Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






ストップブッシュ!  | アメリカ移住
DSC_0040.gif


あまり気になさらないでください。UCSDで見つけて、面白半分に撮った写真です。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/06/30 14:00】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






ピアプログラム  | 遠隔操作
 先日、『Lighthouse San Diego』(サンディエゴで日本人向けに配られているフリーペイパー、求人情報などもある)でこんな記事を目にした。

“情”を伝えることから始まる学校の安全化
 
 児童殺傷事件の舞台のなった、池田小学校元校長がコロンバイン高校銃撃事件のコロンバイン高校を訪ねるという内容のものでした。

事件後池田小学校は20億円を投じてハイテク要塞に生まれ変わった。 一方コロンバイン高校のその後は違っていた、「私達は物理的な安全には限界があるという結論を出したのです」実際事件当時も防犯カメラは回っていた、しかしなんの役にも立たなかった。
「コロンバイン高校では、生徒間や職員同士の結びつきに力を入れ、地域の住民とも“情”報の共有化をはかる『ピアプログラム』を実施していますこのプログラムで実際に教える事は『リスペクト』です。貴方の興味と私の興味は異なるがリスペクトしようということ。それが犯罪を防止する基本です。

 その話を終えた一行は、銃撃事件の犯人の保護者に招かれて自宅を訪問。犯人の親と3時間にもわたり色々話をして、一緒に泣き、子供は親の思うようには育たないねと言って、一緒に笑ったりしましたとさ・・・・見よ!この、この、慈悲の精神をっ!聞いたか? 

ファルージャ!、そしてブッシュ!!!!
今日もアフガンで米軍のヘリコプターが撃沈されたとか・・・
タリバン、お前もか・・・もう、お互いやめませんかね~
責め合わず、憎しみ合わずじゃぞぉ~!
なんて考えていると、

 妻が、ここ私が通った高校よ!(o~) あれ?以前はフェンスなんて無かったのに・・・。
fennsu.gif

------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/06/30 03:01】   トラックバック(1) | コメント(3) | Top↑






恐怖に怯えた西の要塞  | 遠隔操作
DSC_0013.gif

 標高が高く、270度見渡せるPoint Lomaは、昔からウエストコースと最南端の塞としての役目を担っていたので、米国西海岸最大の海軍と海兵隊の基地でもあり、太平洋艦隊の本部が置かれてるところです。『トップガン』が実際に存在し、映画のロケ地になったのも有名な話ですね。

 この島全体が、ネイビーの要塞になっているようで、ポイントロマへつながる途中の道は軍所有の敷地に入るゲートが所どころもうけられている。最重要機密区域なのだそうです。その他の岬の両端の土地は戦没者や退役軍人達の墓が連なっていて、なんとも厳かな空気で僕達を迎え入れてくれます。岬の小高い丘に立って湾を望めば、人口アイランド『コロナド』が見渡せる。コロナドの手前にある空き地も軍所有の土地になっています。僕の読みだとポイントロマとコロナドの間の海底にミサイルが仕込んであって、湾に入って来た敵艦を下から攻撃する海底基地があるのだと思う、ウン、きっと。
 
 フィリピンをとられ、マレーシア、そしてグアムを次々に日本軍に占拠された後の、パールハーバーの奇襲攻撃。合衆国の領土になってから以降敵国の侵略を受けた事がなかったこのカリフォルニアが、この時ばかりは恐怖に震えていた。アメリカの軍事力が集結しているサンディエゴへの攻撃は免れないだろうと誰もが考えていたからです。そしてサンディエゴは、ブラックアウト(夜間の停電)を実施した。

 
------------------------------------------------------------

テーマ=米軍 - ジャンル=政治・経済

【2005/06/29 20:04】   トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑






PERMANENT RESIDENT CARD  | アメリカ移住
届きましたxxxxxぁっ!!!!!!
パーマネントレジデンスカードぐっxぁあです。。。僕宛に届いた2つめのカードです。
僕はうれしくって、うれちくって、2歳~11歳の甥っ子、姪っ子の前ではしゃぎまくってしまったのれちゅ。

\(^o\)(/o^)/\(^◇\)(/◇^)/へ(^^ヘ)(ノ^^)ノ"

 これで、これから10年は移民局の追従なく平穏に暮らせますばい。グリーンカードが届くと思っていたが、パーマネントレジデンスカード? グリーンカードとはイミグレートビザ=移民ビザのはず。 それにぼくのカードは白い色? 何故???この違いが僕には今まだ、ちょっと解っていません。 ただ、このカードでもきちんとした社会活動はできるようです。今、僕が確実に必要なのは、後ひとつ残された条件 『ソーシャルセキュリティーナンバー』
これが無いと、免許が取れません!銀行に口座が開けません!仕事ができません!つまり、ソーシャルセキュリティーナンバーが無いと言う事は、植物と同じって事です。誰かが屋根をつけてくれれば露をしのげます、水をまいてくれれば活力を得る事ができ、全てが受動的で将来への展開も何の発展性もありません。 もう少しです、知人はこのカードが届いて2~3日でセキュリティーカードが届いたらしいが、僕のも早く届いて欲しい。 闇にか~くれて生きるぅ~・俺たちゃよ~うか~い人間なのさ・『早く人間になりてぇ~!』
詳細は掲載できませんが、PERMANENT RESIDENT CARDのチラッ見せ・・・ (@o*)A これくらいの露出がちょうどいい、何の話?

CARD.gif

 それにしても、引越しして1ヶ月半にもなるっていうのにまだ荷物が届かない。テロの影響がここにもあるのかな?
------------------------------------------------------------
【2005/06/29 13:04】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






カリフォルニア誕生を照らした灯り  | アメリカ移住
DSC_0023.gif

 カリフォルニアは1542年のスペイン船上陸以降、1821年のメキシコが独立を達成した年まで、スペイン領でした。メキシコ領になって以降米大陸東部からの開拓民の流入が始まり、開拓民と地域住民との対立が激化しました。米国は当初、カリフォルニアを含むテキサス、アリゾナ、ニュー・メキシコを購入しようとしましたが、メキシコ政府は拒否し、米墨戦争(1846年-1848年)に発展しました。戦争の結果、カリフォルニアはメキシコから割譲されアメリカ領となり、1850年に合衆国第31番目の州となりました。これに先立つ1848年には金鉱が発見され、ゴールド・ラッシュ時代が到来したのですが、その戦争の最中、アメリカ軍は険しい断崖絶壁に囲まれたウエストコーストに夜間上陸する事を強いられ、それは生死をかける航海の連続でした。そこで、合衆国への合併後1855年にここPoint Lomaにはじめてのライトハウスが建設され、その後コーストの主要な場所に次々と灯台は建設され、つぎから次へと入港して来る移民船の航路を灯す明かりとして、金塊を運ぶ船の道しるべとして活躍しました。

 貧困に苦しむ各地から、ゴールドラッシュの産声高い楽園へと、蜘蛛の糸をたどって多くの人が移り住んで来ました。その暗黙に包まれた旅路の最後にたどり着いた、この灯台の灯りは移民達の目にはまさに天界からのともし火だったのではないでしょうか?
------------------------------------------------------------
【2005/06/29 05:47】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ウエストコーストの幕明け  | アメリカ移住
GABLIO.gif

これ、視界270度湾を一望できる天空の要塞岬Point Lomaに誇らしげに立つっているガブリオの像
ガブリヨ の背中がアメリカ西海岸の幕開けでございます。
サンディエゴはアメリカ大陸のウエストコーストの中で最も歴史が古い
Point Lomaは、コロンブスが新大陸に到達した1492年からちょうど50年後の1542年9月にスペインの国旗を掲げたポルトガル人探検家カブリヨ(Juan Rodriguez Cabrillo)が始めてアメリカに上陸した場所として知られています。当時のスペインはキリストの命を受けて未知なる世界へ我が文明を拡大する事が使命と考えていました、その後、一行は北へ北へ航路を定めさまざまな困難と闘いながら、ガブリヨが他界した後も探検を続け、コーストの主要都市になる土地を発見していきました。
------------------------------------------------------------
【2005/06/29 04:42】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






蜘蛛の糸 芥川龍之介  | アメリカ移住
DSC_0032.gif

ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色の蕊(ずい)からは、何とも云えない好い匂が、絶間なくあたりへ溢れて居ります。極楽は丁度朝なのでございましょう。
 やがて御釈迦様はその池のふちに御佇(おたたず)みになって、水の面(おもて)を蔽(おお)っている蓮の葉の間から、ふと下の容子を御覧になりました。この極楽の蓮池の下は、丁度地獄の底に当って居りますから、水晶のような水を透き徹して、三途(さんず)の河や針の山の景色が、丁度覗き眼鏡を見るように、はっきりと見えるのでございます。

 サンディエゴベイを展望できる天空の岬、Point Lomaへやってきました。灯台の入り口を通り抜け螺旋階段を見上げた時、どういうわけか昔読んだことのある小説の中で、主人公の『かんだた』が天空に向かって蜘蛛の糸をよじ登っていくシーンを回想していました。とても不思議な感覚でしたが、このPoint Lomaの歴史に関る展示を観覧しているうちに、それが間違いでなかった事がわかりました。アメリカの歴史にとってこのちっぽけな岬に立つ灯台こそが、まさに『蜘蛛の糸』だったからです。
------------------------------------------------------------
【2005/06/29 03:05】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






自然界と色彩 part 4  | 自然界と色彩
DSC_0170.gif

 夕焼けの色は何故こんなに美しいのでしょうか?
太陽の光は、『虹色は七色』で知られているように、プリズムに通過させるとたくさんの色に分解されます。この色の違いはそれぞれの光の波長の違いで起こります。

 太陽と地表面が直角に近い時は、地表まで距離が一番近いので全ての波長の光線が私達のところまで届きます。しかし、アングルがつけばつくほど、地表面への到達距離が長くなってしまい、波長の短い光線ほど空気の層の中で乱反射をはじめて最終的に私達のところへ届く光は、波長の一番長い紫や赤の色のみになってしまいます。それが夕焼け色っていうわけですね。

 それでは何故これほど夕焼けが人の心を打つのでしょうか?雪に覆われた景色を皆さんは『綺麗だな』って思った事は無いですか?夕焼けが綺麗だなって思うのもその感情ににているような気がします。通常なら、物質個々が持つ色が存在するのに、夕焼けや雪景色は単色のグラデーションに飾ってしまいます。それが人々の目に非現実的=幻想的な世界として映るのではないだしょうか?

しかし、カリフォルニアのスカッ!とした空では夕焼けが今ひとつですね。日本のように、雲に覆われて湿気を多く含んだ空のほうがより美しい色彩美を奏でます。日本の夕焼けとフィリピンの夕焼けこれに勝る夕焼けはまだ、見ていませんね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/28 14:43】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






World Time  | World Time
サンディエゴ




日本


ClockLink.com
で世界中の時間をチェックしてみよう!
------------------------------------------------------------
【2005/06/28 10:22】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






やっと会えました・・・・。  | World Time
ネットの中をぐるぐる探しまわっていたらやっと貴方に会えました。

e141412116123335.jpg


現在アメリカが朝8時20分の時点の日本です。

時差-17時間なので日本は現在明日の日付の0:20分です。

貴方が、今まだ目を覚ましているとしたらこの灯りのどれかなんですね・・・。

太平洋の向こう側
貴方の暮らす場所

------------------------------------------------------------
【2005/06/28 00:37】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






今日はローレンの誕生日  | SARINA
DSC_0033.gif

今日はさりなのやさしいお姉さんローレンの8歳の誕生日でした。
たくさんのプレゼントに囲まれて、『Happy Birthday Rauren』と書いたケーキのローソクをフーッ!と一息で消して・・・・。
 その後みんなからもらったカードを読み、プレゼントを開きながらローレンは一人ひとりプレゼントをくれた人のほうを見て『ありがとうアンクル○○。』,『ありがとうアンティー○○。』うれしそうに笑顔を浮かべて言っていたのが印象的でした。

 僕は『ハッ!』としました。誕生日の意味についてどうやらずっと勘違いしていたらしい・・・。
『誕生日は自分が生を受けた特別な日だから、その日一日は主役になって皆に祝ってもらう日』

っていうのも、もちろん間違いではないのですが、もっと大切な事は、

『自分が生を受けた事、自分を取り巻く環境と人々に感謝の気持ちを持つ事』
 
 つまり、『愛されている事に感謝する心』を、毎年伝えるための行事だったんですね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/26 04:05】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






IQ  | SARINA
IQ(Intelligence Quotient)は脳の能力を示す一つのモノサシ。平均は100です。
ソフィアは5歳児IQが190、地球儀をくるくるまわして、Japanを指差し、『おじさんたちここから来たんでしょう?』と言って僕たちを驚かせた。 そして、親同士の内緒話で『I・C・E・C・R・E・A・M』と言った日にゃ『アイスクリームがどうしたの?』とくる。 以前プリスクールに通わせたところ、その内容のほとんどを既に把握していた為、一度行っただけで特殊トレーニングスクールへ行く事を勧められた。僕の知り合いでも中学生で大学へ行ったインド人の男の子がいた。アメリカは能力があって希望すれば、どんどんステップアップして、最高学歴までの短縮化ができます。

IMG_2133.gif

方や、隣にいるのは我等がプレンセスサリナちゃんですが、IQなんて計測したことなんてありませんし、親の欲目なら将来必ずスパーモデルになるはず!?なので少々できが悪いぐらいは良しとしています。むろん2人を比較するつもりもありません、生まれつきの能力の差は必ずあると思います、これは仕方の無い事・・・。だけど、『人間としての本当の価値は自分自身が持って生まれた能力をどれだけ伸ばせるか?』だと思います。努力はDNAに刻まれ特有の習慣となり、子や孫がどんどん選ばれし者の称号に近づいていくからね。それに、もともと優れている分野が違うもの同士を比較してひとつのスケール上で測れないのが人間なんだな・・・。IQは別として、ソフィーはまだ子供、突然道端で泣き出しちゃったりもします。いくら頭が良くてもいきなり大人の仲間入りというのも考え物、能力を最大限に伸ばしてあげるということも必要だけど、いかにこのような特別な子供達が身体の成長と共にバランス良く過ごせる環境を整えるか?というのも重要なポイントですよねぇ~。
------------------------------------------------------------
【2005/06/25 04:40】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






インディビジブルフェンス  | 遠隔操作
DOG.gif

 うわぁ~リーシュがついていない大きい犬が襲ってくるぅ~!!!
と、思わず後ずさりしてしまったその瞬間に、飼い主と思われる男性が後ろから現れて、

 『ハイ!俺BOB、心配ないよこいつら庭の外には出て行かないんだ。』
 
 『え?』
 
 『見えないフェンスがこの家のまわりに張り巡らされていて、こいつらが出て行こうとするとセンサーが感じ取って首輪に電流が流れる仕組みさ。』

 『本当に効くの?』

 『最初は俺も半信半疑だったさ、首輪つけててもすきを見ては遠くまで逃げ出していたこいつらが、今では一歩もこのフェンスの外へ出ようとしない』

不思議だね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/25 02:46】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






dippin' dots  | 食道楽
DSC_0005.gif

日本でももうお目見えしましたか?『ディッピン・ドッツ』のアイスクリーム。『Ice Cream of the future』をスローガンに立てて売り出したのが世にも不思議なつぶつぶアイスクリーム。と、いってもアイスクリームを直径3ミリの球体で凍らせてあるだけ。ちょっと前に水滴を落としながら凍らせる装置が発明された記事をどこかで読んだ、きっとそのおかげでこんなこともできるようになったんですね。これがアイスクリーム革命!日本のじめじめした夏にはカキ氷がとってもおいしいですね。アイスクリームとカキ氷の中間ぐらいの口当たりでおもしろい!dippin' dots Ice Creamがヒットするかもね。 
------------------------------------------------------------

テーマ=アイス - ジャンル=グルメ

【2005/06/25 02:06】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Happy Soul (幸福の魂)  | D70
DSC_0057.gif




PHOTOプラス
------------------------------------------------------------
【2005/06/25 00:18】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






カヌー  | デザインの視点
DSC_0124.gif

『アライグマラスカル』というアニメーションで少年が組み立てていたのと同型のカヌーです。 一人乗り用で、真ん中が浮力を持たせるために幅広になっていて、後ろと前に水切りがついています。水切り面は横幅が狭まり、ねじれながら縦に長くなっていきます。『水の流れ』がこの水切り面に広がりながら船底にもぐりこんでいくように計算されたフォルムなんです。これで推進の抵抗を減らしながら、浮力を補う事ができます。 『機能美』という言葉がありますが、何かの目的を達成するために作られたデザインっていうのは時に、より洗練された表情を持ちますね。coolcutsは子供の頃、このカヌーの形に憧れて、一生懸命合板で作ろうとしたのを思い出しました。
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 22:53】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






2005 San Diego County Fair  | アメリカ移住
本日、2005 San Diego County Fair に行って参りました。
DSC_0128.gif

 Del Mar にある競馬場では、年に一度だけ競馬が開催されて、その後6月はじめから7月はじめにかけて、カウンティーのお祭りが開催される慣わしです。サンディエゴに暮らす人々には、日本の祭りと同じような感覚なのですが、物産展と遊園地とフラワーフェスティバルのようにタレントのショー等で、構成されています。とにかく規模がかなりスゴイ!だけど、最初からこれほど大きなものでは無かったようです。競馬場の膨大な敷地を休眠時に生かせる利便性もあって、どんどん規模が膨れ上がっていきました。 日本の祭りは廃れていく一方なのに、何故ここでは、こんなに規模がどんどん大きくなるのでしょう? と、ちょっと真剣に考えてみました。 

 1)まず、全て営利団体によって管理されている事。
 2)宣伝にかなり力を注いでいる。
 3)それに見合ったボリュームがある。
 4)もともとスペースが広いので、どんどん増幅できる 
 5)昔の風習に乗っ取った祭り事では無いので、ニーズに合わせどんどん進化させていける
 6)地域に暮らす人が見に行く暇がある
 7)イベント全体がカタログ雑誌のような収益構成になっているのでテーマパークに比較して、安く遊べる


ライブ映像!! クリックしてフェスティバルの雰囲気を味わってみてください。

 園内のいたるところにあるステージではノンプロのミュージシャンも演奏しているのですが、歌詞がダサくなかったら本当にプロと間違えてしまうくらいレベルが高い! しかし、あの曲のサビの部分で『オー・マイ・ガッド!』は無いよね、もったいないな・・・
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 16:07】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






サンダーバード  | デザインの視点
DSC_0007.gif

 これは、長い道中で偶然すれ違ったFORD サンダーバード2004年式です、‘5X年式の丸窓が返り咲いて、少しクラシカルな様相になっていますね。同年夏に映画化された『サンダーバード』のリメイク版が放映された時に、デザイン化されたニューエストマシンです。サンダーバードに限らず、ムスタングもかなりレトロデザインになりました。今回の『奥様は魔女』のリメイクや『サンダーバード』にしても、『チャーリーズ・エンジェル』『MI』の大ヒットに続けという流れですか・・・?ハリウッドは今めぼしい脚本が希薄で世界中に買い付けに出ているという話しも聞いた事があります。『リング』や『ゴジラ』がハリウッドで映画化されたのもその流れなのですが、このレトロブームというのはちと、理由が異なりますね。人間の心理は急激な変化に対して、バランスを整えようする性質があるらしい。ハイテクノロジーが急激に進化する中、懐古的なデザインや企画が主流になっていったところで少しも不思議は無いですね。だからと言って、‘57年式のサンダーバードを購入する人と‘04年式を購入する人の価値観は似て非なるものですね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 15:44】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






奥様は魔女  | シネマ
bewitched.jpg

 義理の妹のエヴォレンが、サンディエゴのローカルフリーペイパー『READER』の編集社で働いている関係で、6・24全国一斉公開予定(日本では本日封切)の『Bewitched』試写会に招かれました。1964~1972に8年間放送され、日本でもなじみの深いテレビ番組『奥様は魔女』のリメイク映画化ですが、映画の中で過去のTV番組をリメイクする設定、少しひねりがあって非常に面白かったですね~、激怒したサマンサ役の二コールキッドマンが家族そろって食事をするテイクでダーリン役のウィル・フェレルに魔法をかけて頓珍漢なセリフを言わせるシーンなんか、本当に腹をかかえて笑いました。本編はぜひ映画館で見ていただくとして・・・
 この映画のオリジナルのTVコメディー『奥様は魔女』について少し触れます。当時この番組が企画にあがった時、他にも似た企画のドラマが既に存在したのであまり良い企画という評価は受けませんでした。そのうえ中西部と南部では魔女が毛嫌いされるので、まずヒットしないだろうともいわれていました。しかし、60年代に入ってからのアメリカの情勢は、『キューバ危機』・『ベトナム戦争』『ケネディー大統領暗殺』等あまり明るいニュースに恵まれなかった為、50年代の模範的な幸せな家庭を描いたこのTVコメディーがヒットしたのは必然でした。お茶の間の人々は、古き良きアメリカへの懐古的な思いで現実逃避したかったのでしょうね。今でも頻繁にオンエアーされてどの世代にもなじみの深い娯楽番組のひとつです。何がヒット要因になるか解りませんが、お天気お姉さんっていう職業があるのと同じ理由だったんですね。

公式ホームページ 
しかし不思議ですね、日本にいた時は字幕スーパーに頼りきりだったのに、聞こえずらいところはあっても、ちゃんと映画の内容を把握できました。やっぱり自分を追い込むべき! かな?
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 14:51】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






自然界と色彩 part3  | 自然界と色彩
リュウケツジュ[竜血樹]Dracaena dracoは、ドラゴンツリー(dragon tree)とも呼ばれるカナリア諸島原産の高木で、現地では樹齢四〇〇年、高さ二〇メートル、幹の周囲が一五メートルもの巨樹になるものもある。幹を傷つけると、「竜の血」(ドラゴンズ・ブラッドdragon’s blood)と呼ばれる赤い血のような樹液がでるところからその名があるが、この樹液は塗料の着色や写真製版の原料に用いられ、そのために栽培もされている。
doragon.gif

 決して表に出てくる色彩ではないけど、なにかしら神秘的です。それと、内部の樹液の色が透過して見えないのですね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 11:15】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






BANGEE!!!!!  | D70
バンジージャンプの元祖といえば、南太平洋メラネシアに浮かぶバヌアツ共和国の成人男子
の儀式である。成人として認めてもらうために両足に植物の蔓を結び付け高台から飛び降り
てみせるというもの。

DSC_0068.gif


 確かに人生って、時にはこの勢いが必要な時もありますよね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 05:27】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






自然界と色彩 part 2  | 自然界と色彩
Camereon.gif

 カメレオンはトカゲの一種ですが、皮膚の色を環境に合わせて変化させて敵の目を欺き、身を守るとして知られています。しかし、カメレオンは単に周囲の色に合わせて色を変えるだけではなく、驚き、光、温度によっても色を変えます。

 哺乳類の色素はメラノサイトという黒色素細胞ですが、爬虫類や両生類の色素はメラノフォアという黒色色素胞(細胞ではない)だけでなく、黄色素胞、白色素胞など、さまざまな色素胞が細胞の中でカロチンやキサントフィル、グアニンや尿素を利用して組み替えられる事で構成されます。 
 
 さて、本題のカメレオンのカモフラージュの仕組みですが、カメレオンは目で色を識別しているのでは無く、皮膚組織のセンサーで色を読み取っています。色素胞を体内で変化させ色素を作ります。こうしてできた色素を細胞全体に分散させる時、ホルモンの働きが色素配分を変化させ、皮膚の色をコントロールしています。

という仕組みが解ったところで、この芸術的な色彩を瞬時に作り出す能力は計り知れませんね。カメレオンをじっと観察しているだけで想像力がかきたてられるのではないでしょうか?
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 04:11】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






摩天楼と森  | デザインの視点
TreesBILD.gif

アメリカ北部によく見られる超高層ビルのポインティーシェイプですが、背の高い針葉樹の森で覆われた地域だからこその発想じゃないかな? NYのビル郡を見た後日、ワシントンでマウント・セント・へレンへ向かう途中、両脇にそびえるように立ちはだかる木々の形に遭遇してそう思いました。人が発想するデザインは、全て経験の中で、記憶にあるイメージが整理、融合されて、増幅する事でできるものなのではないのでしょうか? と、いう観点から考えると、できるだけ色々なものを見て、触れて、観察して、自分の引き出しにストックする事がとっても大切ですね
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 04:05】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ツイン・コンドミニアム  | アメリカ移住
DSC_0198.gif

 マリーナ近くにある、サンディエゴの1当地に聳え立つこのツインコンドミニアム(分譲マンション)は、ちょうど僕が6年前にサンディエゴに来た頃建てられたのですが、当時まだ不動産バブルは始まっておらず、しかも、人々の関心は一軒屋のみに向けられ、分譲マンションの価値がまだ一般の人に認められていなかった。そのため、当初の売り出し価格が1度下落して、1000万円台になった。当時日本でマンションの一室を買おうと思えば、同じような立地だと、3・4千万はくだらなかった。しかも、ワンルームでの話、とはいえ広さもこちらが数段広い。
スペース的な問題は日本はアメリカの11倍の人口密度なので江戸間と京間の違いどころではない。フェアーに比較しようと思えば、提供される企画に対してのプライスという事になる。平たく言うと、その立地で一部屋にいくら払う意思があるか? という事です。その後、頭を抱えた不動産関係者は周囲の環境ごとごっそりリフォームする事を行った。 見違えるように生まれ変わったこの街には、『人々が土地家屋に抱く価値』とはまた違った価値観を見出し、5年の間に8千万円、なんと8倍の資産価値を持つようになりました。

 アメリカは、周囲の環境が人の心に確実に影響すると信じられています。環境が良ければ善行を引き寄せ、悪ければ悪行を引き寄せる。この延長線上に安全はお金で買うという考え方が生じます。
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 03:00】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






アメリカで美容師になる!  | アメリカ移住
 coolcuts の次なる目標は『アメリカで美容師になる!』です。
そろそろリサーチを始めました。誰も教えてくれないというのはこの全てが英語で書いてある国では雲をつかむような話ですがっぁ! 道はあります。  
 
 『インターネットで調べる』

 『実際にアメリカで美容師をしている人に聞く』
 
 『本を買って調べる』

 等です。僕はサンディエゴにある日本人経営のお店を日本にいる時からチックを入れておいたので、話を聞きに行くところは決めていた。だが、どうやらただいま改装中でいつも閉まっている。どうしたものか?と困っていると、たまたまMITUWAで購入した本の中に詳しい内容があって。そこにはまず、こう書いてあった。 
日本で美容師の免許を取ってからの4年以上あれば、アメリカの美容学校には通わなくても良い。
日本でインターネットで調べた時は経験した分だけ免除、最低6ヶ月は学校へ通う事が義務付けられている。ということだったがどうやら違ったらしい。日本での1年の経験が1600時間に相当、6400時間で実務免除というのが正しい内容らしい。

 つまり、僕は既に試験を受ける資格がある!と、いうことですね~がぜんやる気が出てきました。

用意するものは
・日本での資格証書(英文に翻訳したもの) 
・最終学校の卒業証書(英文も添付) 
・経験を照明する書類(働いていた店に作成してもらう)

 うひゃ~ここに来る前に教えてよ・・・。だいたい美容学校の卒業証書ってあったけ? 美容師免許はまだ引越しの荷物が届いていないから手元に無い。最後のは書式をしらべなくちゃ。
そうでなければ、美容学校へ3ヶ月通い。それも悪くないな、リハビリにもなるし。金額によるか?
試験は90分で120問、75点以上で合格。「英語ができれば簡単」?だそうです。それがやばいんじゃん!!!!

実技のほうは、自分でモデルを連れて行って、実際に髪の毛を切る。(通訳を連れて行っても良い)

合格すればその日のうちにライセンスが手に入る



------------------------------------------------------------
【2005/06/24 02:09】   トラックバック(0) | コメント(9) | Top↑






捨てる神ありゃ、拾う神あり  | 未分類
さっきすごいニュースがあった。

カリフォルニアの北の方に住む人の家が崖崩れにあった。

その最中、彼は何を思い立ったか?

今にも崩れ落ちそうな家へ再び入り、

ガレージセールで$100を出して買った絵を救出して来た。

その後、彼は途方にくれたのだが・・・

試しに鑑定してもらおうと絵を鑑定士に見せたところ、

なんとそれは骨董価値のある絵である事がわかり、

競売にかけたところ、$5,000,000,000で落札された。

日本円に直して、なんと!五千万!!!!。

この場合一番損をしたのは、1万円でその絵を手放した人だと

僕はおもうのですが、知らないにしても調べれば損をせずにすんだ、人的なミスですね。

 不幸な男に神様が微笑んだのでしょう。捨てる神ありゃ、拾う神あり・・・と、いうことで マル。
------------------------------------------------------------
【2005/06/23 11:17】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






アルさんの夢  |
DSC_0187.gif

 『アルさんの夢って何?』という質問に、出てくる出てくる玉手箱・・・。

 まず、シリコンバレーと表参道の両方に家を持って・・・・、
自家用飛行機で行ったり来たり・・・してですね~・・・ふ~む、

 そう、今はクライアントの為のシステムソフトのエンジニアをやっているのですが、今のようにクライアントの支持で作成するという形では無くて、もっと想像力を駆り立てられるような仕事をやっていたいですね・・・・。

 それで、ゆくゆくはあまりあくせく働かなくても暮らせるようになりたいですね。
忘れちゃいけないね、もちろん子供は欲しいですよ。

HR  ヒューマン・リーソース2005サンディエゴ大会 へ言った感想は?

『今も昔もそうですが、企業の発展は本当に人材育成にかかっていますね。人間のメンタルな部分から組み立てた具体的な育成指導方法や、給与体系、理想的な職場環境、そして、ニュージェネレーションとの価値観のギャップを埋める関わり方など、色々勉強できて本当に良かったですね。』
------------------------------------------------------------
【2005/06/23 04:32】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ブルー・アイズド・ソウルマン  | MUSIC
IMG_2366.gif

 コンフェレンスの登録会員に成りすまして、フィナーレ会場へあのフィラデルフィア・ソウルサウンドで知られる ホール&オーツを観に行きました。・・・しかも! タダ!!!洋楽好きの僕は、日本にいた時、コンサートさえろくに行けない状況だったのに・・・、サンディエゴ入り直後のラッキー!アルさんありがとう! 真近で聞くと本当にうまいね~、全盛期の彼らは、何か神様でも降りてきたかのような勢いでヒット曲を製造していたからほとんどの曲が聞いた事のあるものばかりでした。かつてこれほど、アフリカンアメリカンに愛された白人のソウルマンはいないだろう・・・。今日も僕らの隣の席でも、褐色の女性が一人、かなりのりのりでライブを観賞していました。白人ミュージックシーンのみならず、モータウン好きのファン層も獲得し『シェアを拡大した』という事が大ヒットの要因、とcoolcutsは思うのですが?70年代後期ボビー・コウドゥエルがオータナティブサウンドを確立、シカゴをプロドュースしたり、ボズスキャッズがソウルフルなボーカルで精力的に活動したり。それ以前は、エリック・クラプトン、ローリン・グストーンズ等がR&Bを確立、を経て、ブラックコンテンポラリーミュージックは、白人社会にその地位を築いてきました。しかし、現実問題白人社会には受け入れられても、アフリカンアメリカンには、ちょっと響かなかったみたい。と、いうより拒絶状態が、ホールアンドオーツ初期の頃まで続いた。民族間のボーダーは、芸術の浸透を拒む事もしばしば。80年代は微妙に物事のバランスが変化しつつある時代でした。1989年11月に「ベルリンの壁」が崩壊するまでの、『ベルリン文化戦争』により、世界中のボーダーライン、物事の価値観が揺れ動いていた時期でしたね。そんな中で、ホールアンドオーツは本物のソウルマンを目指す事で、音楽の2曲化の壁をぶち破る事に成功しました。それだけでなく、今日のオープニングの曲だったManeaterは、これまでにないアグレッシブな女性像を表現して当時センセイションを巻き起こした作品です。当時のホール&オーツにとって男女の性差さえボーダレスだったようです。
Oh! Oh! Here she comes.
Watch out boys !
She'll chew you up !
Oh! Oh! Here she comes.
She is the Maneater !


広島でスティングのコンサートを観に行って以来、久しぶりのコンサート観賞ですが、のりが違うね~今日は・・・。あの時はシーマちゃんと一緒だったから僕もクレイジーにはなれたけど、今日に比べたらぜんぜん比べ物にならないよ。 日本人ももっと阿波踊りの精神を復活させないとね、『同じアホなら踊らにゃ損!損!』
------------------------------------------------------------
【2005/06/22 23:32】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






自然界と色彩 part 1  | 自然界と色彩
DSC_0077.gif


 明るくあざやかなフラミンゴの色は、フラミンゴの餌である塩水湖の藻や、海老に含まれるアスタキサンチン(βカロチンの仲間)を摂取するからだそうです。そしてその餌に含まれる色素の違いによってフラミンゴの色は変わってしまいます。
 この赤みを帯びる色素は、アスタキサンチン(別名ヘマトコッカスといわれている藻類の一種に含まれている成分)食物連鎖で魚介類の体内に取り込まれるもので、必要な量だけビタミンA として吸収され、抗酸化剤活性酸素を除去する作用があり、サプリメントとしても使用されています。特定の物質でないと通過できない血液脳関門を通過できるので、脳の活性酸素を取り除いてくれます。

 興味深い事に、通常魚介類の体内にあるアスタキサンチンはたんぱく質と結合しているため青色に発色していますが、過熱すると鮮やかな赤色に発色します。では、フラミンゴの体内でこの彩やかな色を発色しているアスタキサンチンはたんぱく質と分離しているのでしょうか?とふと、思いました。誰か答えを知っていたら教えてください。

 いずれにしてもフラミンゴがもともと白い色をしていなかったら、こんなに鮮やかなピンク色の発色はしませんね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/22 03:00】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






踊りを忘れた日本人  | SARINA
DSC_0216.gif

 これが、今お世話になっているエヴォレン&マニー夫妻の家に集うKIDS達です。先週から夏休みに入っているので、次女のスザーンの子供達がここへ寝泊りするようになっています。左からローレン、ドミニーク、マドリン、サリナ、アナ。ラテンエアロビクスのDVDをお手本にさっきまで僕も、マミー達も一緒に踊っていました。その後は、TVでカラオケして、アルバムを出してきて昔話にふける・・・・・
サンディエゴは気候が年中温暖、低犯罪率、クリーン、礼儀正しい人々、などの評価を得て全米でも今もっとも住んでみたい町のひとつに選ばれ、土地家屋価格が急騰しています。ミネアポリスのグラネスさんはサンディエゴに住みたくても、2倍以上のお金を払ってまで家を買いたくは無いと言っていました。僕もこの地で、家を持ち充分な教育をしていくことを考えたら、一人っ子で終わっちゃうかな?なんて今考えています。だけど、こちらに来てからのこの家族の集いが、サリナにとって楽しくて仕方ありません。アメリカ人とダンスは切っても切れませんが、それはアメリカ人というよりか、世界中どこの国でもです。ラテンの国はもちろん、ヨーロッパ、アジアの国々も何処へ行っても喜びを表現する踊り、天からの恵みを感謝する踊り、肉体労働の負担を軽くするための踊り、さまざまです。つまり、踊りは人間の集いには切ってもきれないものなのにも関らず、日本では盆踊り以外、家族が集って踊るという光景を目にしません・・・・。その盆踊りも年々規模が小さくなっています。住宅事情と、盆踊りが極特別なもので、身近では無くなったせいでしょうが、家族が同じ時間を共有し、笑い声があるというのは大切な事。へたくそな僕のダンスをローレンが笑い飛ばす、つられてみんなも笑い出す。さりなが、『お父さんFANNY!』、みんなが僕を見て楽しいと感じてくれたから幸せを感じる・・・みんな幸せを感じたいなら家族で踊りましょう! この思い出は彼らにとって、かけがえの無いものになります。
------------------------------------------------------------
【2005/06/21 21:35】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。