Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






Under the Tree and Flowers in OC  | ART
coolcutspic.jpg

4月22日、重要な決断をしました。

その後、『僕はいったいどんな顔をしているんだろう?』

そう思ったので、iphone片手にセルフポートレート。

サングラスの裏っかわに闘志がみなぎっています!

よし!がんばるぞ!!!
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アート・デザイン - ジャンル=学問・文化・芸術

【2012/04/26 22:19】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






謹賀新年  | ART
Osuimono.gif


Osechi.gif


アメリカに来てからは、これといって親戚の家に挨拶周りするわけでも無いので。

家族三人で過ごすことが多かったのですが、

今年の元旦はあるご家庭にお邪魔しておせちをごちそうになる事になりました。

久しぶりに朝の挨拶を日本語で


『明けましておめでとうございます。』


とご挨拶して30度のお辞儀。。。。

イタリア製のダイニングテーブルの上に

まるで家庭画報の中から飛び出たような洒落た器の数々。

御椀に丁寧に盛り付けされたお雑煮に、おせち料理。

それから20年物の焼酎。


ご主人がほとんどつくられたそうで、

毎年元旦には僕の父がお吸い物をつくれていたのを思い出しました。

トロ、数の子、昆布、黒豆、高野豆腐に、出し巻き卵、紅白かまぼこetc.....

ご婦人が、さりなに一つ一つに込められた意味を話しながらよそって下さいました。


壁に掛かったシャガールの絵


今年は毎年恒例だった大晦日沖縄料理で行く年来る年のイベントが無くなって、ちょっと寂しいな~

と、思っていたので。 思いがけないお誘いとおもてなしに感謝感激。

ついついたくさんワインを頂いて、酔っ払ってしまいました。



本日2012年最初の一日に、日本文化の香りに触れられたことで、今年も充実した一年になる予感。



新年明けましておめでとうございます。
------------------------------------------------------------

テーマ=日本文化 - ジャンル=学問・文化・芸術

【2012/01/02 18:45】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Terry Matsuoka & Kaori の震災救済イベント  | ART


Photo0153.jpg

先日19日の土曜日、サンディエゴを基点に活躍するミュージシャン、Terry Matsuoka 日系アメリカ人と、サンディエゴ在住日本人アーティスト 『香』の子ラボイベントがダウンタウンの2ndストリーとにあるRed Rotusにて開かれました。 

Photo0151.jpg

テリー松岡の登場。 まるでJack Johnson ばりの癒しサウンドを一本のギターが奏でながら、彼の優しい歌声が響きます。


彼の第一幕が終わると香さんが登場。


『このイベントはずっと以前から準備して来たのですが、偶然にも日本の震災津波災害と重なってしまい、気持ち的には、被災者の方には本当に無念な思いをされている事と、私も日本から送られてくるさまざまな情報に目が離せません。

それで急遽、このテリーと私のコラボイベントを震災のチャリティーイベントへ変更する事にしました。

タイミング的にはたまたま同じ時期に重なった訳ですが、こんな形で私の母国の危機的な状況に助けになれることを光栄にも感じています。


本日、Red Lotusさんが販売するドリンクや、テリーのCDセールス、そして私のアートの売上金は全て被災地への義援金として贈ります。その他にも、ドーネーションBOXも用意していますのでそちらからもぜひ、善意の寄付をお願いします。
Photo0150.jpg


集まりました募金を何処へ寄付するか? という部分では私はしっかりリサーチさせていただきました。


寄付金を100%現地に送ってくれる団体というのが私の条件で、Direct Reliefを選びました。』



Kaori's Arttic


Terry Matsuoka Crunchy Sandwich
------------------------------------------------------------

テーマ=展示会、イベントの情報 - ジャンル=学問・文化・芸術

【2011/03/23 15:57】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Vintage KIMONO silk skirts & bags Exhibition  | ART
ARISAさん主催の着物シルクスカート&バッグ展示会に行ってきました。
Kimonoskirt.gif

長年に渡ってコツコツと収集したビンテージきもの。

その伝統の持つひとつひとつの絵柄や表情はとても味わいがあり、一点として同じ物はありません。

日本文化に根付き生まれたこの黒留袖は、100年以上も前に作られたものばかり。
その多くがタンスの奥深くに眠ったまま再び日の目をいる事はありませんでした・・・・

その忘れ去られた着物達に再び息吹を与えるかのごとく、ありささんは一枚一枚手作りでこのスカートを仕上げていきます。


ビンテージなのにお値段もお手頃で、あんまり敷居が高いとは感じませんでした。
もし、またの機会があれば皆さんも、この着物達の絵柄を、日本の伝統アートを生でご覧になってください。

ARISA NITTA

Kimonobag.gif

今回のエキジビジョン上海在住の日本人バッグデザイナーmokoMIKIさんとのコラボでした。
日本のベンテージきものの素材感に魅了され、自分のイマジネーションを形にして行く事に喜びを感じながら一点一点作っているそうです。

このバッグは男性用の大島紡ぎに中国伝統の刺繍技術で私がデザインした絵柄を刺繍してもらって、皮革縫製技術に信頼のおける香港で縫製をしてもらっています。

ビンテージのきもの生地を使って、刺繍を施して、この値段では普通つくれませんね。

現在日本の皆さんにもこのサイズのバッグは人気があるラインなんですよ。

moko MIKI

------------------------------------------------------------

テーマ=着物・和風小物 - ジャンル=ファッション・ブランド

【2009/11/10 11:20】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Art Walk  | ART
20050703125256.gif


春満開のこの季節、ダウンタウン・サンディエゴで行われる『Art Walk』に足を運ばれてはいかがでしょうか? 今年で22回目となるこのイベントでは、絵画、彫刻、音楽、ダンス等、350人を超えるアーティストたちのパフォーマンスを青空の下で楽しむ事ができます。
 磯部めぐみさんもArt Walkに出展するペインターの1人。Water Color Aocietyのメンバーである彼女は、会の推薦を受けてこのイベントに参加できる最終14名に残ることができました。「幼い頃から時間さえあれば絵を描いていました。」というめぐみさんですが、ペインターを職業にするのは無理だと感じ、日本では悶々とした社会人生活を送っていたとのこと。しかし、「個性の強いもの、人と違うものを表現することに寛大なアメリカで、私の力をもっと伸ばしてみたかった。」と、思いを断ち切れず2001年に渡米を決意。 その甲斐あってか、去年のSan Diego County Fairイベントでは優秀作品賞を受賞する等、新進気鋭のアーティストとして注目されています。
 めぐみさんの作品がご覧になれるArt Walk では、子供向けの催しなど様々なイベントが開催される予定です。
午後のひと時、お散歩も兼ねてご家族連れでお越しになってみませんか?

・日時:4月29日(土)、30日(日)12:00pm~6:00pm
・会場Little Italy / Downtown San Diego
・入場は無料です。詳細についてはウエブサイトをご覧下さい。

ArtWalk San Diego

ArtWalk 2006 Artist: The Stuhmiller Group

めぐみさんのHP
Megumi Isobe www.megumiisobe.com


めぐみさんの作品に関するお問い合わせは下記まで

E-mail: dqfo4412@nifty.com

なんて記事がめぐみさんの顔写真つきでゆうゆに出ていたので、ちょっと宣伝してみました。
皆さん彼女のすばらしい作品を一度足を運んで観てみてくださいね。!!!
------------------------------------------------------------

テーマ=人生=ART だ! - ジャンル=学問・文化・芸術

【2006/04/20 14:30】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






THE GETTY CENTER  | ART
DSC_0019.gif

 今日はLAXへアルトロ爺さんとアンティーメリーをお見送りに行ったついでに、ゲッティーセンターへ行く事にしました。


しかし、まあアメリカのお金持ちというのはとてつも無い方がいるもので、10億ドルもかけて一般に無料で公開する美術館を作ってしまった尊いお方がおられます。 その名はJ.Paul Gettyです。石油王として富を築いた彼が生前に集めた美術品は絵画、彫刻、装飾家具、写真、装飾食器類などものすごい数! それらの美術品を無料で観覧するように遺言をを残しました。
 現在ゲッティー財団によって運営されているこの美術館は、マリブから1983年にサンタモニカの山のふもとへ750エーカーの土地を購入して、リチャードマイヤーが建設にあたりました。
 
 常設展示の他にも、期間ごとのイベント展示がされていて、それが駐車料金7ドルだけ払えば、タダで見放題、しかもフラッシュをたかなければ写真も撮り放題だそうです。

 だけど、実際中に入るとかなり気が引けちゃってほとんど撮影はしなかったけどね。やっぱり作者への敬意は込めなければ・・・。

 平日でも地下7階建の駐車スペースが朝10時段階で5階まで満杯だったから、ワンフロアー200台として、1日に駐車場代だけで$14000は収入がある。+レストラン・カフェ経営や、グッズ販売なども行っているから、維持費はペイできるんだろうな~っと思いつつも。

ものすごい太っ腹!

THE GETTY CENTER オフィシャルサイト

↓ゲッティーセンターの写真
→ more・・
------------------------------------------------------------
【2005/08/04 15:12】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。