Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






オチョ!オチョ!  | アメリカ移住
ocho.gif

これがフィリピン文化の中でもっとも新しいダンス

『オチョ!オチョ!』の構えです。
この姿勢から腰を前後ろにヒクッ!ヒクッ!動かすんです。

 この腰の動きは、下手をすると教育委員会にかけられてしまいそうなくらい怪しげです。最初に見た時はブラジルの『ぺタぺタ』っていうサンバの踊りを見た時と同じ衝撃を受けました。

 確かに仕掛けたミュージシャンはセクシャルな含みを狙っています。
オチョは8の意味で8の字に腰を動かす事を表現しているのですが・・・

 1+1=2、2+2=4、4+4=オチョ!オチョ!と足し算を教える歌になってしまったものだから子供達の間でかなりブレイクしました。

 今日では、若者から小さな子供までがこぞって踊っています。子供が無邪気なままにこの動きをする違和感が大人たちにかわいく見えて、笑い声が方々から上がる。

 たぶん一番盛り上がっていると思う。

というように伝統を伝えるフェスティバルも楽しむためならかなり柔軟に出来上がっているみたい。この寛容さが、地元の若者が積極的に、祭りに関りたくなる要因かな? と思ってみたりする。

僕の地元は盆踊りも祭りも無くなりつつあります。若者や子供達の興味を引かなくなっているからなんでしょうね。

伝統芸だけがメインでは無く、ダンスコンテスト、ビューティーコンテスト、カラオケコンテスト、パレードコンテスト、ビーチバレー大会等のさまざまな要素を複合して集客している事が、いつまでも祭りを繁栄させる要因だと思います。

 どの道プレスリーが腰をフリ初めて以降

         若者達の腰は止まら無い!

写真をもう少し↓
→ more・・
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/07/31 16:55】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






民族の伝統演芸  | アメリカ移住
banboo.gif

フェスティバルの花は何と言ってもパレードコンテストと、ミスDELANOそしてトラディショナルダンスのショー
banboo2.gif

こんな芸術的なバンブーダンスは初めて見ました。モズラムと中華そしてスペインのインフルエンスを感じます。ラブストーリーがフットステップとともに奏でられます。
Moz.gif

 祭りが保存され、若者が参加する事で子から孫へ、孫から子へ民族の
伝統演芸は語り伝えられていきます。
SP.gif

この伝統を伝える作業が、リスペクトを作り上げ、民族内の社会活動を円滑にしていきます。


------------------------------------------------------------
【2005/07/31 16:22】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






BAKERSFIELD  | 食道楽
Bakers-Field.gif

 朝九時にホテルを出てベイカーズフィールドへ到着!内陸部にあるこの地は、フルーツの産地として有名なのだそうです。60年代にアルトロ爺さんがこの地を訪れた頃にはまだ数軒の家しかなく見渡す限り、荒れた土地だったらしい。
Vine.gif

今はロサンジェルスの近郊の町の中で急激に成長しつつある都市の一つだそうです。ほんとか嘘か?ここの人口の90%がフィリピン人なのだそうです。だから、このフィリピンウイークはかなりにぎわっていました。公園に着くと親戚が木陰に場所を確保しておいてくれたので、40度を超える暑さも心地よく過ごせました。
Grape.gif

ここは、ナパのように、葡萄の栽培が盛んで、獲れたてほやほや出荷前の葡萄がたらふく食べれる。種が無くとってもクランチ~なのです。
枝がまだ緑でしょ。むちゃくちゃおいしいです。
------------------------------------------------------------
【2005/07/31 15:36】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






レイジングファミリー大移動!  | アメリカ移住
DELANOでフィリピーノフェスタが開催されるというので僕と奥ちゃま、そしてマニー、エヴォレン、アルトロ爺さん、アナ、ローレン、ドミニーク、サリナ、マドリンの大所帯でフリーウエー大移動!

5.gif

金曜日の夜サンディエゴからLAを通り抜けて、北へ北へ
5,2.gif


夜7時にチュラビスタを出て、夜の12時に現地到着
5時間もの長旅の末、疲れきった体を休めるために本日の宿へ。

CAT.gif


日本をたって以来はじめて目にする猫に『おやすみ』を言いながら、ホテルの部屋へ。
------------------------------------------------------------
【2005/07/31 15:34】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ベトム戦争の舞台裏  | coolcuts


『何年ベトナムにいたんですか?』

アルトロ爺さん

『1960~1963の3年間だ。

 戦地への物資の供給部隊にいた。

 その後負傷して横須賀の医療施設へ運び込まれたんだ。』



 『アメリカ国内ではベトナム戦争をかなり複雑な思いで受け止めて

  いたようですが?』

アルトロ爺さん

 『行きたくは無かったさ・・・。皆無意味な戦争だって思っていた

  だけど、私達は戦場でイエスと言うようにプログラムされているん

  だ。上層部の命令にたいしてNO !なんて言えやしない。

  単なるベトナムの内戦だ。「アメリカ本土を攻撃されても

  いないのに何故わが国の若者たちを戦場へ送り込む必要がある?」

  と、国民は訴えていた。』

  『しかも元はといえば、フランスが始めた事だ。ベトナムの南北を

  分けてフランスとソビエトの間で緊張感が増した。ソビエトの猛威

  に自国の危機を感じたフランスがアメリカにSOSをおくってきたん

  だ。

  世論は分かれたが、当時米仏は第2次世界大戦以後の信頼関係を築い
 
  ていた。』

  『ところがだ! アメリカがベトナムへ参戦するやいなやフランス

   軍は尻尾を巻いて撤退して行ったんだよ。だから、アメリカ軍は

   ベトナム戦争にはまりこんでしまった。』

   その恐怖といったらお前さんの想像を絶するところさ。

   私達は南をサポートしていたのだが、どれが敵だか味方だかほん

   とうに見分けが付かない、いつでも敵に囲まれているような錯覚

   に襲われた。そんな状況の中で私達に下された命令は

『敵が撃ってきたら打ち返せ、確認無しでの発砲は許可しない!』

 毎日、恐怖に怯えながら戦場を進んだ。


----○----○

 これがアルトロ爺さんが見たベトナムだそうです。 

その恐怖が8年の歳月を経てアメリカ軍をどのような方向へ向かわせたか? というと、 果てしなく終わりの見えない恐怖に兵士たちの戦意喪失、薬物依存症、判断能力を失っていく軍部はやがて枯葉剤や、じゅうたん爆撃などの無差別攻撃を繰り返すに至った。

アメリカ兵(国外志願兵含む)5万8千人以上の戦死者を出し

南北ベトナム人民に至っては200万近い人が犠牲になったといわれて
  います。そして、大量に空中散布された枯葉剤の後遺症(特にダイオキシンの影響)
  が、四半世紀近くたった今でも残っています。

社会主義資本主義この2大経済の是非は、尊い人々の命を犠牲にした

しかし、実際には戦争をすることで決着をみたわけでは無いと思う。最

終的には民衆が判断を下し時代が動いていったのです。

 現代これらの悲しい記憶によって人々の教訓となっているのは、争い

あう事の愚かさであろうと思います。

思想がぶつかりあった時にどう外交を進めていくか?この事だけで、ど

れだけの人の命を救えるかを考えたら、人間達の愚かな記憶も戒めとし

て残していかなければならないだろうと、思う。

 どうりでアメリカとフランスが仲が悪いわけですよね・・・。

 
------------------------------------------------------------
【2005/07/30 00:13】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Border Patrol  | アメリカ移住
border-patrol.gif

嘘みたいな話なんですが、ソーシャルセキュリティーオフィスから帰宅しての帰り道、偶然にも白地にグリーンの帯のジープ、国境警備隊が不法入国者を逮捕した瞬間に遭遇した。

まるで、天国と地獄を見ているようです。

あれほど、移民にやさしい面を見せておきながら、

不法侵入者はまるでハイエナをおいはらうよに扱われます。


もし僕と彼が立場が逆だったらと思うとゾッとします。

チュラビスタは比較的メキシコ国境に近い街なのでこんな光景は良く見かけるらしい。 

 『彼らはアメリカ人が嫌がる仕事でも喜んで働く意思があるのに、彼らがアメリカへこれる方法は無いものなのかな?』

と妻とアルトロ爺さんが話していた。

------------------------------------------------------------
【2005/07/29 14:24】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






SOCIAL SECURITY OFFICE  | アメリカ移住
 ソーシャルセキュリティーオフィスに行ってきました。
DSC_0304.gif

 待てど暮らせど、SSN(ソーシャルセキュリィティーNo.)が届かないので、僕達は待ちきれず問い合わせに行くことにしました。

扉を開くと既に20~30人が病院の待合のようなところへ待っていた。
(メキシカンが多いな~)

受付を済ませるとオフィスの奥のほうから、アリッサが出て来て

『ウエイティングリストの最初の方に差し込んでおいたからね』と、笑って言った。

たまたま、彼女は義理の弟の知人でソーシャルセキュリティーオフィスに勤めていたので、義理の弟が手配しておいてくれたらしい。なんて利権主義の国なんでしょう?

 どうやら、職員もメキシカンが多く、スパニッシュしか話せない移民にも丁寧に対応しているようだ。

 日本にいる時、僕が妻と移民局へ出向くたびに味わったような不快感は全く無かった。

 移民局で妻は最初は決まって粗雑に扱われた、そして職業が大学の講師である事とアメリカ国籍である事が明らかになった時点で、局員の態度が一転して変わる。ファーザーフェルナンドが局員に日本語で侮辱を受けた時、『わしは、24年間も日本のキリスト教会のために貢献してきたんじゃ!お前のような若造にそんな侮辱を受ける覚えは全く無い!』と流暢な日本語で怒鳴った。それを見て初めて、外国人でも日本語がわかる人間がいるのか?と、驚いた顔で見ていたらしい。日本の移民局がポルトガル語ないしタガログ語で対応している光景を見た事が無い。 妻と知り会ってから10年以上もの歳月の中で移民局のこの対応は相変わらずで進歩無しでした。誰がどのような社会的立場なんて、正直に移民局へやって来る健全な外国人たちにしてみれば、本来関係無いはなしで、

自分達の対応ひとつひとつが日本の顔だという
自覚が欲しいところです。


そんなこんなを考えていると、もう順番が回ってきた。


『御用の向きは?』

『ソーシャルセキュリティーナンバー発行プロセスは登録されていますか?渡米2ヶ月以上になるのにまだ届かないんですが。』

『すみません登録は無いみたいです。』

『日本の米大使館で申請の手続きはだしてあるはずなんですが』

『どういうわけか、そのまま登録される場合と、されない場合があるんです。』(なんですかそれ?ってかんじでしょ?)

『そうなんですか?早速登録申請できますか?』

『はい、できますよ』

『母親の名前は、旧姓は?父親の名前は?生まれた町は?』

パスポートのコピーと、戸籍謄本のコピーを渡して
念のために日本から持ってきていた戸籍謄本で九死に一生でした。
『はい、4週間後にお宅に郵送されます。』

後に移民を考える方へ!!教訓:入国したらすぐ最寄のSSオフィスへ行って、発行プロセスが登録されているかどうか確認しましょう。  
* その時必ず出生が証明できる書類を日本語でもいいから持参しましょう。


ソーシャルセキュリティーNo. は社会活動に不可欠なのだそうです。
------------------------------------------------------------
【2005/07/29 08:15】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






摩天楼と標識  | D70
DSC_0091.gif

摩天楼がかすんで見えるときは・・・

                  道しるべを探そう!

                           チャンスは必ず到来する!

------------------------------------------------------------
【2005/07/28 17:12】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






禅語3  | 禅語
真玉泥中異
しんぎょくでいちゅうにいなり
→ more・・
------------------------------------------------------------
【2005/07/28 16:48】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Dream House  |
Dream-House.gif

インペリアルビーチで見つけたこのアールデコ調のモダンなお家
ため息をつきながら写真を撮った。
もう2億円近い値段がついているはず。そんな思いで、
『6年前に家を買っておけば良かった。』
と、アルトロ爺さんにポロっともらした瞬間に、

『There're never too late.』 いつだって遅すぎやしないさ。

爺さん僕の気持ちを察したらしく・・・、
 
アルトロがアメリカで初めて家を手に入れた日の事を話し始めた。

 スペインからアメリカに配属が決まって、サンディエゴへ流れてきた時に『自分の定住の地はここだ!』と直感したらしい。

家を手に入れる収入を作る為に一日に3つの仕事を掛け持ちした。

ネイヴィー、クラブ、ランドリー (懐かしいな~基地で働いていた頃の僕みたいだ・・・・)

チップも含めた収入で充分家が買えると確信したアルトロは、不動産屋周りを始めた。

しかし、どこへ行っても答えは同じ、

『4人も子供がいちゃ家は無理だね。』

『アナ~ク、分かるかい?私のその時の気持ちが、家が欲しい一心で朝から夜中まで働いて、働いて、「貴方には能力がありません」の一言で終わらされたんだ、私の事を知ろうともしないでね。』

 それから私は作戦を練った、土地家屋取り扱いの法律についても勉強した。

そして、覚悟を決めたんだ。・・・こうするしかないと。

家を手に入れる為なら刑務所へでも行くって覚悟をな。


 もちろん同じ不動産屋へは行かなかった、再び同じ質問がやって来たとき、『子供はいない!』って言い切ってやった。

 これがもしばれたら刑務所行きだ。 だけど、家族を定住させる家を手に入れたらそれでも良いとさえ考えていた。

 うそをつくしか方法がなかったんだ。
結局刑務所へ行く事なんて無かったがな・・・・、

   『アナ~ク、望むんだよ、夢に描くんだ!

            そうすれば必ず神様が見ている

                願いはきっと叶う日が来る』


*サンディエゴの家屋の価格上昇率は先月10%を切りました。
------------------------------------------------------------
【2005/07/28 16:29】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Do you want the Smiley Mark ?  | 遠隔操作
SMILE.jpg

 遠隔操作第5弾!直接的ではないがコントロールされているな・・・・。

と感じた事があればこのテーマの中に綴っていってます。

 今日のフレーズは
   
     『Do you want the Smiley Mark ?』
                                   です。


近所のウォールマートへちょくちょく買い物に行っててずっと違和感があったのですが・・・・。

 入り口のところへいつも2人決まって従業員が立っている。青いニコチャンマークが書いたベストを着て、それも必ずアフリカンアメリカンの年配男性と年配女性一人ずつのカップリング。

 男性のほうはリーサルウエポンでメルギブソンの相方役のような感じで、女性のほうは似ては無いけどウーピーゴールドバーグのような雰囲気をかもし出している。

毎回のようにウォールマートロゴ入りニコチャンマークのシールを、子供に貼り付けてくれるんです。

 今日は男性の人が勤務を入れ替わる時間帯に偶然遭遇した。やはり、アフリカンの大柄な男性でキャラクターがかなりかぶって見えた。

 これは狙ってますよね~絶対!


 ほんとはね、このお二人はインスペクター、つまりお買い物客が帰り際に、きちんと清算ができているかどうか確認するために配置されているんです。 ディスカウント系のショップは本当にぎりぎりの利益率で経営しているから盗品などのロスが増加すればかなりの打撃を受ける。

 ウォールマートさんの偉い所は、インスペクターのキャラクターにまで気を配っている事。イーストレイクには本当にさまざまな人種の方が家を構えていて、以前のここは○○系の住人が多い居住区なんて区分は一切無い。いろんな人種の買い物客が安さを求めてやって来る性格上、偉そうにして厳格なガードマンが立っていると威嚇されている気持ちになって、足が遠のいてしまう客層も多いはず。
 
 店内に入るなり、やさしそうなアフリカンのおじさんと、おばさんが子供達に『ニコチャンマークはいるかい?』って尋ねて来るんですよ。帰り際にインスペクトされたって、何も悪い事して無かったら全然平気ですよね。帰り際の会話だって弾んでるみたいです

 大切なのは買い物客が笑顔で入店して、笑顔で退店する事

 しかもその場だけの幸福感を考えている訳では無いと思うんです。だって、大きなアフリカンのおじちゃん、やおばさんに毎回のようにスマイルをもらった子供達がまた、ウォールマートで買い物ができる年齢になった時、お店の中で差別的扱いをされて気分を害する事なんて皆無に等しくなるでしょう? こんな社会への貢献の仕方ってのもあるんだな~?って感心させられました。 

 したがって、遠隔操作

 もう少し深読みすれば、悪い事をしようとする人間の良心に問いかけるイメージっていうのもあるのかな? あまり語りたくないトピックに入って行きそうだからちょっと控えときます。 えっ?『退職後のアフリカンの賃金が安いからじゃないか?』って、もしそうだとしても将来に繋がっていく行動は褒め称えるべきですよね。
------------------------------------------------------------
【2005/07/28 09:49】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






ちっぽけ  | D70
DSC_0202.gif

    掘っても、掘っても、突き抜けない
      
     登っても、昇っても、果てが無い

    僕らは巨大な岩の塊の上で暮らしている

       ちっぽけだよね人間って

    だけど、自然の雄大さを理解した人ほど

      大きく見えるって思わないかい?



       
------------------------------------------------------------
【2005/07/27 03:22】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






自然と色彩 Part7  | 自然界と色彩
DSC_02761.gif

アルトロ爺さんとメリーおばさんのアメリカ滞在日程が残り少なくなってきたので、孫たちの集合写真を撮ろうって事になった。
皆可愛く写ってるね~、お気づきですか? 日、英、非、アフリカ、ヒスパニックこの国際色豊かなバラエティーに。

前列左がさりな 真ん中がアマンダ  右がマドリン

後部左からローレン  真ん中がアナ  右がドミニーク

 なんともインターナショナルなカズン達でしょう? これがとっても仲良しで、それぞれがそれぞれのキュートを持っている。さりなは勝気で頑固でやさしい、アマンダは最近歩き始めたばかりで憂いを含んだ目がチャームポイント、マドリンは運動神経が活発ではっきり言葉を話す、ローレンはとってもお茶目でガーリッシュ、アナはいつも自信が無さそうにしているけど本当はしっかり者、ドミニークは本当に憎めないやんちゃ者。この写真を見ている皆さんの印象はさまざまでしょうが、アルトロ爺さんにとっては皆、彼を慕う可愛い孫たちなんです。

 僕は高校生の頃から米軍基地でバイトしていたので、日本人で日本にいながら人種差別を感じ取る経験ができた。

 そして、人種差別というテーマに対して日本にいながら考えるようになった。

 やがて、仕事の関係で色彩学を勉強した時の気づきから、この肌の色の区分がよほどばかげた事だ!という事が解った。

ただ、それだけの事なんです、人種なんて ↓

→ more・・
------------------------------------------------------------
【2005/07/27 02:49】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Money Back, if not satisfied  | 格言
『お気に召さずば代金返却いたします』
→ more・・
------------------------------------------------------------
【2005/07/27 00:29】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ちょっと言ってもいいですか?  | アメリカ移住
昨日は1日を棒にふってしまった。

 朝8時から11時の間に冷蔵庫の修理が来るから家にいてくれないか?と、マニーに頼まれたのだが、まてどくらせど修理人はやってこない

とうとう11時をまわってしまった。 マニーから様子伺いの電話がかかる。 妻がまだ来てない事を伝えると、へいぜいぜんぜん感情をあらわにしないマニーが『OH!Men That's not cool !』とプチッと切れた。彼は電気屋に電話をすると言って5分後、 『何か一つ前の仕事で手間取っているみたいだからもう少し待っていて』 とマニーから連絡が入る。辛抱強く待った。

 結局修理人がやってきたのは昼の2時。ものごしのやわらかいメキシコ人だった。何か憎みきれない感もあるのだが、遅刻した事を誤りもしないで作業を始めた。 普通の神経ではない・・・・

 マニーはサンディエゴのランドマークにもなっているマリオットホテルに勤めている。身内の僕から見てもかなり優秀なんだろうな?と思うほど、なんにつけてもクリーンで早く、出際よく、誠実。

 だから、こんな事が起こるたびに彼はかなりストレスを溜め込んでしまう。何故って、僕達を長時間待たせることもいやだから。

 マニーが珍しく苛付いているにはもうひとつ訳がある

 今日から、庭の工事が再開されるはずだった。早くしないと検査の日まで間に合わないから遅れを取り戻すために昨日僕達にわか突貫工事隊が血豆を作りながらがんばった。

 頭領に事情があるにしても若手が穴埋めに来るぐらいの責任感がってもよさそうなものだ。

 昔、僕が大好きで見ていた『プロジェクトXシリーズ』の物語が次々と浮かんできた。 闘病生活を送る奥さんの面倒を見ながら一日たりとも休まず立派に瀬戸大橋を完成させた現場監督の話。 青函トンネルを掘る工事で仲間を失い、遺影を担ぎながら完成したトンネルを歩いたリーダー。 黒部の厳しい自然と戦いながら毎朝現場の状況を真っ先にチェックして歩いた監督。 人類の医学の進歩を願い超音波診器を、周囲の反対をおしきってまで完成させたお医者さん・・・・。あげればきりが無い程の、日本の働くおじさん達の勇士に僕は惚れこんだ。

 確かに『プロジェクトX』の中に出てくる人達は、日本でも突き抜けた人達だからあれが全て日本人の姿だとは言わない。だいたい僕は凡人だ。だけど、設定時間に遅れてくる事が解っていて電話してこない修理屋なんて日本で見たことが無い。その上一切謝りもしないなんて考えられない。メキシコの頭領については、難病と戦う奥さんの世話をしてやりたい気持ちは解るし、人生のパートナーがつらい時にそばについていてあげるべきだと僕も思うけれど、工事が無事に予定通り進む段取りぐらいは取るべきではなきか?


------------------------------------------------------------
【2005/07/27 00:14】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






不死身の植物  | アメリカ移住
DSC_0256.gif


 この庭はランドスケーピングの為に1ヶ月もスプリンクラーの給水を止めているので、地面はカラッカラに乾いていた。芝生も、植物という植物は皆死滅して、本当に死んだ土地になっている。
 
 だけど、不思議な事にこいつは生きているんですよね。アロエやサボテンの一種だと思う。古くからメキシコの土地はこのような水分を蓄える性質のある植物が植えられ、水分を少しでも大地に蓄る機能を持たせた。そして火事が起きた時は、燃え広がる速度を遅くする目的もあったらしい。カリフォルニアの大地を、現在形づくっているものの中に原住民の知恵を垣間見る。世の中は支配者の知恵だけで形作られるものではないって事を思い知らされる。 50cm堀下げた所の土は水分を帯びていた。 このままほっておくと砂漠になるのかな?
------------------------------------------------------------
【2005/07/25 12:12】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






本物  | 本物
DSC_0259.gif

 久々本物を感じたので、『本物』というテーマをよみがえらせました。今日、僕達にわか突貫工事隊を仕切っていたのは写真左のおじさん、名前はエンリケおじさん 、年齢、ひ・み・つ。

 素人の僕達に的確な指示を与えながら、次から次へと作業が進んでいく。水道、ガス、電気、インターネット(庭にです)の配線が次々に組まれていく。 そして、屋根用のポールが4本立てられた。エンリケおじさんは慎重かつ正確に水平を測りながらポールを一本一本立てていきセメントを流し込む支持を出す。コンクリをこねたのは僕、コツはもんじゃ焼き(血マメが出来ました)。

アルバート

『親父は水平に関しては本当にクレイジーなんだ!水平器が届かないところでは、長いチューブに水を入れて即席で水平器を作る』


エンリケ

『太古の昔のエジプトのピラミッドを知ってるか?構造の中で、3段登ったら後は真平らって所があるんだ、それはもう真平らさ。あんな昔にものすごい知恵を持っていたものだよなぁ』

『この素材を使えば20年は錆に悩まされなくて済む、そして、このテープを使ってココをしっかりシールドしておけば、まずずっと大丈夫さ』

『おう?ちょっとドレンが甘いな、このままじゃここに水が溜まってきて、コンクリの耐久年数が下がってしまうぞ。ある日子供が乗っかった拍子に崩れて怪我でもしたら大変だ職人に伝えておこう』


『やたら釘を打ちゃいいってもんじゃない、こうやれば柱に釘一本の傷だけで支えられるだろ?考える事は尊いぞ~』



『貴方は本当にこの仕事が好きなんですね』

エンリケ

『ああ、大好きさ。キレイな庭が出来上がって、皆が楽しそうにバーベキューをする姿が思い浮かぶんだ。そう思うと完成が待ち遠しいぜ』

『そんな楽しい思いをして3日間で$800も稼げるんだぜやめられるわけが無いよ。』  
『失敗したら? やり直せばいい。何も目くじらを立てることじゃない第一、怒ってる時間だけ無駄だと思わないかい?』



今日一日エンリケおじさんに付き合って、いっぱい教わることがあった。学ぶ事があるっていうのは本当にすばらしい。学ぶことがなくなるって事はきっと一生ないんだろうな?もし、そんな気持ちになった時は心が病んでる時なのかもしれない。

 とにかく、彼の病気の妻を持つ頭領への思いやりと、自分の責任を果たそうとする『本気』に触れられて感謝です。


------------------------------------------------------------
【2005/07/25 11:21】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






HARD ROCK  | アメリカ移住
DSC_0254.gif

 一番右のへっぴり腰が僕、真ん中が義理の弟マニー、一番左はマニーの友達ロバート、そしてもう一人、ロバートのお父さんエンリケとで、マニーとエボレンの家の造園の配管工事をした。いきさつは、工事を請け負っている職人の頭領の奥さんが重い病気で、彼は今メキシコから出てこれなくなっているので、工事が1週間近くストップした状態になっている。 もともと、アルバートのお父さんエンリケの口利きで紹介を受けていたので、『アルバートとエンリケが責任を感じて日曜日にやって来て配管をしてやるよ!』って事になった。
それなら、『俺も手伝う!』 ってマニーが言うもんだから、僕はやりたかった気持ちが大噴火!と、いう感じです。

 やり始めると大変な作業ですね~これって、まず熱いのなんのって。焼け付いた土からの照り返しと湧き出る汗、その場にじっと立っているだけで倒れてしまいそうになるぐらいなのにつるはしを振り上げる。もちろんはじめての経験です。 振り上げるまでは覚えている、だけど振り下ろす前の一瞬、無重力になった時に、そう! 魂がどこかに行ってしまうんです。それから、硬い岩をピッケルで叩く、甲高い音を立てて岩が鳴る、でも岩はビクともせず砕けそうなのは僕のか細い腕、全身に振動がび~んン~~~~と伝わる。 何十回振り上げただろうか? 意識が本当に遠のき始めた頃、たしかにピッケルが岩に突き刺さった感触。目を開けるとそこには粉々に砕けたHARD ROCK

 一瞬にして苦しかった全ての記憶が吹っ飛んで
           ものすごい達成感と幸福感に満ち溢れる


 ふぁ~これやったんだ! バンドマンとしてずっとHARD ROCK MUSICってやつを歌ってたけど、開拓者の精神、開拓者の喜びが作りだす音楽やったんやなぁ~。 そりゃ表現できるわけ無いよね。味わった事無いもん。

 頑強な岩が砕け、ごろごろ転がり落ちた瞬間、男たちの心に芽生えるなんともいえない感情はやっぱり、つるはしを握ってみてはじめて解る・・・・。
まあ、ハーレーにまたがれば解るよって人も多いでしょうが。

------------------------------------------------------------
【2005/07/25 10:27】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






入道雲  | D70
DSC_0193.gif


あの巨大な入道雲だって・・・・

        ただの水蒸気の集まりさ!

     
    気流を見方につけてるんだよ

         だから空高くどんどん積みあがっていく。

    だけど忘れちゃいけない・・・

              大地が水蒸気を作り続けている事を。
------------------------------------------------------------
【2005/07/24 06:57】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






奇跡をあてにしてはいけない。  | 格言
ユダヤの諺

 『自分が望む事のできないときは、できることを望め』
→ more・・
------------------------------------------------------------
【2005/07/24 06:21】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Good And Bad  | アメリカ移住
就職へ向けてのリハビリを続けていますが、発展というとソーシャルセキュリティーナンバーが無くても、パーマネントレジデンスカード(永住権のカード)が僕の就労の権利を証明するものである事が解った。

つまり、ただ働くだけなら今すぐでも働けるという事です。

美容師免許はその後に、ながら取得すれば良い。

ただ、もう一つの内容はあまり良いものではありません。

今現在、車が一家に一台しかないので僕専用の車を一台購入する為に、方々を当たっているのですが、その過程の中で。

国際免許のみの所持の場合、自動車保険がかけられないということが解りました。
訂正:これを読んでいた方から保険は入れるという情報がありました。だけどちょっと掛け金が高いらしいです
これで優先順位がはっきりしました。

国際免許の期限は来年の春まで、と高をくくっていましたが、今すぐにでも取得を考えなければなりません。

英語のペーパーテストを合格しないといけないんですよねぇ、これが。
えっ? あっ 日本語のテストもあるんですか。親切ですね。しかも日本のような引っ掛け問題は無いらしい。DWBで教科書もらえるし、インターネットにも問題の情報がある・・・フムフム

それからドライビングスキルテスト! うひゃー! 死角の確認を忘れそう~。緊張していこう!
確認の時オ~バ~に頭を動かしてアピールすれば大丈夫だよ!これで落ちちゃった経験のある方も・・・。
もうなんか下積み時代に戻ったようだよ・・・・。
今回アドバイスを頂いた方々、どうもありがとうございました。あとは実線がんばって見ますね!

そういえば広島の美容院にいた時、一生懸命下積みをしていた奴らがもうすぐデビュー真近というニュースが入ってきた。

_DSC0032.gif

あいつらも同じ気持ちを抱えてがんばってるんだろうな。そう思えば僕もがんばらなくては、って励まされる。 お互いがんばろうな~!
------------------------------------------------------------
【2005/07/24 05:52】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






水流るる夕暮れ  | D70
DSC_0200.gif


カリフォルニアの経済を支えるのは水

水無しではこの地は無に等しい・・・・。
------------------------------------------------------------
【2005/07/23 18:53】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






自尊心  | アメリカ移住
DSC_0161.gif

今日はエヴォレンとマニーがエミネムのライブのチケットをただで手に入れたので、さりなのいとこのマドリンちゃんを僕達夫婦に預けて2人でお出かけしました。

 Mr.ビル率いる『JW TUMBLES』の2号スクールがここチュラビスタに開校するので、僕達はそのオープニングパーティーに招待されてマドリンとサリナを連れてでかけた。

エアーのジャンプルームが2基用意されていて、外ではホットドッグやジュース、そしてチップス、それからくじ引き。とっても楽しい時間が流れていきました。

フェイシャルペイントをしている子が多かったので、もしや?と思い中に入ってみると、そんなサービスまでやっていた。

早速二人を連れて列に並んだ。

途中で僕達の前にいる娘さんづれの奥さんと僕の妻が世間話を始めた。

女の子の名前はマドリン、一緒に行っていたいとこの子と同じ名前で、2週間前は過度の人見知りで、感情をストレートに出せない子供だったらしい。 結構Mr.ビルも一生懸命声かけに勤めたんだけど、なかなか結果が得られなかった。 だけど、クラスの中で毎回毎回、行われる課題と克服、そして褒める、この繰り返しを経て、次第に彼女は自分に自信がもてるようになってきました。つい2日前大勢のお母さんや子供たちの前で堂々と自己紹介をすることができるようになったマドリンを見て、そこに来ていたお母さんお父さん方が、最初の頃の彼女を知っているからもう、おれは拍手喝さいを浴びせたらしんです。 僕が会った時のマドリンちゃんはもうはきはきとした明るく快活な5歳の女の子でした。

 『自分を認めるからこそ相手も認められる』対人関係が潤滑になり、自分の能力と他人の能力にも可能性を見出すことができるのだそうです。だから、自尊心を早いうちに芽生えさせる教育が子供の発育にはとっても重要ってMr.ビルは考えている。
------------------------------------------------------------
【2005/07/23 18:39】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






パーソナル ストーリッジ  | アメリカ移住
DSC_0105.gif

DSC_0141.gif


マスオさん状態の僕達が日本から持ってきた荷物は今の家に収まりきりません。

したがって使わないものは貸し倉庫行きとなりました。

それにしても、僕らは家無き子だから仕方ないけど、


他の人はあんなに大きな家に住んでてなんでまた別に倉庫必要なのかな?
なんて考えていたらね・・・・・。

現在サンディエゴには米国海軍軍事力の25%、海兵隊軍事力の20%

が終結していて、軍関係の方の人口がかなり多い。それでもって結構急

にあちこち転勤配属が決まっちゃうみたい。だから、必要な物意外は倉

庫を借りてなんて状況になっちゃうんじゃないかな?

ってまた、仮定をたててキャロリンに言うと、

Everybody has their own story. って軽く交わされてしまった。
------------------------------------------------------------
【2005/07/23 18:17】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






お客様は本物を重視する売り手を選ぶ  | アメリカ移住
『市場で売ろうと持ってきた商品は、
     貴方の足元が
泥で汚れているうちに売り始めるのです。』


      ユダヤの最強の成功ノートより
→ more・・
------------------------------------------------------------
【2005/07/23 17:49】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






K-MARTとCOSCO  | アメリカ移住
ちょっと小耳に挟んだのですが、K-MARTとCOSCOの違い。

K-MARTは『安さ』では何処にも負けない売りを持っていました。COSCOは買い物を始める前に年会費$40支払わなくてはなりません。 この年会費はそれだけで『高い』って感じる内容です。だってアメリカンエクスプレスのちょっといい奴の年会費に等しいですもんね。 だけどお客はこう考えました。『こんなに良いものがこの値段で買えるなら、4アイテムほど買い物をすれば年会費はペイできる。』『良いものをより安く』の売りイメージが付きました。 一方安いだけで勝負していたK-MARTは一般所得額平均が高くなる中、売り上げ好調になるはずが、破産寸前の状態になりました。 あまりにもチープなものばかり置いてあったので、買い物をしていた人達は出来ればこんなところで買い物をしたくないのだが・・・と思っていたと言う事を示しています。その後K-MARTはSEARSと合併して何とか破産せずにすみました。少しずつブランド品や、品質の良い品揃えに変えて行ったので現在また復活の兆しですが、幹部の退職金は減額もしくはカットという政策をとらざるおえない状況です。 戦況の状況が読めなかった幹部に責任があるから仕方無いのですが、身内にそのあおりを食った人がいては人事では無い。



------------------------------------------------------------
【2005/07/23 16:21】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






水垢取り豆知識  | アメリカ移住
DSC_0047.gif

 カリフォルニア在住の方、水垢取りで苦労してませんか?
先日、ただいま夫婦で1台しかない車、フォルクスワーゲンPASSATをゴシゴシしてあげました。

 多くのカリフォルニアの人は車が汚いのをものすごくいやがります。なので、テカテカになるまで磨きあげるのですが・・・・、どうも、車の右下足回りからドア下にかけてこびり付いた白い斑点のような汚れが洗剤でこすってもなかなか取れません。 塵や埃、泥はね等は簡単に洗剤を使わなくても水洗だけで落ちちゃいます。

 しつこい汚れの種類には
    酸性の汚れとアルカリ性の汚れがある!

 この汚れはいったなんじゃ?っとおもったのさ!

車の右下にはあって左下に無い汚れ、『ピ~ン!』と来たね~!
スプリンクラーじゃ! いっつも右側の路肩に車を駐車させているきに
芝生の植え込みに設置してあるスプリンクラーがびゅんびゅんきているのです。

と、いうことは・・・水道水の中に含まれているミネラル・カルシウム・マグネシウムイオン!!!てなとこ?

 試しに、キッチンからビネガー(お酢)をひっぱり出してきました。
これが効いたんですよ。見事に大成功! 

アルカリの汚れは酸で落とすのが一番手っ取り早い。

 水垢は酢をペーパータオルに含ませて軽くふき取るだけでピカピカになったのでした。
------------------------------------------------------------
【2005/07/22 12:05】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






交通事故目撃  | アメリカ移住
DSC_0142.gif

 今日、道路でひっくり返っている車を見ました。交通事故は結構頻繁に見かけます。 昨日はチュラビスタにある郵便局の出口の曲がり角でスピードを出しすぎた車が転倒していたと、妻が言ってました。 

 アメリカはゾーンニング法って言うのがあって、この法律によって住宅地区の中に商店を作ってはいけませんとか、学校はこのエリア内に必ず一つ作るとか、レクレーション施設、そして公園、ビジネス誘致のエリア、商用エリア等のすみわけをまずしてから開発がはじまります。 これはこれで需要と供給のバランスがとれるし、目的別のすみわけは治安維持に効果があり,とっても良いことなんだけど・・・・。歩いていけるところは住宅地の中だけ、という事です。 日々の生活は車無しではやっていけないんです。だから必然的に事故がおこる可能性は高くなります。 と、いっても日本で車を運転する機会があまり無い方と比較すると、ということであって、毎日車を運転される方はやはり同じように事故の危険性はありますね。
------------------------------------------------------------
【2005/07/22 11:50】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






青空  | アメリカ移住
gyakkou.gif


 今日昨日とは打って変わって、抜けるような爽快な青空になりました。
ニュースではサンディエゴの人達がみんな暑い暑いうてます。
昨日は昨日で蒸し暑いいうてましたが・・・・。

日本の暑さを知ったらそんな事言ってられんがなぁ~。

 僕らは家の中でクーラー無しで楽々過ごせちゃうのに、アメリカ人達はこのちょっとでも蒸し暑いのに耐えられずガンガンクーラーを付けるもんだから、第2段階の停電注意報が出ている。 

本当に甘ったれやね~。

 今日、路上詩人てんつくマンの記事をSan Diego ゆうゆうっていうフリーペーパーで読んで僕もちょっとだけ心が上昇気流に乗った。 映画製作の失敗で作った借金を返す為、日本全国を行脚して旅先の路上で出合った人に、即興の詩を色紙に書いて売っているんですが、そうやっているうちにだんだん悟りを開いちゃったみたいなんです。

 『生きている現在を天国にしてしまおう!』を合言葉に、借金も返し終えて、今はさまざまなボランティア活動を企画、そして、ドキュメンタリー映画を製作している。

感動の無い人生はつまらない!
って彼は言うんです。

これは
感情の無い人はつまらない!に等しいと僕は思います。
 

だから、これでいいのだ・・・・僕はこれでいいのだ・・・・・。


『てんつくマン』公式サイト http://www.tentsuku.com
------------------------------------------------------------
【2005/07/22 10:12】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






雨が降った。  | アメリカ移住
DSC_0139.gif

 今日、雨が降った・・・ 空が急にどんよりとしてきて、

ほんの少しの間だったけど、雨が降った・・・・・。


 僕がカリフォルニア入りしてから初めての雨だ。

この時期に雨が降るなんて、とっても珍しい事らしい、

偶然にも、おじさんの葬儀が始まる頃だった・・・・。


 ハリケーンがイーストコーストで暴れているから?

それとも、カリフォルニアの空がおじさんの為に

一緒に泣いてくれたのかもしれない・・・・。


安らかにお眠りください・・・・。
------------------------------------------------------------
【2005/07/21 12:14】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。