Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






豆知識  | お得な旅行プラン
 今回僕はラ・グラディア マリオットというホテルへとまったのですが、Q84番とメトロ#7をフラッシング 111st.で乗り換えて30分ほどかけてマンハッタン入りしていたのですが,ホテルのコストは3倍以上! 食品雑貨などの値段もかなり違うようです。そこで、この乗り換え位置にあるヒスパニック系、韓国系の移民が暮らす居住区域にあるCTown Town というお店でよく買い物をしたのですが。マンハッタンの物価の1/10に近いぐらいの差を感じました。 

 地下鉄やバスはどこまで乗っても$2で地下鉄のほうが子供がただですが、バスは$1小銭をきちんと用意しないと両替機がありません。バス&地下鉄共通のMetroカードというサービスを好きな金額だけ買って自分にあったプランを作れます。僕達は3日の滞在だったのでONE DAY$7を使いましたが、7日で$21というのもありますし、10日単位のもあります。

 現在エンパイアーステートビルの展望プラス、『Sky Ride』なるバーチャルリアリティー映像シアターのチケットをセットで$28というサービスが行われていました。これはまったくの別会社がビル内で行っているサービスで、あたかも彼らが作る列に並ばないと展望台に入れないかのようにビル正面入り口付近で観光客の誘導を行っています。実際には展望だけの受付が2階部分にあり、展望台だけなら$14です。ビルの外の列に並ぶ必要はありません。

 NYを優雅にゆっくり観光したいなら、メモリアルDAYはお勧めできません。それほど目立ったイベントには遭遇しないし、やたら観光客がごった返して、エキスポのパビリオン並みの待ち時間があります。マンハッタンのホテルはディスカウントが無くなり、郊外に泊まると夜の機動力を失います。マンハッタンで泊まるにはサブレットという手もあります、個人がアパートの期間貸しを行っているものです。祭日は早めにブッキングしないと、なかなかとれません。中心でも一日$100ぐらいからピンきりであります。http://www.nyhabitat.com/

 セントラルパークやグリニッジ散策、ミュージアム、建築散策など、見所たくさんです滞在期間は余裕を持って行かれたほうが良いでしょう、僕達は3日間の短期滞在だったので、今回建築に絞りました。最終日セントラルパークを少しかじったのですが、なかなか落ち着けました。

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2005/05/29 21:00】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






あっためなおし致します  | アメリカ移住
DSC_0180.gif

今日は広島からアメリカに移住して、現在Rock Tavernに住んでいるりんさんご家族とMITUWAっていうニュージャージーにある日系のスーパーで待ち合わせしました。
NY側のバス乗り場は、ポートオーソリティー・バスターミナルの南館(サウス・ターミナル40丁目と41丁目の間)地下の51番乗り場。でターミナルに下りた乗り場でバスに乗り込む前に、大人2ドル子供1ドルを支払った。到着時間までの時間は約30分土曜日のマンハッタンでは地下鉄5番が休みだったので、待ち合わせまではまだ時間があると余裕があると思っていたが、結局セントラルパークからポートソリティーまで家族3人ひたすら走るはめになるが、3時30分のバスに2分の差で乗り遅れてしまった。しかも今日は次のバスが4時15分結局45分も三省堂でお待たせしてしまった。

4年ぶりの再会でも少しも変わっていないりんさん、今は2児の母になっていました。ガブリエラちゃんとミケランジェロ君はとってもかわいかった。だんなさんのロブさんもエルバルコでお会いして以来ですね。

旧友とのしばしのだんらんの後、スーパーの中を一回りしていると、まったく日本のスーパーとクリソツレイアウトの店内に、どんぶりとおにぎりが置いてあるコーナー! こんな表示を見つけまた。・・・~~~~『暖めなおされちゃって・・・思わず目頭が熱くなりました。』 そして、2重焼きを見つけてがぶりつき!!!!

PHOTOS↓
http://coolcuts.myphotoalbum.com/slideshow.php?set_albumName=album03
------------------------------------------------------------
【2005/05/29 13:40】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






かもめ  |
kamome.gif

NYにやって来てびっくりしたのは、ろくに英語が話せない人が普通に働いていたりする。観光客も多いのですが、ここはとにかくエンドレスのコンクリートジャングル。ありとあらゆる人種が入り混じる人種のるつぼです。なんたって桁外れな数の外国人が暮らしている街です。僕が日本にいて、心配していた事なんかぜんぜん関係ないような生き方をしている人がたくさんいる。歩いていてもいろんな言葉がとびかっている。それでもビッグアップルを背景にす~いすいです。

Photos↓
http://coolcuts.myphotoalbum.com/slideshow.php?set_albumName=album02
------------------------------------------------------------
【2005/05/28 20:30】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






摩天楼を望む  | D70
coolcutsは建築物が好き。子供の頃は大工になりたいと言っていました。特に19世紀末期~20世紀初期頃さかんだった『アールヌーボー様式』で知られるガウディーの作品は人が暮らす空間と自然の調和や人々のふれあいも考えられた、光と影が作る巨大な芸術といえる。ヘアーデザインも写真も同じ要素を持っています。だけど、とってもうらやましいのは、偉大なる建築家が作り出した建造物は1世紀以上も同じ場所にあって、作者が死んだ後も訪れる人を魅了するという事。

DSC_0311.gif

1920年代~1930年代 アールヌーボー様式への反発から起こった、直線的で、明快な色彩を特徴とするの『アールデコ』で、その集大成が、1930年にクライスラービル、そして、同年すぐ、世界最高層の記録を塗り替える形で、エンパイヤーステートビルです!ここからの眺めはなんとも絶品!まるでキングコングかゴジラになった気分です。今日はメモリアルDAYステートビルのてっぺんは赤とブルーの電飾でとってもきれいでした。

http://www.icoffice.co.jp/zukan/h_world5.htm#p_3
------------------------------------------------------------
【2005/05/28 14:54】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






無題  | D70
DSC_0001.gif


あんまり、マニュアル撮影が面白いのでいろいろ試めしていたら、ハイキー表現なのに髪に艶が残っている感じの表現ができたので載せてみました。
------------------------------------------------------------
【2005/05/28 13:49】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






GROUND ZERO  | Nick Ryder
GROUND ZERO

* もしも僕がその言葉を君に伝えるとしたなら
  りんごの丘への帰り道 懐かしいダウンタウンへの曲がり角

   何故貴方は遠い夜空の彼方にある場所へ行くの?
   君の瞳が潤んで見えた、あの日あの瞬間が消せるなら行かないよ

**もしも僕がその言葉を君に伝えるとしたなら
   花咲きほころび再び木漏れ日のきらめきに包まれて

   僕は弱気なソルジャーでも君への愛は負けない
   悲しみ乾き果てた砂漠に立つ僕は一人きり祈るよ!

*  
**


Ground-Zero.gif


2001年9月11日、あまりにも感情の無い、テレビゲームから抜け出たような映像を観た時、僕の脳裏によぎったのは、岩国ベースのウエンディーズハンバーガーショップで楽しく一緒にバイトをしていた陽気な海兵隊達と、その家族や恋人の幸せそうだったあの思い出です。そしてどれほど彼らの胸中は混乱と不安が襲ったか計り知れないという思いにかられ、困惑しました。

現在地ニューヨーク↓
http://maps.yahoo.com/maps_result?addr=&csz=Farmington+MN&country=us&new=1&name=&qty=
------------------------------------------------------------
【2005/05/27 15:18】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






空に開いた穴ぼこ  | coolcuts
空港近くのマリオットホテルにチェックインを済ませてから、真っ先に向かったのは[World Trading Center 跡地]  『GROUND ZERO』 は1973年に施工開始1973年4月4日のオープンした通称ツインタワーの成れの果て・・・・・2001年のテロによって壊滅的なダメージを負って以来、密集したビルの間に、まさにぽっかり穴が開いたような雰囲気を漂わせていました。当時知人の一人があのビルの近くに勤めていて、連絡がつかずひやひやしたのを思い出します。

皮肉にもこのツインビルを手がけた日本人建築家ミノル・ヤマサキは『人間とは、人間愛を信じ、個人の尊厳を尊重し、互いに協力することを信じ、その協力をとうして偉大なものを作り出せるものだということを、具体的に象徴する建築物』としてこれを設計したそうです。
Groud-Zero-2.gif

今、この場所にまた平和の象徴とも言えるモニュメントビルが建設予定になっていました。完成図をみると,それはきらびやかで美しいもので、人々の目を引く事は間違いないでしょう・・・
だけど、どんなに象徴的な建造物よりも今の世の中で人々に強く訴えかけるのは『世界の中心にぽっかり開いた穴ぼこ』です。 人間が理想に掲げて作り出したものが崩れ去った時、まさに、その根底にある問題からまず考えなおす機会が訪れているのではないでしょうか?
------------------------------------------------------------
【2005/05/27 14:12】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






PURJAMM NIGHT  | MUSIC
DSC_0096.gif


ミニアポリス最後の夜はロバートがリノ時代に仲間と
作っていたPURJAMMのターンテーブルが熱演!!

さりなとコリナと僕の3人、ダンスで盛り上がりました。


http://www.purjamm.com/
このHPからStudioをクリックすると、試聴できますよ!
------------------------------------------------------------
【2005/05/27 13:21】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Jellyfish  | D70
Move'n like a Jellyfissh.....

Swing`n like a butterfly.....

Sing'n like a mocknbird.....

Just drift'n in the pacific.....

DSC_0191.gif


プログラムモードに頼りすぎて、先日ミニハハの滝でお決まりの開放ショットのやり方が思い出せませんでした。 ミ二アポリスにある、アメリカで最大のショッピングモール『モール・オブ・アメリカ』の水族館に来たので、水槽の反射を防ぐためフラッシュを使わずに明るく撮る必要がありました。そこで、初めてマニュアル撮影に挑戦! 特に苦労したのが、このくらげです。水槽のガラスとテクスチャーが似ている為AFもききません。 とうとうフルマニュアルショット! うん、なかなか神秘的に仕上がりました。

ほんの少しだけ露出とシャッタースピードの関係が見えて来たかも?
------------------------------------------------------------
【2005/05/27 01:58】   トラックバック(0) | コメント(5) | Top↑






現在地  | 海外旅行
寄せ書きのリクエストにお答えして現在地のMapです。
ZOOM OUT してロケーションを確認して下さいね。


地図を開く↓
http://maps.yahoo.com/maps_result?addr=&csz=Farmington+MN&country=us&new=1&name=&qty=

今現在ミネソタのファーミントンで、ロバートとグラネス、そして、コリナが暮らすお家にご厄介になりながら、時差ぼけを治療中です。 ここは日照時間がやたら長いのを除けば、気候は日本とほとんど変わりません。四季もしっかりあって、雪も1シーズンに何度か降り、車で15分走ったくらいのロケーションに小さなスキーリゾートがあるそうです。水はフィルターを通せば十分蛇口からでも飲めるし、ただ、気温の高低差は少し強いようです。
------------------------------------------------------------
【2005/05/25 12:31】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






アメリカンフラッグ  | coolcuts
DSC_0045.gif

グラネス邸の玄関先で見た夕焼けのシーンです。

 軍人さんのお家なのでしょうか?アメリカンフラッグがひらひらとたなびいてなんともアメリカらしい。ここではフラッグを掲げた建物は少なくないのです。ベトナム戦争終戦後、兵士達が引き上げて来た当時、民間人の間では『Love & Peace運動』が盛んになっていました。落胆した兵士達は社会復帰できず、莫大な戦費を投じた後に、またたくさんの国費が彼らのリカバーに費やされる事となります。
 アメリカにやって来る少し前に、自衛隊のエリートの方と昼食を共にする機会があって、彼の己の職務に対する誇り高さに驚いた事をふと、思い出しました。

『国民の為ならいつでも死ねる、僕達はそう心から思っています!』

 その国民の僕達は、あまりにも蚊帳の外に立っていますね。
僕は別に鷹的な思想を持って言っているわけではありません。ただ、国民がその立場をはっきり表明しなければ、きっといつか自衛官も傷つく可能性があると、言いたいだけです。なぜなら、彼らは、僕らの想像以上に誇りを持って職務に当たっているからです。

Photos↓
http://myalbum.ne.jp/user6/fe631367/2/
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2005/05/24 16:04】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






セントポール教会  | 海外旅行
 ミニポリスは、ミネソタ州の中で2番目に大きな都市で、ミシシッピー川をはさんで、セントポールの対岸に位置し、政府機関を持つセントポールと商業都市ミネソタは通称ツインシティーと呼ばれています。

今日はグラネスさんが仕事を終えるのを待ってセントポールにあるキッズミュージアムとセントポール教会へ行きました。100年以上も原型を留めるこの寺院の壮大さを生で感じてきました。

DSC_0090.gif

It's just marvelous !

グレゴリー聖歌とパイプオルガンの音色をイメージしながらスライドショーを官能して下さい。

クリック↓
http://coolcuts.myphotoalbum.com/slideshow.php?set_albumName=album01
------------------------------------------------------------
【2005/05/23 17:31】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






僕は日本人だ!  |
I am an American !
I-am-an-American.gif


今、お世話になっているお宅のお嬢さんが出演する『合唱発表会』の一幕です。グラネスさんとロバートが、そろってお昼の3時に早退してきました。せっかくなので僕達も一緒に彼女の晴れ舞台を観るツアーに参加させてもらいました。
印象的だったのは、小学校3年生の子供達が皆、歌のつなぎで『I am an American』と叫びながら、詩を朗読していた事です。

『アイデンティティーを育てる教育こそ、優れた人間を作る!』この国ではそう信じられています。

周りを見渡し、ハッっとしました。 ここでは僕が外国人だ・・・・・
小学生の頃、『僕は日本人だ!』ってあの壇上で胸を張って言えたのだろうか? その必要も無く僕は日本人でした。そして紛れも無く父と母に支えられ生きてきたはずでした。ただ、僕の父は徹夜、徹夜の毎日でした。

 日本にもはるか宇宙、そして銀河系を人類の起源とする情操教育があります。夏には七夕を飾り、秋には十五夜の月を仰ぎ、お盆には,汐の満ち引きと月の引力を表現しながら踊る。それを自分達を育んでくれる家族と共に祝う慣わしです。大切な日本の文化もまた、日本人というアイデンティティーを確認するためのものなのです。なまじっか歴史があり、単一民族?なものだから希薄になってますね。

今、生まれて初めてこの言葉を噛み締めています。

     『僕は日本人だ!』
------------------------------------------------------------
【2005/05/22 02:00】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Welcome to U,S,A.  |
Land-of-America.gif


"Welcome to U.S.A”
"Thank you sir !"


ミニアポリスに到着して最初に、感激に声を震わせながら僕が交わした会話です。
周りで、質問攻めにあっている人達をわき目に僕は全てストレートにイミグレーションを通り抜けていきました。『うそをつかず正直にありのままを伝えれば困難はめぐってこない』 妻のモットーのおかげです。 本当に馬鹿正直に、日本で購入したラップトップPC、デジタルカメラの金額を申告した後、『電化製品は課税の対称じゃないから大丈夫です』と言われました。周囲のもめている声に耳を傾けると、申告の中で不正確な部分があったという内容がほとんどでした。
また、彼らは家族同伴ではなく、男性が一人きりでの入国だったので、検査官2人がついて、かなり責めたてられていました。
娘の彩里菜がいつも僕にまとわりついていたので、疑う余地も無く『CLEEN』な存在だったのでしょうか? 以前ハワイに旅行に行った時4回もとめられた経験がうそのようです。

上の写真はミニアポリス上空にて、飛行機の窓から撮影したものですが、5大湖の一つスーペリオ湖のたもと、ここには10000個もの湖があるそうです。

もっと写真を見る↓
http://myalbum.ne.jp/user6/fe631367/1/
------------------------------------------------------------
【2005/05/21 02:47】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






1974年もののPAUILLAC  | 美容道
「もしもし、本日5時に予約している・・・」
東京入り真っ先に向かったのが、青山の 『hair WATTS』。 僕みたいな、おのぼりさんには途中 道に迷ってPEEK-A-BOOやSHIMA、MINXなどの看板に目を取られながら、携帯を片手に表参道をひた走りに走りました。

美容の仕事を『流行を追及する』という方向性だけで長くやっていると何かしら不安にさいなまれる事が多くなってきます。それは、ファッション自体、若者の感性が絶頂期!後は下り坂、というネガティブな考えと裏腹だからです。そんな勘違いから目を覚ましてくれたのがWATTSの杉下さんでした。

『骨格や毛流を読むなんて事は当たり前のところから始まっているからね、考え方が解ったらあとはどう組み立てるかでしょ?』

『お客様はどんなカットでも満足して頂けると思うよ!でもね、どのレベルで満足して頂きたいかでしょ?』
 
 再び教えを頂いた後、知人から結婚祝いで頂いて後、ずっと飲むタイミング無く東京へ持って来ていた30年物のPAUILLACをいよいよ、今夜お世話になる、れいこさんのマンションで、おいしい妻の手料理、アドボ&シニガンを囲み、日本在住最後の晩餐!


DSC_0004.gif


ふはぁ~!!深みが違うね~!!うまい!
って言われる美容師を目指し修行をしてまいりますよ、杉下さん、ありがとうございました。

写真↓
http://www.kodakgallery.com/BrowsePhotos.jsp?&collid=96652846108&page=1&sort_order=0
------------------------------------------------------------
【2005/05/18 21:14】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ぷらっとこだま  | お得な旅行プラン
今回、長谷川さんのお勧めで試してみたのが、名古屋駅構内にある、東海ツアーズが売り出している
    『ぷらっとこだま』プラン

です。名古屋~東京間が通常価格、10500円がなんと7900円+ワンドリンク付です。たぶんのぞみの増便に伴って、こだまの空席が目立つようになったからだろうと思いますが?2時間ぐらいついちゃうので、各駅停車もあまり違和感がありませんでした。
大阪からも同じ商品で出ているので、近畿、途中下プランの時ははチェックしてみてくださいね。

http://www.jrtours.co.jp/index/pura.html
------------------------------------------------------------
【2005/05/18 18:56】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Expo 愛知  | coolcuts
519-118.gif



愛地球博に行きました。

全体的に環境保護とエネルギー問題、そして国際社会の中の日本等が表現されていて、メッセージがきちんと伝われば、良い万博なのでしょう。

だけど・・・・あの膨大な土地を切り開いて行うよりは、森林の中にパビリオンが埋もれる形で存在するバランスの方が、人間と自然の共存が表現されやすかったのでは?とも思う。沖縄の海洋博みたいにね。一度切り開いた森を再びふさぐようなことは無いだろうから、この一部始終の結末はやはり、宅地造成や工業団地になっていくのに違いないですね。
 
 このカッコいいトカゲ人間さんはイギリスのパビリオンの中にあります。『コンピューターがいかに生命の動きを捕らえるか?』というテーマに基づいた展示の一部ですが、これが人間の本音の姿だと思います。太古の昔は森林に埋もれながら生きていた人間が、今、懐古的になっているだけで、石油が取れなくなったらメタンガス、メタンガスの次は?と資源を食いつぶしながら生きていくしか無いほど、人間の生活は複雑になりました。僕達美容師も(僕自身は、今無職・・・)河川や海の汚染、そしてヤシの森林伐採問題などに関与しています。何か次の世代の為にできる事は無いものでしょうか?

CHECK POINTS !
現在トヨタ館は朝一番の予約受付以外は受けておらず、HITACHI館とともに、2時間待ちを割る事はありません。この2社のパビリオンに興味ある方は、必ずオンライン予約をしてから行かれる事をお勧めします。ちなみに僕達は諦めました。MITSUI館はとっても面白かったですよ!ガス館は並んでまで入る必要無し。

写真↓
http://www.kodakgallery.com/BrowsePhotos.jsp?&collid=73150256108
------------------------------------------------------------
【2005/05/17 14:16】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






名古屋の食道楽  | 食道楽
長谷川さんお勧めの、犬山のザ!『豆腐田楽!!』

濃厚な赤味噌の甘みに包まれたあっさり味の豆腐が絶妙!!


DSC_0089.gif


この味噌シリーズでは、『味噌カツ』もご賞味!うまい!!!

『きしめ麺』も頂きましたが?・・・うどん?


IMG_1693.gif


それから岩本さんお勧め 『山ちゃんの手羽先』さすが手羽先激戦区だけあって、パリッとあっさり!ビールのつまみに何本でもいけちゃいます。

『桜ういろう』は水分少なめの感じで初めての食感でした。
------------------------------------------------------------
【2005/05/16 19:24】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






木曾川  | D70
名古屋入り初日は、広島で大変お世話になったパイプオルガニスト長谷川さんのお母様に犬山城を案内していただきました。天守閣から望む木曾川をファインダーにおさめながら、古の戦国時代の武士もこの石落としから同じ景色を見て、この水面の輝きに心を奪われたのかな?と思うと、人間の感情に今も昔も無く共通するものを感じました。
kisogawa.gif


他の写真も見る↓

http://www.kodakgallery.com/BrowsePhotos.jsp?&collid=10516526108&page=1&sort_order=0
------------------------------------------------------------
【2005/05/16 06:04】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






MORE THAN WORDS  | MUSIC
 coolcutsは涙腺が非常にゆるい! だから、お涙ちょうだいものの映画は必ずレンタルになるまで待って、一人きりで観るようにしています。新幹線の時刻もあまり人に教えないでいました。それでも聞かれると教えないわけにもいかず・・・今日はサングラス持参でやってきました。

 貴方の悲しみに震える横顔を見た時、思わず閉口してしまいました・・・
そんな時僕は、いつも全くの役立たずで、気の利いた言葉もありません。
だから、古びたカセットに入っている『エクストリーム』のこの曲を捧げます。

あんなに僕の青春期を支えてくれたのに、遠くへ行ってしまう事を許して欲しい。

『MORE THAN WORDS』

不器用で、言葉も無くそばにいるだけで、何もできなかったけど、気持ちだけはちゃんと解ってくれた人だから、これからも心は伝わると信じています。

貴方が元気でいてくれる事が僕の救いです。
IMG_1676.gif


皆さんお見送りありがとうございました。

写真を見る↓
http://www.kodakgallery.com/BrowsePhotos.jsp?&collid=37811256108
------------------------------------------------------------
【2005/05/16 00:41】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






GARAGE 305  |
 廃車手続きに向かう途中で右折禁止の切符を切られてしまって、なんともついていない一日でしたが、19万キロも走ってくれた僕のハイラックスサーフは安芸中野駅近くのGARAGE 305 に預かっていただく事になりました。

『幼稚園の頃から車が好きでほとんどの車の車種とグレードまで覚えていたんです』


『小学校の時(モータース屋さん)になりたいと言ったら、先生にもっと夢を持ちなさいと言われたんです。(笑)』

『最近の車はパーツごと取り替えるケースが多い、でも人が修理できない車を手間暇かけてでも修理するのが職人でしょう?職人にならなきゃ!』

作田君は本当に車が好きなんです。このGARAGE 305もほとんどが手作りで営業までこぎつけました。この情熱がお客様に伝わって、大忙し今日、お会いするまでも、3日間徹夜だったそうです。
自分の仕事の理想を追及し、完成させてしまった作田君がここに至るまでは決して平坦なみちのりでは無かった。ガソリンスタンドでバイトしながら、フリーでカーディーラーをしている頃も、僕は知っています。この人の『本気』がお客さまにどんどん支持されていく事はcoolcutsにとっても心強いです!

僕のハイラックス君をよろしくお願いします。
05-05-14_19-11.gif

------------------------------------------------------------
【2005/05/14 00:25】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






心君の夢  |
Shinnkunn.jpg


『僕、プロボウラーを目指します!』

心君が、勤めていた会社を辞めて、そう言ったのは1ヶ月ほど前の事でした。彼は高校生の頃からいつも、腹から声を出す元気な少年だった。奥様子供を抱えての決心はかなりパワーが必要だったことでしょう。

『ボウリングは力じゃない。関節の動きを無理なく伝えてボウル の重みで振り上げるんです。』

『スポットとピンのライン上に真っ直ぐ手のひらを向けるのがコツ、人間の関節の動きを正確に知る事が大切ですね。』

『プロの世界はストライクを取って当たり前、たった1ピンで負けても負けは負け。』

と語る心君の背中大きくなりました。夢の実現に向かってがんばれ!


 
------------------------------------------------------------
【2005/05/13 18:29】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






本物 Ⅱ  | 美容道
 coolcutsの渡米前に清和ケミカルの横井さんが、再び広島入りしてくれました。

どれだけ人間は進化できるのだろうと、このおやじの言動を見ているといつも関心させられる。

だけど、このおやじ曰く『上にはうえがいるぞぉ~!』

横井さんの講習はこれでトータル4日目ですが、まだちょんぼを繰り返します。coolcutsは進化をしない人種なのかもしれませんが、それでもぼんやりとおやじが伝えてくれようとした事が頭の中に浮かんでくるようになりました。

こうやって短い間でも、一緒に時間を費やすだけで、彼のみならず、たくさんの前向きな人の魂に触れる事ができました。

 何かを極めたいと思うとき、その道のりの中途では理解されがたいもので、前向きで本物志向の人に限ってこの悩みをみな抱えている事を知りました。おやじは突き抜けちまったところから『だから怒鳴ってやったのさ!』と、くる。

彼は、ぶっきらぼうでとっつきが悪く、少々癖があるのだけど、接している間に美容師の地位向上と、お客さまが受ける事ができる技術・サービスの改善を心より願い、また、その方法を深く知り、後の美容師に伝えていきたい気持ちを持った数少ないリーダー達の一人だと確信しました。

MUSEの福間君、BOOの萩原さん、ウエルネスの千田さん、『後にこの路を歩む人達の為に』と、ご協力ありがとうございました。
------------------------------------------------------------
【2005/05/12 13:32】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






出べソ  | D70
 本日、写真家のお二人にお誘いを受けて、湯来へ向かう途中にある洒落たログ喫茶へ、
いつものようにデジカメ一眼レフの話に花が咲き、そしてあたりの景観を撮影し始めました。


出ベソは昔の『切断痕』そのすぐ隣に新芽が出ています。
やがてこれが枝になり、幹へと成長していくと思えば、とても生命力を感じますね。

DSC_0167.gif

------------------------------------------------------------
【2005/05/09 00:02】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






お気に入りの一冊  | Books
 本日、長年お世話になったお客様に「広島の町も見納めでしょう」と言って、平和公園が展望できるホテルの最上階で和食をご馳走して頂いたうえに、一冊の本を頂きました。
、社会問題や、平和教育等を扱った映画を製作している、『広島映画センター』で使命感に燃えて働いておられるとっても素敵な女性です、聡明な方でいろいろな事を教わりましたが、この本はまさに最上級でした。  ジャンジオノ 原作 『木を植えた男』、簡単に表現すると、荒れ果てた荒野に、何十年もひたすらどんぐりをまき続け、森をよみがえらせた一人の男の話です。
 
 日本のどこだったか忘れましたが、沿岸漁業の漁獲高がどんどん減少していくのに頭を悩ませていた漁師町があって、一人の漁師が山に植林を始めたなんてニュースが何年か前にありました。

 今直面している問題を解決したい!と強く思い、そして、「その根源は何か?」という事を知る知恵を持ち、感謝や、報酬を求めず、ただひたすら次世代の人の為にやるべき事を淡々と行う姿勢は、まさに人格者と呼べるでしょう! 僕が大好きな、美しいハーブの都、『南フランスプロバンス地方』がこのようにしてできた事を知り、◎の感動でした。

 coolcutsは凡人なので、なかなかこうはいきませんが、『この木を植えた男』の行いをほんの少しでもお手本にして、歩んでいこうと思います。

『広島映画センター』といえば、全国に先駆け教養映画を手がけた草分けですね、そして各学校機関にもそういった映画を配給しています。その歩みはこの本の主人公ブフィエ氏の行いそのものであったのではないでしょうか? さもするとすぐさますさんでしまいそうな人の心を、浄化させるような良質の映画を作り続けてくださいね。

20050507024618.jpg

------------------------------------------------------------
【2005/05/07 04:48】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






背高のっぽのフェンス  |
背高のっぽの見上げたフェンスを
君達が真っ先によじ登って そして、僕を呼んだ

君達が無事に飛び降りるのを確認してから、
僕も後を追ってよじ登った。

飛び降りると、目の前には
聳え立つ電報電話局の交換台

見上げるような高い壁とフェンスに囲まれたその空間は
ある時は宇宙船、あるときにはスタジアム・・・そして、あるときは・・・

まだ、トムソーヤとハックルベリーだった僕達の格好の隠れ家だった。
ひょろ長くって、どんくさかった僕は、いつも君達の背中を見ていた。

そして、いつも、君達よりも早く走り、君達よりも遠く投げ、君達よりも
高く飛ばす、事を願った。

時を経た今でも、あの交換台は同じ場所に居て、僕達が通り過ぎるのを眺めている。
大人になった僕達にとって、その壁は、けっして冒険心をそそられるものではないが

今も、耳をすませば、ボールがはじけこだまする音や、君達の笑い声が聞こえてくる
そんな気がします。

願わくば、これから僕がする冒険を、いつまでも優しく見守っていて欲しい。そして励まして欲しい。
そう、あの背高のっぽのフェンスの上からね・・・・。

-----------------------------------------------------------
ここ数日、旧友達と一緒に過ごす機会が増えて、改めて自分が勇気付けられてきたもの目指したものの原点を再確認しています。
男同士っていいなぁ~!また日本に帰って来た時は酒を飲みましょう!


------------------------------------------------------------
【2005/05/05 00:01】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。