Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






視野  | D70
Kusakitote.gif

人は皆、

草の苦労に

無知なれど

草も人の苦

知るよしもなし



ーcoolcutsー
→ more・・
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=写真にコトバをのせて - ジャンル=写真

【2012/10/09 15:20】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






D70で柔道を撮るぞぉ!  | D70
Ippon!.gif

世界中のNikon D70 ユーザーの皆さん。

NikonianでD70特別Workshopが数多く企画され、Ken Rockwell から溺愛され、沢山のphotographic受賞作品を生んだD70。

かつてあれほど人気を博したこのD70。2008年以降次々にプロデュースされるハイスペックモデルの到来に、今やファースト・ジェネレーションDSLRとして博物館入りをしようとしています。

その理由はローライト撮影での感度不足。最大ISO1600、実質許容値800は最新の普及期D7000はISO25600までいけちゃうようだから、センサーレベルでの能力の差はもう明確というしかありません。おまけに動画だって フルHDです

だけど、このD70にはNikonがDSLRの一般ユーザー普及にかけた想いが沢山詰まっていました。

ebay で最低価格$120 で売買されるこの往年の名機。

果たして、そのデジカメとしての真価は地に落ちてしまったのだろうか?


D70で柔道を撮るぞぉ!

其の1 シャッタースピード

其の2  f値の決定

其の3  Raw 撮影に挑戦

其の4 焦点距離

其の5 AF精度

其の6 測光


------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/05/24 01:16】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






D70で柔道を撮るぞぉ! 其の6 測光  | D70
Kata.gif


前回の D70で柔道を撮るぞぉ! その5 AF精度編 選手の顔のパーツがはっきり写らない事を被写体ブレのせいだとばかり思い込んでいたcoolcuts。

先日練習風景で撮影した一枚の写真を再度眺めていてふと、あることに気がつきました。

顔がはっきり見えてる。

どうしてこの写真では顔がはっきり写って試合の写真ではあれだけ暗く写ったのだろう?

その瞬間、(取り)の着ている柔道着が青色なのに気がついた。

試合中に選手が着ていたのは白色。 



道場は白塗りの壁で試合会場よりも狭く、よく光が回っているにしても、使用していたレンズのf 値は f4.0

試合会場で使用したものと比べてかなり暗めのf 値です。

顔が上向きなのと、技をかける側 (取り)がかけられる側 (受け)よりも比較的静止している。 という違いはあっても、その表情の描写は、試合会場でのそれとは格段に差がありました。

それで最初は被写体が激しく動いているせいだけと思っていましたが、その後、被写体の顔が黒っぽくくすんでしまっているのに気がつきました。

もしや? と思い露出補正の攻略本を読んでみると、白い服を着た被写体を撮る場合は+補正をかけるというのがありました。

白い色の範囲が広い場合カメラの測光が明るい被写体を撮影していると感じ取って、少し暗めに撮ろうとするらしい。だから、白い服以外の所が暗く写ってしまって、マイナス1補正をかけた僕の写真は全部黒ずんで写ってしまった。


被写体が白い服を着ていて、逆行状態の時、

ポートレートでは入射光式測光で顔を測光するのが基本らしいけど、そんな事できるわけが無く。

レフ板で光を起こすなんて方法も無理。

D70にはAEロック機能がある

まずカスタムセッティングでシャッターボタンでAEロックがかかる設定にします。


中央重点測光で、今回は露出補正ゼロ。


ついでにAFを至近距離優先, AF-Cで挑んでみました。


顔でスポット測光。 AFターゲット!



撮影後Light Room3で +1EVの露出補正

Nageren.gif
D7050mm f1.8

顔は下向きのシャドー部分だけど、結構表情がはっきり解るぐらいまでなりました。



いやー、今回はD70を6年近く使って来て、まったく彼の事を解ってやっていなかった自分を恥じました。
説明書も読まず、ただ、ただ、露出優先撮影に明け暮れた。

この柔道撮影プロジェクトのおかげでD70の事がもっと理解できたような気がします。

室内スポーツでのシャッタースピードの確保に必要な高感度、そして暗い部屋の中でも俊敏に動くAF。
それらのどれをとってもセカンドジェネレーションカメラにはっきりいって勝てないでしょう。

だからといって、Indoor sportsが 撮れる? 撮れない? の回答は

『撮れる!』です


D70の隠された能力を引き出してやれていなかった僕の勉強不足がとても悔やまれます。

それと同時に、僕の足らない知識を補う為に、ひたむきに仕事していた姿を思い返すと、本当に愛着が湧いて止みません。これからはもっと勉強しながらこのカメラとつき合って行く事にします。


------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/05/24 00:20】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






かっ飛ばせぇ~!  | D70
SpeedShutter.gif

1/8000秒 

止まった!

ボールが

高く高く上がってく

スタンドに叩き込まれた飛球に

観客の歓声が上がる。


------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/05/17 14:18】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






D70で柔道を撮るぞぉ! 其の5 AF精度  | D70
Girlfiter.gif
高感度特性ではD300やD7000などのセカンドジェネレーション機から随分と格差が開いてしまったかに見えるD70, この愛着のあるマシンでいかにして柔道写真を撮影するか? という検証を続けています。

するとD70でも設定次第ではフラッシュ無しで必要なシャッター速度が得られる事が解って来ました。


しかし、そうやって問題点を消去して行くと、核心的な問題点も見えてきました。


AF-C精度の貧弱さ


5点AUTOフォーカスの D70はAFーC機能が柔道の動きに追従するには逆にあだになって、被写体が左右に動いた時に背景にピントが合ってしまう。 これは娘のブランコ撮影でも既に経験済みだったので、AF-S機能に切り替えた。被写界深度が浅くなるf1.8での撮影ではこの問題点がもっとシビヤなった。(何故スポーツフォトグラファーが 単焦点でも f2.8 を選ぶのかが解った。)
(後からAF-Cについて、気づいたのですが、至近距離優先モードに設定すれば5点フォーカスでも追従できますが、その時審判の画角への侵入には気をつけて。)

連射機能の貧弱さ

連射機能といっても、技が繰り出されて連射可能な枚数なんて知れてる。 本当に一瞬だから。
たぶんレリーズタイムラグの早さが必要なのだと思う。 

ご存知かとは思いますが、レリーズタイムラグとは簡単に言ってしまえば、「シャッターボタンを押してから、実際にシャッターが切れる(銀塩:フィルム面に光が届く・デジタル:撮像素子に光が届く)までの時間差。

D70は0.1秒。 ちなみに現行のマシンではNikonの最高級プロ使用機種D3は 0.037秒でダントツ Canonのスポーツ仕様DSLR 1DsMK?とNikonのFX機D700が0.040秒。 D300で0.045秒だそうです。

この女性ものすごいキレの良い足払いを繰り出して、一瞬のうちに一本を取ってしまうのですが、その俊敏な動きに僕もD70 もついて行けてません。


彼女が相手の道着を引く瞬間を合図にシャッターを切ります。 

D70がそれに応じてシャッターを切るのが感じられて

気がついたら相手はこの状態です。

みごとな足払をカメラに収める事は結局できませんでした。


大技のタメがあるものならある程度のチャンスはあるのですが、こういう機敏な動きにはちょっと難しさを感じます。



それから顔、 顔が潰れます。

今回多くの写真を被写体をAFが追従するAF-Cモードで撮影しました。

顔にピントを合わせて始めるたのですが、被写体が動くと次の瞬間背景に焦点が移ったりするのでAFを固定しました。


AF-Sで目のあたりにピントを合わせたその次の瞬間には前傾姿勢になってる。


頭の回転が技の切れに左右する柔道で、技の瞬間に顔の詳細をくっきり撮影するのは至難の業なのだとうと思います。


このあたりは動きが停止するタイミングを見計らう感覚や、技の繰り出しを読むタイミングを体が覚え込むという事が必要なのかもしれません。


RAW現像に関してももっとノイズキャンセルとディーテールの配分を調整して、細部を残す努力が必要なのでしょう。

(この時点でcoolcutsはD70のマルチ測光が白い道着の色をベースに露出設定したため顔が暗くなってしまっている事に気づいていませんでした。しかもローアングルでの撮影で顔は常に逆光です。マルチ測光で+補正をかけるか、中央重点露光をつかって顔で測光する必要あり。)

AF精度、レリーズタイムラグの長さをカバーする技を磨けば、

まだまだD70、現役でがんばれそうです!
------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/05/17 01:22】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






D70で柔道を撮るぞぉ! 其の4 焦点距離  | D70
JumpingJudo.gif


ファーストジェネレーション中期デジカメのD70。現在一般市場では本体価格が$300以下になろうかという価格暴落ぶりですが、かつてこのカメラの色出しは、当時のハイエンドアマチュア機D100をしのぐものとして、大変人気を博した名機でした。 

室内でフラッシュ禁止の条件で、いかにシャッタースピードを稼ぐか?

という部分に取り組んで、ISO800 露出補正マイナス1設定で RAW撮影 現像時にノイズ補正という手順を踏む事にしました。


この設定でf2.8のレンズならシャッタースピード1/250秒、f1.8のレンズで1/400秒稼げちゃいます。


今回、Sigmaの17mmから125mm(f3.5-5.6)を使ってレンズの焦点距離検証をしようと思いました。

実はもっと望遠側が必要になると思い、密かに70mm-210mm4-5.6 も用意して行ったのですが、ほとんどチェンジする場面は無く、Sigmaもずっと40から60mm付近を使っていることに気がつきました。

さすがにf値5.6 は暗すぎるのでお見せできる写真は一つもありませんでしたが、おかげ様で貴重な発見をしました。


ebayで買った安物の50mm f1.8を装着してみた所、下から見上げるアングルで、二人を画角の中に納めるのにピッタリ。 


単焦点でも多少の画角の調整はのけぞったり近づけたりでなんとかできる。


しかもf1.8という明るさは体育館内でも、ISO400で1/125秒、ISO800で1/400秒あたりを安定して出してくれたので、瞬時の動きが早い柔道撮影もブレを最低限に抑えて撮影できました。

もちろん今回はモノポッド使用でシャッターボタンを押す時の縦ぶれ対策をしたので、このシャッタースピードで感じられる被写体事態のブレ以外は気にならなくなりました。


レンズは 50mm F1.8で決まり! 


欲を言えば多少広角側にも振れる f2.8のズームレンズがあれば便利だな。








------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/05/17 00:34】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






D70で柔道を撮るぞぉ! 其の3 raw撮影に挑戦  | D70
お金が湯水のようにある訳ではありません。

考えられる方法は

1、ISO耐性3200以上のセカンドジェネレーション機、D300かD7000を買って現行のズームで撮る。

2、F値2.8以下のレンズを新調する。

3、それとも現行のシステムでシャッター速度が稼げる道があるのか?



現行のシステムでRAW撮影に挑戦してみる事にした。

何故って? シャッタースピードを稼ぐために暗く撮って、後で明るく現像。  Jpegで撮影して画像処理をするよりも元画像の情報量が多い分、劣化が起こりにくいからです。

ある日、 D70に Nikkor 70-210mm f 4-5.6 を装着して柔道場へ出向いた。



f値は4.0 でシャッタースピードを稼ぐために-1の露出補正をかけて、ISO800のシャッタースピードで1/200秒


DSC_0602-2.jpg


露出補正で少し暗めに写っているし、ノイズも多少出てはいますが、僕にとってはまるで使えないという内容ではありませんでした。

家に帰ってさっそくLightRoom3お試し版でノイズ処理と明度調整をしました。
DSC_0602.jpg


これ、結構イケてます。


会場によっても明るさは違うのだろうけど、蛍光灯だけの室内で、f4.0使用。 


これだけクリアーに現像できれば、D70の未来が少し明るくなってきました。


次なるテーマは、  f2.8より明るいレンズ。 果たして焦点距離いくらのものが実際に必要なのでしょうか?

けっして安く無いからここも慎重です。








------------------------------------------------------------

テーマ=写真日記 - ジャンル=写真

【2011/05/14 14:30】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






D70で柔道を撮るぞぉ! 其の2  f値の決定  | D70
Shizenkou.gif
ISO体育館の中でD70のISO数値は、窓全開で明るい場所ではISO400、

heisa.gif
閉鎖された場所で天窓の無い場所では1600、

tenmado.gif
天窓のある場所では800程度の数値を示していた。

会場にもよりますが、

D70のISO 限界値1600, 許容範囲800まで。

ISO800から1600でシャッター速度が稼げるシステムを組めばD70も現役でがんばれるという事になる。



それでISOと絞りとシャッタースピードの関係を調べてみた。

 絞りの値Av+シャッタースピードの値Tv=露出Ev

一番始めのブレの原因はこうでした。

体育館がいくら明るく見えても約7EVぐらいだそうです。


僕が持っている70mm - 210mm のズームレンズのF値は最大F4、ズーム端F5.6

ISO200  F5.6 SS1/8秒
ISO400  F5.6 SS1/15秒
ISO800  F5.6 SS1/30秒
ISO1600 F5.6 SS1/60秒
ISO3200 F5.6 SS1/125秒・・・

F5.6ではD70のISO限界値1600まで上げてもSS1/60秒


一般的な室内スポーツイベントに使用されるレンズはF2.8

ISO100  F2.8 SS1/15秒
ISO200  F2.8 SS1/30秒
ISO400  F2.8 SS1/60秒
ISO800  F2.8 SS1/125秒
ISO1600 F2.8 SS1/250秒
ISO3200 F2.8 SS1/500秒・・・


F2.8のレンズでやっと1/250秒が稼げる。


ちなみに1/250秒というのは柔道試合時の手足の動きを止めるギリギリのライン。


F値2.8のレンズとISO800 そして [ -1]  の露出補正でシャッタースピード1/500秒を稼げそうだ!


やっぱりF2.8の望遠が必要か~~~、、、、、

F2.8のズームレンズはほぼデジタルカメラをもう一台新調するぐらいの値段がする。



果たして、ISO3200以上対応の超高感度のセカンドジェネレーションDSLRを買うか? それとも大枚をはたいてf2.8 80-200mmズームを買うか? という選択に迫られる。


果たしてD70は生き残れるのか?
------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/05/14 14:17】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






D70で柔道を撮るぞぉ! 其の一 シャッタースピード  | D70
最近、病気がどんどんエスカレートして行っています。
どんな病気かというと、”新しいデジカメ買いた~い病” です。

最近、超高感度のセカンドジェネレーションモデルが続々と各メーカーから発表されているし、特に昨年ニコンが発売したD7000のスペックは僕の触手をソソってどうしようもない。

それと同時に、$800台でレンズ込みで手に入ってしまうD300や、価格が今や$1000以内に届こうか? というD2x も横目に見ながら、32msのレリーズタイムと秒間8コマが$400台で買えちゃうD2Hも捨てがたい。

何て考えていたら、もう夜も眠れない。

でも、D70は渡米の前に購入して、僕たち家族のアメリカ生活を日々記録してくれた仲間。

だから、愛着があるんです。

それで、どうしてD70じゃダメなのか? いったい何が出来て、何が出来ないのか? それを検証してみる事にした。

すると、僕がD70 のことについて何も知らなかった事が解って来た。

Ukemi.gif

”ダメだこりゃ” 始めに僕に言わせたのはこの一枚。
夜の室内、蛍光灯下で柔道に勤しむ娘を撮影しようとした時に、このぶれぶれ画像。

すぐさま、カメラのせいにして、まるで自分の知識の無さを疑っても見なかった。

Nikon D70 に SIGMA DC18-125mm 3.5-5.6 はかなり便利で、このレンズ一本で本当に沢山の写真を撮った。

が、室内での動体が撮影できない。

シャッタースピードが遅すぎる

設定と言えばほぼ、[絞り優先で開放より少し絞った方が奇麗に写る]ぐらいしか頭に無かった僕は。

絞り5.6でAモード撮影。(レンズの端っこは歪み”収差”が出るのだそうだ。)でもこれが大きな間違い。

シャッタースピードを稼ぐ為に、f3.5いっぱいまで開けるべきだった。だって、この写真を見ればシャッター速度
の遅さが被写体のブレの原因だと言う事が一目で解るでしょ? 

でも無知だった僕は、問題はあくまでもレンズのオートフォーカスだと思い込んでいたのでしょうか? 次なるレンズ Nikkor 70-210mm 4-5.6を購入。

Osaekomi.gif

確かに被写体に寄れるようにはなったし、AF制度は上がった。

でも、何だろう? この粒子ばった雰囲気は?


ノイズ? D70の感度はISO800までは比較的奇麗に撮れる。それを超えるとノイズが目立ち始める。

D70にはISO自動制御機能がある。

被写体が暗いと自動的にISOを上げて来る。 D70のセンサーは高感度時にイメージ全体が青っぽくなる。

そうだ! 暗いんだ。

露出補正をかけてみた。 『+1,+2、、、』 またブレブレが始まったぞ?

Plus.gif

D70はシャッタースピード限界値を設定する機能がある。

露出補正を+にかけると、カメラが余分に光を取り込もうとする。 

するとシャッタースピードが遅くなる。 という事が解った。

それで、カメラの設定メニューで何か有用な機能は無いか調べていたら、シャッタースピードの限界値を予め設定できる機能がついていた。 デフォルトでは1/60が最低値になっているが、それでは手足のみならず胴体までがブレブレになってしまう。 最低値を 1/125 に変更。これで胴体ぶれは止められるかな?


露出補正+でシャッター速度が遅くなると解ったので、今度は下げてみた。 『ー1、ー2、、、』

Dom.gif



やっぱり暗くなるな~

でも待てよ? 落下速度の割に道着の襟元がシャープだな?

シャッタースピードが上がってる?

少なめの露光→シャッタースピードが早くなる。


でも暗いのは頂けない。

じゃあf値の明るいレンズを使うべきなのだろう。


と、まるで露出とシャッタースピードの関係を今更のように認識しているcoolcuts。

考えてみれば D70はとっても頭の良いカメラ。『絞り優先』暗く、明るく、『シャッター優先』早く、遅く、を設定すれば、カメラが勝手にバランスをとってくれ、それなりの写真が撮れていた。 そんな全自動カメラを使い続けた結果、写真の事がな~んにも解らない人だった。

柔道写真プロジェクトのおかげで色々見えて来た。

柔道場でD70をどんな設定で、具体的にどんなレンズを使えばマシな写真が撮れるのだろう?
------------------------------------------------------------

テーマ=デジタル一眼レフ - ジャンル=写真

【2011/05/14 13:28】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Jangle Jim  | D70
Janglejim.gif

お父さん、この大砲ジャングルジムみたいだよ!

『おい、おい、それはジャングルジムなんかじゃないぞ、降りて来なさい。』

硬い鉄の固まりの上で、無邪気に遊ぶ子供達。

銃器を握った感触は、彼らにどんな気持ちをもたらしているのだろうか?

雲一つないぬけるようなカリフォルニアの青空を

キャノンの銃口は指し示していた。

向けられる先にあるもの

それはいったい何なのだろうか?
------------------------------------------------------------

テーマ=お散歩写真 - ジャンル=写真

【2011/05/03 14:59】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Nikkor-s 50mm f1.4 Ai 改造レンズ  | D70
Blues1.gif
KWeiman_NikkorS.jpg


Craigslist で掘り出し物を見つけたので、思わず衝動買いしてしてしまった。

1959年から約2年間、39,000個だけ製造された幻のNikkor-S 50mm f1.4

しかも、もともと非AIだったこのモデルを、Nikonが無償でAi化を提供したものなので、

このレンズでのAi対応品はそれよりも数が少なくなる。

Ai機能とは、このMFレンズの露出設定をカメラに伝え、カメラ側の測光が可能になる事で

露出優先の撮影が可能になる。

でも、新しいデジカメでこの Ai機能に完全対応しているのは d2x、d200、d3、d300、d700、d7000とF6

プロシューマー、アマチュアハイエンドのカメラのみ。 もちろんフィルムカメラで対応している機種はかなりある。

D70はAi化したレンズであれば、とりあえず装着する事は可能ですが、全てマニュアル撮影。

最初は戸惑ったけど、慣れて来るととっても面白い。

ボケ方はAF Nikkor 50mm 1.8 のソフトなリングボケに比較すると、やや線ボケに近いような。

ちょっとうるさい感じもする。

でも、最大開放値f1.4でのシャッタースピードは、D70の最速値1/8000秒でも時々明るすぎるぐらい明るい。


f1450mm.gif

しかも、この被写界深度の狭さ。 上の写真で、紫色の花のほんの一部だけに焦点があっているのが解る。

もちろんマニュアル・フォーカスなので、じっくり静物を描写する撮影向きだと思う。

50mmf14Megane.gif

しかも、室内で撮影したこのバッグとサングラス、スクリーン上ではよくわからないですが、

バッグの細いほつれた糸屑や、サングラスの溝にあるホコリまで描写できるほど、解像力があります。


アート的なBkeh表現で捉えると、KenRockwellが言っているように、最大開放値で収差が大きいとしたら、このf1.4は、結局少し絞り加減で使用するほうが多くなるかもしれないから、AFもついた1.8のほうが使い勝手も、表現力も優れているのかもしれない。

 でも、この明るさと浅いピント、そして解像力は捨てがたいな。 FXフォーマットのD700と組み合わせたらどんな写真がとれるんだろう? まあ、僕にそんなカメラはもったいない。


でも、テレコン付けてマクロ仕様にしてもそれほど暗くならないだろうし。僕のビデオカメラCanon Vixia FV40のDOFアダプターのレンズとして使える。


楽しみ、楽しみ。
------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/04/28 18:29】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






スタリオン  | D70
Horseeyes.gif

荒野を走るスタリオン

そのたてがみは風を切り

そのひづめは草原を蹴り上げる

力強いその姿は

まるで空と大地の境にあって

天に昇る竜の如し
------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/04/16 00:49】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ピンクのうさぎ  | D70
IMG_3339.jpg

バレンタインの夕暮れに

ビーチへ続く幹線道路を西へ向かって走っていた。

空から切り取ったようなヤシの木のシルエット

その向こうの側がピンク色・・・・・

カリフォルニアのバニラスカイ

この空が見たくてこの地へやって来た

今日のそれは、まるで♡の形のようでもあり

はたまたピンクのうさぎのようでもありました

僕の心の中に写し出されたその形は

”幸せ” をいっぱい含んで浮かんでた。

バレンタインの夕暮れに・・・・・

------------------------------------------------------------

テーマ=お散歩お出かけ写真 - ジャンル=写真

【2011/02/25 01:54】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Happy New Year 2011  | D70
Mist.gif


今年の気分を写真で表現するとこんな感じかな?


霧のたちこめる

杜の中道で

前方に差し込む淡い光

導かれるまま歩みを止めず。




さあ! いよいよサンディエゴも不況から抜け出す兆しが見えて来ましたよ!

光に向かって歩き続けましょうね!

謹賀新年




→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=季節の風景 - ジャンル=写真

【2011/01/01 19:28】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Happy Holidays!  | D70
Happy-hlidays!-.gif

明日はいよいよクリスマスイブですね、皆さんいかがお過ごしですか?

今年は家のご近所の公園の池にいつもプカプカ浮かんでる

あひるさんにケリーバックをくわえてポーズを取ってもらいました。

あひるさんも、とうとう街に繰り出してファッション三昧ってところでしょうか。

みなさん! 不況に負けずにハッピーに過ごしましょう!


Happy Holidays !
------------------------------------------------------------

テーマ=鳥の写真 - ジャンル=写真

【2010/12/24 14:15】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






紅葉  | D70
Koyo.gif

乾風に

重なり揺れる

木葉見て

色の深さと

冬の空

------------------------------------------------------------

テーマ=ある日の風景や景色 - ジャンル=写真

【2010/12/19 14:07】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






冬景色  | D70
Fuyu.gif

『今朝家の近くの公園で写真を撮って来ました。随分と冬らしくなってきましたね。』

私はオハイオ州から来たの。

冬はとっても寒い所よ。 

『僕の、オハイオのイメージはとっても暑い所でした。』

夏は暑くて、冬は寒いの。

だからサンディエゴの年中温暖な気候をエンジョイしてるわ。

オハイオの好きな所は何ですか?

何にも無い所だけど・・・・・

景色がとてもいいわね。

向こうに住んでいた時と大きな違いはね

ここでの暮らしは・・・・思い出せないのよ、色々な事が。

以前は一つ一つの思い出が、季節の替わり目の景色の変化とともにあってね。

ぜんぶひとくくりで覚えていたの。

たとえば、雪の中でじゃれあった思い出とか、湖で泳いだ思い出とはまるで正反対でしょ。

だから、季節ごとの生活の区切りが薄らいじゃってリラックスしすぎちゃってるかも?

『それ、解ります。日本から来た僕もすごく感じています。 もうすぐ春が来るからこれをしよう!とか、夏中にはここまでやっておかなくちゃ! って感情がなんか持ちにくい!』


サンディエゴの気候は年中私たちを活動的にしてくれて、とっても住みやすいけど。

季節感がちょっとたりないかな?

『できるだけ探すようにしてるんですよ。だから、、 今日もファインダーを覗いて、写真の中に冬枯れの落ち葉をかき集めてきました。』

そういうのって大切かもね・・・・・・
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2010/12/17 01:28】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






楽天主義(optimism)  | D70
Baggy1.gif

満たされんのう?

ええじゃないか、だからがんばれるんじゃ。


ああ、幸せじゃ!

ええじゃないか、だからがんばれるんじゃ。


ええ~じゃないか

ええじゃないか

ええじゃないか


どっちに転んでも、ええじゃないか!


ええ~じゃないか

ええじゃないか

ええじゃないか


なんでもかんでも、ええじゃないか!

------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2010/12/12 12:14】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






移民の詩  | D70
Eastlake.gif

ふるさとに

似ても似つかぬ

冬景色

すれ違う人

何処から




------------------------------------------------------------

テーマ=写真にコトバをのせて - ジャンル=写真

【2010/12/03 01:39】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






負け犬の遠吠え  | D70
Dom.gif

今日負けたのは誰のせいでもない。

君の能力と運がおよばなかった。それに対して努力がちょっと足りなかったんだな。


ただそれだけの事だよ。



しかし、まあ、そんなに落胆する事はない。


所詮、生きるって事はただのひまつぶしのようなものだから。


それで君自身の存在価値がどうなるって言う事でもないんだ。


僕ら皆「今日一日をいかに面白おかしく過ごすか」って事が 最も興味深い所でね、


勝ちも、負けも、その娯楽の一部に過ぎないって事さ。





だから、誰も君のボヤキ(敗北宣言)なんて聞きたかないのさ。


そんなんだったら、もっと面白い話がそこら中に転がっているじゃないか。

志し中ばで死んじゃった偉人の話とか、罪も無いのに八つ裂きにされちゃった哀れな娘の話とかね。

もちろん、君だってそんなスクープにもならないつまらない話をさ、一生続けてる訳じゃ無いだろう?


それだったら、湖に小舟でも浮かべてさ、プカプカやってる方がまだましだね。

そのほうがよほど楽しいってこと。



そのうちそれもつまらなくなるだろう。 そう!もっとわくわくしたくなるんだな。

そうしたらまた、一から始めればいい。

今度は誰の評価の為でもなく、君自身か楽しく生きるためにゲームに参加するんだ。

心の底に闘志を燃やして。そして、全身全霊を掛けて戦うんだ。

と、言ってもね、急ぐ必要はないよ。


ゆっくりでいい。そして、今度は低空飛行で行くんだね。


レーダーの下を飛べ。



目立たなくたっていい。自分のできる限りの努力をすればいい。


だって、君の勝負の目的は勝ち誇り、人を蔑む事では無く、表彰台に立つ事でも無い。

君自身の人生の一瞬一瞬を、エキサイトして生きる為なんだから。


それで結果が出りゃあ、思いっきり喜べばいいじゃない。 

ダメでも、ね、

エキサイトして生きてりゃ、目的は達成したようなものさ!


------------------------------------------------------------

テーマ=写真にコトバをのせて - ジャンル=写真

【2010/11/15 16:33】   トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑






Halloween 2010  | D70
HalloweenHouse.gif
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=いろんな写真 - ジャンル=写真

【2010/11/02 01:26】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






武士道  | D70
bushidou6.gif



武士道は、その表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である。

それは古代の徳が乾からびた標本となって、我が国の歴史のさく葉集(標本集)中に保存されているのではない。

それは、今なお我々の間における力と美との活ける対象である。

 それは、なんら手にふれうべき形態をとらないけれども、それにかかわらず道徳的雰囲気を香らせ、我々をして今なおその力強き支配のもとにあるを自覚せしめる。

 それを生みかつ育てた社会状態は消え失せて既に久しい。 しかし、昔あって今はあらざる遠き星がなお我々の上にその光を投げているように、封建制度の子たる武士道の光はその母たる制度の死にし後にも生き残って、今なお我々の道徳の道を照らしている。     

ー新渡戸稲造著 【武士道】よりー



侍になりたかったアメリカ人
其の一 (仁)
其の二 (勇)
其の三 (誠)
其の四(名誉)
其の五 (礼) 
其の六 (忠)
其の七 (義)
------------------------------------------------------------

テーマ=いろんな写真 - ジャンル=写真

【2010/10/23 00:27】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






立ち枯れに蔦  | D70
Karekinitsuta.gif

立ち枯れに蔦

そんな生き方も確かにある

もしかすると

世の中のほとんどの物事が

実はそうなのかもしれない

高く伸び朽ちた木に

若葉を張り巡らせ光を得んとする

僕たちの世代は特にそういうものかもしれない

------------------------------------------------------------

テーマ=光と影 - ジャンル=写真

【2010/10/14 00:30】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






雌蕊  | D70
Chiisaihana.gif

幾重にも

重なる花弁

彩りに

我が足を止め

雌蕊に見入る




------------------------------------------------------------

テーマ=花の写真 - ジャンル=写真

【2010/09/17 01:36】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






豚のしっぽ  | D70
kobuta.gif


今日は金曜日

昨日も金曜日だったような

そんな気がする今日この頃

まるで子豚が尾っぽを追っかけ回すようにね

くるくる、くるくる、同じ所を回ってる

でも、温かいよ 

生きてるよ
------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2010/09/11 12:56】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。