアナライズしてきましたが、これはあくまで日本にいた時に気がつけなかった部分をクローズアップする事で違いを認識したいという考えからです。もちろん日本にも良いところは沢山あるし、実際に仕事を始めると特にそれを感じる場面は多くなってくるかもしれないので、その辺も来年からは見て行きたいですね。

エージェントへの道

アメリカの経済界からの信用はゼロ。クレジットヒストリー無し、ポイント数値0、ウォークヒストリー無し、アメリカでの学歴無し。納税経験ゼロ。最近BANANA RIPABULICのカードをつくろうとしてカード会社に拒否された経験を持つ。この状態からできるだけ早期に経済的な独立を果たさなければなりません。その為奥さんが土地家屋取引免許取得の為に勉強を始めた事が発端でした。お金の流れが高いところから低いところへ流れる過程の中で小石に当たって跳ね返り小さな水溜りを作っている。そんな仕組みでお金が分散していく仕組みなっていることに気付きました。そこで、その流れももっと詳しく知る為にファイナンシャルプランの勉強を夫婦でする事にしました。それが当初の目的を果たす近道になると考えるからです。

2005年はまだ無職、居候の状態で終えましたが、もちろん僕たちはそこに留まる事を意図していません。経済活動の遅れを取り戻し、必ず最低限娘を立派に大学まで進める事。住居を構える事。仕事を通じて他者をサポートできるようになる事が目標です。

2006年はリアリティーへ突入するぞー









------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/30 15:05】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






和紙を梳く  | アメリカ移住
今年も早いもので残すところあとわずかになりました。

今まで日記なんて一度も書いたことの無いこの僕が
今年の3月22日にTHicker Than water//Jack Jhonson
の記事を最初書いてから9ヶ月の間ほぼ毎日のようにその日感じた事や学んだ事などを日記に書きとめてきました。


『力の限り速く走って、船から飛びこんだ場所は

海より深い

言っておくが我が友よ、奴はお前よりずっと速い

今お前が見ている世界よりももっと広い世界が

 そこにはある。 

いつかの日か君も、その事に目覚め悟る日がくるだろう』 


というジャックジョンソンの言葉に心を動かされたのは、36年間住み慣れた祖国を離れ、言葉や文化の違うアメリカについに移り住む事を決意したからなのだと思います。

たしかにこの歌のとおり、とっても深くてずっと広い世界が目の前に開けていました。

日々本を読んだり、インターネットを検索したり、TV番組の内容に反応したり、出会う人全てに興味を持ち、そこから何かを学び取ったりする行為は、まったく右も左もわからない状況であっても、手探りでこの国の事を理解し、受け入れたいという一心と、日々の不安を拭い去る為の行為だったのだろうと思います。

そんな中で、僕が尊敬できる考え方を持った方々との出会いがこのブログを通じてありました。 日々いろんな面で影響を受けながら、そして美容師免許取得のプロセスにおいても色々情報を頂き、本当に皆さんのお力添えが無ければ何時までも解決策を見出せなかったかもしれません。まだまだハードルはありますが、現在は必要なインフォメーションや書類もほぼ揃って、The Board of Barbering and Cosmetology に提出するところまでこぎつけ、あとは審査と手続きの時間と試験へ向けての努力次第というところまできました。

今だから明かしますが、まったく先の展開が見えなくなってしまった時、止めてしまおうか?って何度も思いました。

でも、物事が成樹しない理由の一番大きな要因は 

『途中で投げ出すこと!』


あきらめずやり続ければ何らかの成果は得られるはずって思うんです。 その結果を人と比較してどうのこうの考えたって、人それぞれ出発地点で違うっていう事もアメリカに来て、日本にいた時以上に感じていますからね。

自分の力でやりぬき、1cmでも2cmでも前へ進めた事が自分の『誇り』となり、それが大きな財産になるのだと思います。
逆を言えば、現在持っているものがどれほど高価なものでも、人から貰ったものだったり、生まれつきのものである事なら、努力して勝ち取ったものほどの感動は無いという事だろうと思います。

去年の11月に本来の計画よりも1年遅れでビザの申請が受理されてから始まった渡米プロセスですが・・・

この一年はまさに和紙を梳くような1年でした。

何から手を付けて良いか解らないから、手当たり次第情報を収集してその中で必要と思われるものから形にしていき、そしてそれが積み重なっていきやっと形が見えて来たような気がします。
本年度中は皆さん応援して下さって本当にありがとうございました。 

来年は将棋の駒を一手進める事ができるように頑張りたいと思いますのでこれからもよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/30 11:55】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






霧の幻想  | D70
Kiri.jpg

ある霧の深い夜でした・・・

目の前にあるものがよく見えなくて、

一瞬道に迷ってしまったかと思いました。

『引き返そうか?』とも考えましたが

どっちの方向へ帰っていいものかも解からず

そのまま真っ直ぐ歩き続けました。

霧が晴れてきて、見上げた景色の中に

ヤシの木は相変わらず同じ場所に立っていて

方向感覚を失いかけていた僕にまた、

進むべき道を示してくれました。

この深い霧がなかったら・・・

もしかしたら、歩くのを止めていたかもしれない。

そんな風にも思った。
------------------------------------------------------------

テーマ=いろんな写真 - ジャンル=写真

【2005/12/29 12:43】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






アプレンティシップ プログラム詳細  | 美容道
先日、近所のULTRAっていう美容材料屋さんで情報を得たアプレンティシップ プログラムですが、詳細がわかって来ましたので、ここにまとめておきます。

・まずこのプログラムの第一条件

 美容免許のトレーナーとして認定された美容師さんにスポンサーしてもらって、見習いを行う事。

*ここが重要です。もしそうで無ければ全て無駄になって、結局美容学校へ行かなくてはならなくなります。

・プリアプレンティス

 試し機関のようなもの。39時間持ってみて、お互いに納得できればアプレンティスプログラムをスタートさせます。


・申し込み
 
 申込書を記入して、$25を支払ってカリフォルニアコスメトロジストボーダーに登録します。

・賃金
 
 本人同士の契約により賃金が設定されます。

・期間
 
 フルタイム=32h/week

2年間

・条件

 スポンサーが貴方にとって必要なトレーニングカリキュラムを支持した場合は必ず参加する義務があります。

 
これを終えると受験資格が得られるという事になります。


この内容の裏取りをする為に、サンディエゴでこの資格を持っていると人づてに聞いた人に電話をかけてみましたが、実際にはその方は資格を持っていなくて、そればかりか

『カリフォルニア州において、このプログラムで美容師になろうとすると莫大な時間がかかるからお勧めできないとまで言われた。』

その他多くの方から、カリフォルニア州の美容師免許を取得するのは3ヶ月から6ヶ月が必要と聞いている。

書類をそろえて審査会社に送って2週間

その結果が降りて、受験申し込みをしてから、州の手続きが3ヶ月以上かかるうえに、時々書類をなくされてしまうので、必ずコピーを送るようにと教えられた。

カリフォルニアの美容師免許取得が難しいのはカリフォルニア州がメキシコとの国境が近いから手続きを難しくしてあるっていうのもあるけれど、公務員がプロフェッショナルでないというのが一番の原因のようです。

僕はアプレンティシップ プログラムを選択肢から外しました。

------------------------------------------------------------

テーマ=美容のお仕事 - ジャンル=就職・お仕事

【2005/12/29 10:12】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Classics  | D70
classics.jpg


 君がお金が有り余って

 なんでも買えるとしたら

 どんな車が欲しいかい?

“American Classics"

 車種は何だい?

“解らない、まだ調べてないんです”

 明確にイメージできるようになったらいいね

------------------------------------------------------------

テーマ=いろんな写真 - ジャンル=写真

【2005/12/28 19:46】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






DIME  | エージェントへの道
Ocian-view.jpg

37歳渡米生活はゼロ型のスタートという事で、僕達はアメリカ合衆国でのファイナンシャル面での信用をいち早く獲得して、生活の基盤を構築したいと考えています。

そこで先日知り合ったエドにファイナンシャルプランのアナライズを依頼して、それと同時に自分達も学ぶ事にした。

朝10時に彼のオフィスを訪れた。

現状把握と、夢の確認、娘の養育費、学費、住宅ローン、車・・・

色々な項目が確認され、そして現状の把握をもっと掘り下げる為に

D・I・M・E の計算が行われた。


=Debt      借金

=Income    収入

=Mortgage  住宅ローン

=Education 学費

昔から借金は極力しないようにして、貯金のパーセンテージを上げる努力を積んできたので、バランスは悪く無いのですが・・・

ショックだった・・・

『旦那さんの収入は(帳簿上では)ゼロですね。でもお子さんをプリスクールへ行かせる費用が浮いているから、収入は$500ってところでしょうか?』

彼はただ、現実を確認する作業を進めているだけなので、当然の流れなのですが、日本男児が収入がゼロって言われた日には・・・・。

その後リッキーと待ち合わせて、サンディエゴの一等地ロホイヤにある奥さんの会社のビルへ進入した。ココで働いているのはVIPばかりで一ヶ月のバケーションを取っているので、オフィスは閑散としていた。奥さんも2週間のバケーションの途中ですがメールをチェックしに来て欲しいと言われているのです。

それから、徒歩で5分も歩けば有名なロホイヤの海岸線なので、皆でそこまで歩いていって、美しい景色を満喫した。 ペリカンとアシカがのんきに波打ち際に休んでいて、カモメが楽しそうにとびかっている。

ユダヤ人の冬の祭り『ハニカ』で町は賑わっていた。

『ハッピー・ハニカ~!』車の中から笑顔で手を振るユダヤ人達

海岸沿いのオーシャンビューを望む家々をうっとり眺めた。

家に帰ってからすぐ奥さんと二人で、美容試験に提出する書類を全部英訳した。
------------------------------------------------------------

テーマ=ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル=ファイナンス

【2005/12/28 19:18】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






結婚観  | coolcuts
YesMria.jpg

22日KIDSクリスマスパーティーから始まって、連日連夜のパーティー三昧。

昨日はマニーの実家で開かれるクリスマスパーティーへ行く事になり、食事をしてさりながまたプレゼントをもらってご機嫌。

締めくくりは2人の娘が来年結婚する事が決まっているおじさんが

『娘の挙式の費用で貧乏になる我が家へ募金をお願いしま~す。』

と、言ってダンボールを持っておどけて見せ、みんな大笑いした。

『おじさんこんなところでやらずに、スーパーの駐車場入り口に立ってやりなよ!ヘルプミーってプラカード付けて』

『明日から早速始めよう。ワッハッハッハッ!』

先日のプロポーズの話に出てきたキャッシーと一番上のお姉さんジャネットも再婚する事が決まっている。

ジャネットには5歳になる男の子がいて、再婚相手は6歳の女の子と一緒に昨日のパーティーに顔を出していた。

そして、20歳のクリスティーヌは母親が再婚したので、居場所を失っていつもこのファミリーの集まりに顔を出すようになった。

奥側の席に座ってみんなから慕われているアンティーエイミーはずいぶん遅くに結婚をしたが、結婚相手が重婚だった事が発覚して、今は独り身。

“フィリピンは離婚が無いんです”

厳格なクリスチャ二ティーの考えの下では、離婚をしてはいけない事になっています。

これを皆さんどう思われますか?
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=結婚 - ジャンル=結婚・家庭生活

【2005/12/27 12:41】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






クリスマススペシャル 今日のビデオ  | MUSIC
Christina Aguilera - Merry Christmas Baby



ラストもこの方に飾っていただきます!

ブルースなクリスマスを!
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2005/12/26 15:46】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






弾圧されても弾圧されても  | D70
YES.jpg


この日、生を受けたのは

弾圧されても

弾圧されても

民衆の中から消える事の無かった

希望の光

そこには天地創造の神の下で

人々はみな平等という考えがあった

何故なら人間はアダムとイブという

2人の男女から始まった罪深い生き物

人間は何故、線引きを止めないのか?

何故、憎しみ合う事を止めないのか?

世の中に完璧な人間なんて一人もいないのに

誰もそれを認めようとしないんだ。

待ちきれなくてラッピングを破り始める子供は笑って許せるのに・・・

子供達の笑顔が家中に満ち溢れる

この夜の想いが全ての子供達の心の中に永遠に生き続けて欲しい・・・
------------------------------------------------------------

テーマ=いろんな写真 - ジャンル=写真

【2005/12/26 15:22】   トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑






クリスマス・イブの悲劇  | アメリカ移住
Crush.jpg

クリスマス・イヴの夜、イルミネーションを見に行った帰り道、

あたりは深い霧に包まれていました・・・・

BOULVARDのネオンをくぐって先へ進むと、急にサイレンを高らかに鳴らし、
数台のパトカーが僕達の車を追い越して行きました。

SDP.jpg





→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/26 02:36】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






クリスマススペシャル 今日のビデオ  | MUSIC
Christina Aguilera - The Christmas Song



僕の思い出の家と共に・・・

        胸に響く歌・・・

------------------------------------------------------------

テーマ=懐かしい音楽 - ジャンル=音楽

【2005/12/25 17:18】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






サンタのガラガラ戸  | coolcuts
entrance.jpg

ある日のクリスマス

それはまだ、僕がサンタクロースを心のそこから信じていたある日のクリスマス

のどかな田園風景の中に一軒の古い家がありました。

僕の家族は両親が新築で建てる家が完成するまで、親戚が昔住んでいたというボロ屋で過ごしました。

その当時には珍しく五右衛門風呂で、板張りの壁、隙間風が吹いて、冬になればものすごく寒かったのを覚えています。

だけど、僕達が外から遊んで帰って来ると、お母さんが台所で作っている晩御飯のにおいが家の隙間からプンプン匂ってきて、急に足早になってガラガラ戸を開いたのをよく覚えています。

『ただいま~!』と、大声で叫ぶと台所の方から

『お帰り、あんた達、はおよう手を洗いに行きんさい』

その日もいつもと変わらないおかあさんの声。

『わぁ~鳥の足だぁ~!』

家ではめったにお目見えしない鳥のもも肉は僕達にとってご馳走でした。

そして、シチュウは僕の大好物

結して豪華ではないけれどクリスマスケーキもちゃんと置いてあった。

だけど、時代は高度成長期、深夜近くまで働くお父さんは今日も残業で一緒に食事をする事なく、とうとう僕たちがお布団に入って眠る時間になった。

お母さんが戸締りをするのを子供達全員が側にくっついて回った。

いつもはガラガラ戸をピシャ!と締めて鍵をかけて寝るのに、母さんは10cmも隙間を開けたままだった。

『お母さん、ちゃんと鍵をかけとかんと泥棒さんが入るよ!』

子供達が叫ぶ声をやり過ごして、お母ちさんは僕達にこう言った。

『この家の煙突が小さすぎるじゃろ、じゃけえサンタさんが煙突からは入って来れんのんよ。今日はちょっと隙間をあけとくの。そしたらサンタさんがココから入ってこれるじゃろ・・・』

子供達はお母さんのその言葉に納得して眠りに付いた・・・

そのあくる朝、枕元にどんなプレゼントが置いてあったかは、もう相当昔の話なので思い出せませんが、母親が僕達のサンタさんを信じる気持ちを大切に思い、幼かった子供達についてくれたやさしいうそを、今でも時々思い出しては笑顔になります・・・。

今はもう取り壊されたあのボロ家、田園風景も高速道路のインターチェンジへと姿を変えました・・・

どんなに遠くに離れて暮らしていても、どんなに記憶が古く色あせていったとしても、どれほど電飾が豪華に飾られた家を眺めても、僕のクリスマス・スピリットは今でもそのボロ屋のあった場所に生きつづけるでしょう。

いつまでも・・・


------------------------------------------------------------

テーマ=大事な気持ち - ジャンル=心と身体

【2005/12/25 17:10】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






イルミネーション  | アメリカ移住
クリスマスと言えばイルミネーション。今日は旧チュラビスタ地区とポイントロマのイルミネーションの名所に行ってきました。

05Xmas1.jpg


チュラビスタのWhitoney st. はもう20年以上前から通称キャンディーケイン通りっていうニックネームが付くほどクリスマスのイルミネーションの名所になっている。おそらくとおりの中腹にあるこのお宅がご近所さんに影響したのでは?って思うくらい立派な三角イルミネーションがあった。



→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/25 17:00】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






クリスマススペシャル 今日のビデオ  | MUSIC
Faith Hill Where are you Christmas



彼女の歌声に鳥肌ものです。
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2005/12/25 02:10】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






クリスマス・イヴ・イヴ  | アメリカ移住
Ive.jpg

今日はクリスマス・イヴ・イヴ、ノースカウンティーに住む義理の弟ジョーの家族が24日と25日は奥さんの実家の方で過ごすからという事で、レイジング家は23日に家族の集いを持つ事にした。アマンダとマドリンが着ているカワイイドレスを見て、さりなが『ドレスが着た~い』と言い出した。
そんな事考え付かなかった僕達が困っていると、義理の妹エヴォレンが『さりなのも買っておいたよ』ってこのドレスを差し出した。ドレスを着せてあげると、さりなは大喜びではしゃぎまわっていた。
Rick.jpg

そこへリッキーがやって来た。ESLグループで知り合った香港人の男の子なのですが、両親妹共に香港にいて、アメリカには身寄りが無いので、クリスマスにこの家の主がおじいちゃんお婆ちゃんの家へ行っている間に、日本に家族を置いて来ている友人達も集めてクリスマスパーティーを画策していましたが、さすがにクリスマスは集まりが悪くパーティーは断念、変わりにレイジング家のイヴパーティーに来てもらったと言う訳。アメリカで家族無くクリスマスを過ごす気持ちが僕にも少しずつ解ってきたからね。
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/25 01:48】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






クリスマススペシャル 今日のビデオ  | MUSIC
OZZY and JESSICA



ヘビーメタルのさきがけOZZYもなかなかいい味を出すようになりましたね。
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2005/12/24 08:36】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






マイクおじさんからの贈り物  | SARINA
Kids-Party.gif

昨日はマイクおじさんがKids達とクリスマスを祝う会を開いた。

パーティーがあるといつもピエロのように振舞って皆を楽しませるマイクに子供たちは皆なついているんです。

子供たちを連れて親達がどんどん僕達の家へ押し寄せて来ます。

マニーが作ったアドボ(醤油味の肉の煮込み)を皆で食べて、誰かが持ってきたフルーツの盛り合わせを食べた。マイクはまだ来ない。

子供たちをマイクに預けて、お父さんお母さんはお出かけしてもいいよナイトでもあったのですが、皆これぐらいの事予想が付いていたらしい。

マイクは僕の結婚式で写真係をしてくれたんですが、キャロリンも僕達の結婚式の開始時間を1時間早く伝えて、オンタイムに来させたっていうから筋金入り。

やっとマイクが現れた。彼は子供たちの為に映画鑑賞会を企画してくれたらしくって、次々に機材が運び込まれた。

僕はスクリーンを組み立て、スティーブはプロジェクターの配線を担当した。

あれ?DVDが映せない。どうやら焼いたDVDは我が家のプレイヤーでは無理なよう。2階にあるやつに付け替えて、ポータブルDVDプレイヤーを持ってきて、よその家のDVDを借りて来てっと・・・・。

KIDS達は待ちきれないのとお腹がすいたのとで収集が付かなくなって来た。

シンディーがピザを注文しよう!と言い出した。

そしてピザを待っている間に、先にプレゼント交換をはじめる事にした。
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=パパ育児日記。 - ジャンル=育児

【2005/12/24 03:39】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






エルトンジョンついに結婚!  | アメリカ移住
uicz-1072.jpg

エルトン・ジョン、12/21に結婚!

以前から10年以上交際しているボーイフレンドと“結婚”する意志を明らかにしていたエルトン・ジョンが、12/5より同性カップルの市民権がイングランドで合法となるのを機に英国で市民婚をすると発表した。挙式は今年のクリスマスが濃厚とのこと。ちなみにエルトン57歳、お相手のカナダ人男性、デヴィッド・ファーニッシュ氏は42歳。同性であるだけでなく、15歳の年の差カップルとなる。エルトンは'96年に発売したビデオ「TANTRUMS AND TIARAS」で、自ら同性愛者であることを告白しているが、この模様をホームビデオで撮影していたのがお相手の彼だったそう。ちなみにエルトンは、'84年にドイツ人女性と結婚。4年後に離婚をしている。今度こそお幸せに! なお、彼はアメリカ独立記念日の7/4にエイズ・チャリティ・コンサート「Philadelphia Freedom Concert & Ball」を主催し、ブライアン・アダムスらと出演するそう。

【提供】Walkerplus


結婚を子供を生み育てるという枠で仕切ってしまえば、こんな事はありえない話なってしまいますが、だけど、近年の定年後の夫婦に見られる離婚増は、やはり夫婦の心の絆の大切さが浮き彫りにされているのではないでしょうか? 残りの余生を誰と寄り添い終えたいか?って考えた時、自分のだんなでは無かったっていうのはとっても悲しい事ですよね。生活は人と人が営むもの、心が通い合う間柄なら、もはや性差など関係なくして支えあって生きていきましょうという事なのでしょうか?

自分の気持ちに正直に生きる事を決めたエルトンジョンに乾杯!
------------------------------------------------------------

テーマ=モノの見方、考え方。 - ジャンル=心と身体

【2005/12/24 03:16】   トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑






クリスマススピリットとバージニア  | アメリカ移住
これはあまりにも有名なサン新聞の社説です。

きしゃさま

あたしは、八つです。

あたしの友だちに、「サンタクロースなんていないんだ。」っていって

いる子がいます。

パパにきいてみたら、

「サンしんぶんに、といあわせてごらん。

しんぶんしゃで、サンタクロースがいるという なら、

そりゃもう、たしかにいるんだろうよ。」

と、いいました。ですから、おねがいです。 おしえてください。

サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?

                   バージニア=オハンロン

          ニューヨーク市西九五丁目一一五番地

→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/23 12:17】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






クリスマススペシャル  | アメリカ移住
Christmas Lightings

ただ一言、気合が入っています。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/23 06:35】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






フェアネス  | 世界から見た日本
Golf-Course.jpg

今日は夕暮れ近くになってで溜まったチェックを銀行で手続きをする為に娘と2人が銀行へ行くがてら、車でドライブに出た。

ワシントンミュートラルへ行って、娘がフレンチポテトが食べたいと言い出したのでマクドナルドを探したけどなかなか見つからなかった。

ウエンディーズを見つけてここで良い?ってさりなに聞いたら

『うんいいよ。』って言ったので久しぶりにウエンディーズに行く事にした。

ウエンディーズのチリチーズ+オニオンが大好物だった。

18歳の頃・・・

片道30分走って米軍基地のゲートをくぐり

朝6時から夜12時まで一生懸命働いた。

ぜんぜん辛くなかった。

叶えたい夢があったから・・・

美容院で働くようになった時、世の中が不公平に写った。

そして一生懸命貯めた貯金が経った一年の間に生活費へと消えた。

落胆したが、また頑張ってお金を貯めた。

長い道のりだったよ・・・

向かい合っておいしそうにハンバーガーを食べる娘に聞かせてあげたかった・・・

『まだ早いな・・・』

そんな事考えているなんて年を取った証拠かも?

煙たがられる前にセンチメンタルは止めておこう。

そんな気分も束の間、

『お父さん、うんこに行きたい』

『え?』(こんな事ならお持ち帰りにしておけば良かった)

全てキッズミールの中に詰め込んで、彼女をトイレへ連れて行った。

もう席に戻るのは止めて車で食べることにした。

そして、夕暮れ真近なイーストレイクの街を車でクルーズした。

道路べりにゴルフコースが広がった・・・

住宅地のど真ん中に池と鴨の群れ

『きれいだな~』

車を路肩に止めて娘と一緒に写真を撮った。

今日のお客さんが話していたゴルフ場はこれかな?

サンディエゴは何年か前までタイガーウッズを指導した日本人のゴルファーがいて、小さい子供から大人までゴルフが盛んに行われているらしい。もう、何人ものお母さんにゴルフ教室へ行かせているという話を聞いた。

$10以下だってこのコースを周るの、いったい日本のおじさんたちは何にあんなにお金を払っているのかな?オーナーさん達がゴルフの会員権を買いあさる金があれば少しでも従業員に還元出来るのに、そんな使い方しか考え付かないからぼられるのでは?

チェックを換金した時にもお金の価値について考えた。

これだけの時間でこの金額が作れるなんて・・・

本当に技術を買ってもらっているって感覚が心地よい。

チップっていう制度も良いですね、仕事の結果がわかりやすくて。

食費はクーポンを最大限に活用すれば6割引で買える。

学歴があればあるほど良い金額提示が当然の世界。

もちろん時は金なり

経験があればあるほど待遇も良くなっていく。

資格は全てお金に変わる

技術は磨けば磨くほど良いパーセンテージのオファーが得られる。

どれも無ければその逆

厳しいようでやさしいシステム。

フェアネス(公平)

頑張れば報われる。


→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=給与事情 - ジャンル=就職・お仕事

【2005/12/22 16:30】   トラックバック(0) | コメント(7) | Top↑






クリスマススペシャル 今日のビデオ  | MUSIC
Baby It's Cold Outside


こちらはNick & Jessica's のBaby It's Cold Outsaideです。elfのZooey Deschanelの歌声の方が数段聞き心地がよろしいですが、elfバージョンは見つかりませんでした。

ちなみに、このニックとジェシカのお二人、現在は離婚してそれぞれの道を歩んでおられるそうです、仲が良さそうなのに残念。
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2005/12/22 07:22】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






elf  | シネマ
poster_final.jpg

クリスマスと言えば親子ぜひ観て頂きたいこの作品。

elf
あるクリスマスの日、誤って一人の赤ちゃんがサンタのプレゼントの袋の中にもぐりこんでしまいます。

サンタはそれを知らずに赤ちゃんをそのままノースポールへ連れ帰り、赤ちゃんは結局そのままエルフに育てられることになります。

バディーと名づけられたその子供はすくすくと育って、他のエルフ達の3倍の背丈になった時、自分は他の子供達と違いすぎることに気がつきました。

そして、育ての親から衝撃的な事実を知る事になるのです。彼は人間で、父親はNYのエンパイヤービルディングで働いている。

彼は父親に会うためにNYへ向かいます、そこでバディーが繰り広げる痛快コメディー!!バディー役、サタデーナイトライブでおなじみのWillがめちゃめちゃわらかしてくれます。

サリナとマドリンのお気に入りのシーンは彼女達が“ネイキッドシーン”と呼ぶ、早朝のシャワールームでシャワーを浴びるZooey扮するジョビーが名曲“Baby it's cold out side”をバディーと美しいハーモニーで歌うシーンです。

失われたクリスマススピリットが蘇ったとき、NYのセントラルパークで奇跡が起こります。

子供達の心を幸せにすつる瞬間があるなら、思いっきりお父さんお母さん、頑張って演技して信じさせてあげましょう!!!

elf公式ホームページ塗り絵遊びやゲームのコーナーもありますよ。


------------------------------------------------------------

テーマ=DVDで見た映画 - ジャンル=映画

【2005/12/22 07:13】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






クリスマススペシャル 今日のビデオ  | MUSIC


GREEN DAY のクリスマスライブ秘蔵映像

ちょっとえぐいです。
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2005/12/21 13:42】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






クリスマスツリーは強い生命力の象徴  | アメリカ移住
Christmas-Tree.jpg

古来ヨーロッパでは、モミの木を船材としていたとあり、ネプチューン(海神)に捧げたと記されています。特に、ゲルマン民族にとっては、寒さの支配する冬の北欧にあっては、希望堅実のシンボルだったのです。

 また、ドイツ民族は樅の枝を、家々の戸口に貼り付け、日本のヒイラギの風習の如く、”悪霊除け”としての慣習が今でも続いているといいます。
 
 そして、ドイツ山岳地域の伝説からは、樅の木に、卵をぶら下げ、花で飾り、ろうそくに火を灯して、躍りながらこの木の周りを周回する祭があり、これは樅の木に住む小人が、村を守り幸福をもたらすとのことでした。この伝説の小人は、やがて現われたサンタクロースの誕生の原型でもあると言います。

 さらに、8世紀、当時のドイツには、古代ケルト族のドルイド教団員(その構成員は、僧、妖術師、詩人、裁判官など)がいて、オーク(木)を崇拝して、幼児の生贄(いけにえ)を捧げて祭礼としていました。伝説ですが、イングランドの伝道者である、ボニファティウスが、阻止しようとして、オークを切り倒しました。そのとき、一本のモミの若木の奇跡が起こりました。それ以降、ドイツではモミの木をクリスマスに植えるようになったと、言い伝えにあります。
 また、16世紀には、マルチン・ルターがクリスマスイブでの教会からの帰り道、鬱蒼とする森の中で、木々の枝の合間からま、無数の煌(きら)めく星を、垣間見ました。そのあまりの美しさに、ルターは、子供たちのために、家の中に樅の木を飾り、火を灯したろうそくを枝から下げて、星にみたてました。クリスマスツリーが一般的になったのは、この頃からと言われています。

 なおこの習慣は、移民によって、19世紀初め、アメリカへ伝えらたのです。 さらに、イギリスのビクトリア女王の夫君であるアルバート公は、1841年、ウィンザー宮でクリスマスツリーを飾り付けたといいます。これが、イギリスでのクリスマスツリーの始まりとされています。 
  
 当時ろうそくをぶら下げたツリーは引火して火事になる危険性が高く、いつでも消火できるようにバケツが側に用意されていたといいます。

 19世紀末、電話の交換機に使われる点滅する電球を見て、アメリカ電話会社の人が、樅の木にクリスマスネオンをぶら下げ、クリスマスを祝ったと言い伝えられています。それまでは、やはりろうそくをぶら下げていたのでしょう。もちろん、蝋燭そして電球は、空に煌めく星です。
 
 ツリーのトップにひときわ大きく輝く星を知らない人はいませんでしょう。東方の博士(賢者)たちを、幼子イエスの誕生の星であり、イエスへと導く星です。

ツリーには必ず常緑樹を使います。この『常緑』、つまり強い生命力をもって一年中、葉を茂らせる緑の姿は永遠をあらわし、さらに神の永遠の愛や、イエス・キリストが与える永遠の命を象徴しています。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/21 13:34】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






THE CHRISTMAS SHOES (続編)  | シネマ
今日は日系ハーフの奥様のお宅へ、一世のお母さんとお二人のカラーカットをする為にお邪魔しました。

お母さんは髪の毛が薄くてボリュームが出ない事を悩まれてましたが、僕はこう言いました。

『お母様、お母様の髪は結して少なくないですよ、どちらかと言えば多いくらいです。少しコシが弱くて根元が潰れてしまうからボリュームが出ないだけなんです。重力が下へ引っ張る力を積み上げる力に変えてあげればもっとボリュームが出ますよ。

って言ってお母様のフェイスシェイプにぴったり来るウエートポイントで顎ボブを作って差し上げました。

『髪の量が3倍になったよ!』って喜ばれました。

それから打ち解けて、お母様の昔話になりました。佐世保時代空襲にあった事、や食べ物が無くて困ったこと・・・

しばらくして国に帰ったら、町の面影がすっかり無くなってものすごく寂しい思いをした事・・・

そして、お嬢さんとの会話になって、 『THE CHRISTMAS SHOES』の話でもりあがりました。(ちょっと調べておくとすぐこういう場面で役に立つんですよね~)

『貴方映画は観たの? あれは本当にあった話なのよ~。男の子のお母さんは病気になる前はダンサーだったの・・・・・
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=洋画 - ジャンル=映画

【2005/12/20 17:36】   トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑






クリスマススペシャル 今日のビデオ  | MUSIC
Merry Christmas Happy Holiday!


この幸せそうな顔を見てやってください!

クリスマスはまだまだ盛り上がりますよ~!!
------------------------------------------------------------

テーマ=クリスマスを彩る - ジャンル=音楽

【2005/12/20 17:35】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






17歳  | アメリカ移住
作文の宿題を頂いたので・・・

僕の17歳

今年初めてアメリカでのクリスマスを迎えられる事は大変嬉しい事だなってつくづく感じています。

17歳の高校生の時に洋画と洋楽好きで

NYかぶれの佐野元春の大ファンだった女の子と恋をして、バンドでアメリカンハードロックを歌っていた。

そして、毎日の当番だった風呂焚きで

隣のちっぽけな美容院から釜焚き用に貰ってくる美容雑誌に魅せられて
いつか外国で美容師をするぞ~!と決意した。

17歳の若造にはいったいどうしたら海外へ行けるのか?
訳もわからないままの決断でしたが、この夢はなんとも言えない生きがいを僕に与えました。その希望があったからこそ貧乏でも、師弟制度の厳しい訓練や手荒れに苦しんでも将来に希望を失いかけても、一瞬一瞬を前向きに生きて来れました。

全ては17歳の時のあの夢が僕の灯台となってココへ導いたのだと思います。

あの頃に遣り残した事と言えば、英語と科学の勉強です。これをもっと真剣に勉強していれば、僕は多分言葉に何不自由無く、僕のお気に入りの薬剤を調合していただろうし、草木だけでお客様の髪を染める事もまったくコネクションゼロのアメリカでも単独でやってのけたでしょう。諦めてないけどね。

だから、もし僕が今17歳に戻れるとしたら、まずアメリカへ留学したいな、そしてそこで科学の勉強を一生懸命する。

それから、20年もかけないで、1995年までに渡米をして5年間で仕事を安定させて、2000年から不動産投資を始める。なんて構想、今だから思いつくんですよね~。あの頃はガキでした。

でも、今日行ったご家庭で

『貴方のような美容師さんだったら、きっといつかミリオンダラーの家に住んでジャガーを乗り回すのも夢じゃないわよ!』

なんてお世辞にも言われちゃって、その気になっているcoolcutsです。

本当に単細胞、馬鹿、単純。

そんな人の自尊心を高めたり、希望を与えてくれるセリフをサラって言える人々が住むこの国が好き。

だいたい、なんの根拠も無い事でも自分の力を信じるって重要な事だと思う。

37歳、渡米人生! 自分の力が信じられなければやってられないって!

ところで本日無事に美容師免許の英文翻訳をした書類が届きました。
17歳の夢の完成が近づいてるぞ~

今日は自分自身の為に メリークリスマス!
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/12/20 15:48】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。