Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






ミニスカートは女の戦い!  | ファッション傾向


50年代後半にイギリスのファッションデザイナーがマリークワント(Mary Quant)がキングスロードの有名なブティックBazaarで短めのスカートを発売し始めたところ、その当時のロンドン娘に飛ぶように売れた。

今日はその当時のアメリカで生まれ育った女性のお客様の会話の一部をご紹介します。



僕は当時のSwinging Londonを肌で感じてみたかったですね。

テーラードのスーツにミニスカート。

それからブリティッシュロックの到来!

Sassoon が切り開いて行った新しいヘアーデザイン世界。



『私はその頃女学生だったわ。

     あの頃の学校は、女の子に対する服装の制限が厳しくてね。

  あれは着ちゃダメ、メイクはダメ。 ミニスカートどころか、ズボンだって履く事が禁止されていたのよ。』

ええ! じゃあ、あのグリースの中で女の子達がショート丈のパンツを履いていたのは結構型破りな事だったんですね。


『そうね、あの頃の女の子はね、、、、

   その母親の代まで抑圧され続けたファッションに対する欲望が

      一挙に爆発しちゃった感じね。』


一人、また一人、もうその開放感を求めてミニスカートが流行して止まらなくなっちゃったのよ!



ミニスカートはある意味、女性解放運動の戦いの火ぶただったのかも知れないわね。



スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=ファッション - ジャンル=ファッション・ブランド

【2012/03/19 15:19】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






バサまつげ  | ファッション傾向
eye-make.jpg


‘05の傾向はあくまでもナチュラルなメイクが中心でしたね。

ウエストポイントの高いファッションや流れの展開部分が高いヘアースタイル等など・・・・・・

2006年は高い位置にポイントのウエートを置いたデザインが春の傾向ならもちろんアイメイクも口元では無く目元にポイントを凝縮って感じです。

特徴としてはアイホールいっぱいのアイシャドーにメーテルまつ毛。

うわぁ~濃い~!!!って声が聞こえてきそうですね。

もちろんこちらは広告用に特徴を強調したイメージなのでちょっとしつこいですが、グエンステファニーと原宿ガールズのカップリングを通して、ハリウッドでは日本のコギャル文化に注目していたこともあって、少しその影響もあるのかも? 実際こちらのお客様の中で20代の方は実際これくらいのアイメイクをしていらっしゃる方も珍しくはありません。サンディエゴは保守的な町だけどそれでもたまに見かけます。

まつ毛の形にご注目下さい。カールを付けすぎないであくまでも長さを強調しているのがお分かりでしょうか?

縦長ってところですかね?

束感もかなり強調されていてかなりボリュームを感じます。

と、言う事で最近テレビのコスメの宣伝では

『ボリュームアップで長さも出せるマスカラの宣伝が増えて来ました。』

コギャルイメージが古びてしまった日本へはどのようにアレンジされて流行するのか?っていうところが注目したいところですね。

------------------------------------------------------------

テーマ=春のファッション - ジャンル=ファッション・ブランド

【2006/03/17 06:34】   トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑






Pati Smith  | ファッション傾向
Patti-Smith.jpg


'06春のファッションは縦長Aライン

と、先日お伝えしましたが・・・・・

『そんなAラインなんて柄じゃないわ!』って

ボーイッシュなコーディネートをお好みの方に

あのパンクの女王

パティー・スミスLOOK

ワイシャツに細めのタイでキリッとキメル。

Neck-tie.jpg

------------------------------------------------------------

テーマ=春のファッション - ジャンル=ファッション・ブランド

【2006/03/17 00:52】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






マドンナが‘06春のBAZARでトップを飾る訳  | ファッション傾向
Madona-Bazar.jpg


‘06この春からの傾向を調べるため図書館へ行った。

今回リサーチしたのは

BAZAR SPRING ISSUE , SEVENTEEN , COSMOPLITAN , MORE , SURF

ですが、その中でも一番今期のファッション展開を特徴付けて示していたバザールにスポットを当てて検証しようと思います。

いきなりカヴァーがMADONNA

彼女はアルバムHANG UPのリリースと全国ツアーを05年には企画して精力的にマドンナ健在をアピールしていたかと思いきや、先日のオスカーノミネートでもかなり注目をあびていたし、今回、スプリングファッションの特集記事の中で

『MADONNA'S INFULUENCE : SPRING 2006』

と、かなりこの春の重鎮としてもてはやされている。

そう!本格的に80年代ファッションの到来です!

 かつて50年代の女性らしいシルエットAラインフレアーが前面に出て来て、ボートネック、そしてコルセットも蘇った(ボンテージファッションとして)そしてバルーン、キュロット等懐かしいシルエットが勢ぞろいです。また、詳しくは写真を添えてお伝えします。

最近アメリカのデパートの店頭で再びコルセットが並ぶようになりました。(しかも見せコルセットです。)シャネルが知ったら怒るでしょうね

80年代にマドンナを支持した層は現在ちょうど30代から40代という経済の中心的な位置に来ているというのがあげられると思います。

Corvette戦略のように青春期にあるイメージを崇拝した世代に懐古的な企画で高級商品を打ち出し、ヒットさせる狙い。

その広告塔に選ばれたのがこちらのMADONNA様だということでしょう。

では、80年代にマドンナが登場した背景はどんな時代だったのでしょうか?


60年代や70年代はキューバ危機、ベトナム戦争、とアメリカの権力保持が中途半端で終わった事実を横目で見ながら、公民権運動や、 女性解放運動を経て、政界では世の中が無秩序になったという評価をするものも少なくなかった。実際ケネディー以降のアメリカの大統領も、フルシチョフの後のソビエトの書記長も保守強硬派の傾向をたどった。

そんな中でアメリカ国民も80年代は保守・沈静の時を迎えようとしていた。

80年代当時のアメリカはオイルショックと自らが投げたマスキー法制定案によって日本車がメキメキと評価を上げて行き、世界に誇るアメリカビッグスリーの不振が叫ばれるようになった。多くの失業者とヒスパニック系移民増大問題。病めるアメリカがそこにいた。

そんなおり、古き良きアメリカを懐古的に演じたマドンナ旋風が巻き起こる。
 
 激しく価値感が揺れ動いた60年代70年代を通り過ぎて、平和で裕福だった強いアメリカがあった50年代を懐かしんだのではないでしょうか?

男性に媚びる女性の象徴であるマリリンモンローを再びイメージとして担ぎ出した事にマドンナは間もなく、全米女性機構(NOW)のベティ・フリーダンをはじめインテリ層から猛攻撃を受けることになる。

たしかに、マドンナの売りだしイメージだけで見れば、 『女は女らしく』と言う風に捉えた方がほとんどだと思いますが、実際、性の対象物である女性、10代の妊娠中絶問題、人種差別問題・宗教、物質的な欲求等、ありとあらゆる社会問題にメッセージを投げかけていた。60年代~70年代にバランスを取り損ねたものに対しての、調整役として彼女の存在が大きかったのでは無いか?って思うんです。

例えば、フリーセックスにはなって男女が同じスタンスで性について考えられるようになったけれど、その後妊娠問題は女性に直接的に降りかかってくる。とか、他民族国家のあり方として全ての人種を平等に扱う為の約束事が出来上がったけれども、実際存在する価値感や文化などの葛藤。手に入れる希望を持ったうえでの貧富の差。増大する国内消費の影で増大する貿易赤字 etc...

マドンナはあの時代のアメリカに本当にタイムリーに問題定義をしていたと思う。

 80年代はそんなアンバランスを克服する時代だったんだろうなって思います。
 
 
イラク戦争終結    ⇔ベトナム戦争終結

原油価格急騰     ⇔オイルショック

京都議定書不参加問題 ⇔マスキー法提案 


一方2005年に環境問題や原油価格高騰によって史上初めて販売台数トップ5にアメリカ国産車が入らなかった。

80年代ファッションが始まった傾向と情勢が似通っているのはただの偶然でしょうか?

結構、国内経済や世界情勢がMachismoに影響する部分がありそうですね。
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=春のファッション - ジャンル=ファッション・ブランド

【2006/03/10 01:54】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Flower Children  | ファッション傾向
Flower-Children.jpg



flowerchildren, FlowerChildren

'60s~'70sのボヘミアン・ヨーロピアン・アジアンスタイルの融合

ファッションをただのファッションと思う無かれ!

そこにはその時代に生きた若者の熱い思いが詰まっている!


Flower Children... それは Hippy's Spiritである

それは・・・"Love & Peace & Free"

アジアンテイストとヨーロッパテイストを融合した 自由で遊び心のあるファッションが充満し始めた。

→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=歴史 - ジャンル=サブカル

【2006/01/24 03:56】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Victoria's Secret Fashion show 2005  | ファッション傾向
Fshow_runwaydetail_CUT_02.jpg

ビクトリアズシークレットファッションショー2005が開催された。

シールやリッキーマーチンをゲストに迎えて大々的に行われた今回のファッションショーの狙いは、クリスマス商戦に向けての決定打を放つ事!っていうのが前面に出ている。

おもちゃ箱をひっくり返したような舞台セットの上をセクシーなモデルさん達がそれぞれテーマを持ったランジェリーに身を包みランウエイを明るく闊歩する。

日本のレイヤースタイルの流行にかなり影響力を持っていると言われているミヤムが、Vマガジン等を参考にしているっていう記事を読んでから、海外のファッションカタログ系の雑誌からレイヤーのリソースを拾うようになったのですが、中でも日本からもオーダーできたビクトリアシークレットのカタログはかなり重宝しました。

定期的に我が家に送られてきて、その時期によって表情を変えるモデルさんたちのヘアースタイルをチェックできたからです。

ビデオを見ていただいたら解ると思うけれど、ここのモデルさんはアウトラインがV字、U字関係なく、必ずと言っていいほどバック側の厚みを残すカットがされているウエートもあんまり上がってませんね。やっぱり超ロングでたわわな髪は女らしさのシンボルなのかな?レングスと前髪の設定位置が今期の特徴を捉えていますね。

通常のファッションモデルとビクトリアのモデル達には相違点があって、いかにセクシーに見せるかが重要なビクトリアのモデルは身体を大きくバウンスさせながら歩くのが特徴的。

今回のショーでビクトリアのモデルを卒業するタイラ・バンクスは『今まで一度もビクトリアシークレットから、“やせなさい”なんて言われた事が無いの』と言っていた。

下着メーカーですからね~

ところで、今回のビクトリアシークレットでもかなりロシアンインフルエンスの影響を受けたデザインが多かったのですが・・・・

僕はいまひとつ世界の中でのロシアがヨーロッパに属するのか?それともアジアに属するのかよく分別がついていないのですが・・・。

ウズベキスタン人などは本当にアジアって言ってもおかしくないほど日本人と変わらない顔をした民族ですよね。広島にいた時一人ウズベキスタン人の女性にお会いしましたが、まったく日本人と見分けがつかないけれど背が高い印象でした。

だれかこれについてご存知の方教えてください。

Victoria's Secret Fashion show 2005 VIDEO

Victoria's Secret Official Site

------------------------------------------------------------

テーマ=海外ブランド - ジャンル=ファッション・ブランド

【2005/12/14 15:55】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Orientalism  | ファッション傾向
MAC-WINTER.jpg

予想通りです!

やっぱり来ましたね

今期MACのシーズン・テーマ
『ORIENTALISM』

Last Samurai、グエンと原宿ガールスのセッション、そしてメモリーオブゲイシャの公開開始!

日本を旅立つ前に写真家の倉本さんが『オリエンタルブームが来ますよ!』

って言っていたとおりになりました。

結局、今も昔も人の世は変わらない。 流行はぐるぐる回る・・・

前髪の設定が長くなったり短くなったりするのと同じように・・・

東へ東へと・・・。

そしてボブラインをしっかり出しながらボディーを作りこめる美容師さんに強みが出る時代がやってくる。
------------------------------------------------------------

テーマ=コスメ - ジャンル=ファッション・ブランド

【2005/12/13 15:13】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






ファッションを開放したシャネル  | ファッション傾向
イギリスの産業革命がもたらしたのは労働階級の人々の解放の種火でした。

やがて、民主化の波が世界中に変革をもたらします。

服飾産業の合理化による供給量の増大と、貴族社会に支配されていた人々の開放がファッション業界の誕生を予兆していた。
やがて・・・・

ナポレオン1世期のエンパイア・スタイル以来ずっと女性の身体を縛っていたコルセットを19世紀末から20世紀初頭にポール・ポワレが開放した。

しかし、彼の試みは移ろいやすい貴族階級のファッションの流れの一部でしか無く、オリエンタリズムが飽きられるとまた元のもくあみ、彼女達はまたコルセットをはめ始めたのです。

しかし、身体へのコルセットだけでなく、精神的なコルセット(締め付け)からも女性を解放したデザイナーが同じ頃に脚光を浴びることになる。

その名はガブリエル・ボヌール・シャネル

シュミーズ・ドレス、カーディガンのツインセット、ジャージー素材の服、ミニスカート、ミリタリールック、80種類もの成分を優秀な科学者が混合した、全く新しい人工の香り シャネルNo.5 No.22、キルトレザーとチェーン素材の融合で作ったバック。

何もかもが斬新で、そして何もかもが華美になりすぎずその装飾は機能的に必要なものとしてデザインの中に取り込まれた

その素材は男性の作業着であろうと、下着のジャージ素材であろうと、それまでの洋服の分け隔てを覆してさまざまな試みが行われた。

このシャネルの挑戦は20年代の先鋭的な女性たちギャルソンヌを魅了しその成長は留まるところ知らなかった。

シャネルは現在でも売上高の上位にランクする会社のなかでは最古のブランドです。

39年に服飾デザイナーから引退し、香水とアクセサリーだけをとり扱うようになる。

しかし・・・、

50年代に入りクリスチャンディオールが、復古的で、着せ替え人形タイプの「ニュールック」を発表! コルセットをよみがえらせてしまった。

これに憤慨したシャネルは54年に復活!

シャネル70歳の時でした。

55年、シャネルは、対抗馬として機能的なツイード・スーツをぶつけた。

女性の職場進出が遅れていたフランスでは不評でしたが、いち早く女性のエグゼクティブの台頭がめざましかったアメリカで人気が爆発。

アメリカに遅れること10年、女性の高学歴化が60年代に進んだフランスでは、70年代に入って、ようやくシャネル・スーツが有名になる。『シャネルスーツ』がディオールの『ニュールック』に打ち勝ったのです。

この戦いを皆さんはどう考えるでしょうか?

60年代は世の中の価値感が2分化する傾向にありあました。

女性が封建的な社会から抜け出して、社会進出するか否か?

その種火はずっと前からくすぶっていて、後は開花する時を待つのみという状況でした。

その中で、二つの考えを背負ってクリスチャンディオールとシャネルは戦ったのだと思います。

有色人種は有色である以前に人間である、女性は女性である以前に人間である。子供は子供である前に人間である。

ビートルズが誕生した背景にあるものも同じ流れだと僕は考えています。

過去の民族衣装の多くは、コルセットや帯などで縛り、動きにくくし、女性を拘束するものや毛沢東が小さな足の踊り子を好んだ事から多くの女性が足を紐で束ねて小さくしたり、男性社会にコントロールされる道具としてファッションが存在しました。

全てに人権を認め、自由に活動できる場を与える価値感がついに開花した60年代、女性が自分達の為のファッションを選択し勝ち取ったのです。

その最後の戦いが、この

シャネル VS ディオールの戦い

だったのでは無いでしょうか?

シャネルが世の中の女性に与えたかった精神をまとった女性が街を闊歩するようになった時から、

機能美というテーマがきっとファッション業界の大きな軸になっているのだと思います。

世界中がモダニズムに沸き立った時代でした。

------------------------------------------------------------

テーマ=ブランド - ジャンル=ファッション・ブランド

【2005/12/08 13:38】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






MOD TV  | ファッション傾向
本格的に冬に突入する前に、もう一度 2005年秋冬トレンドを再チェックしましょう!

ニューヨーク ミラノ パリス のモードを映像で届ける

MOD TV

メイクアップアーティスト PAT MCGRATHの舞台裏映像や各有名ブランドの最新トレンドが満載の番組です。

リングフラッシュでの撮影風景なんかも映像の中で観れてちょっと簡易撮影のTipもありますよ!
------------------------------------------------------------

テーマ=海外ブランド - ジャンル=ファッション・ブランド

【2005/11/03 15:09】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






近所の図書館  | ファッション傾向
tide-cort.gif

今日は近所にある図書館に出かけた...

 雑誌なんか買わなくても新しく出たばかりの雑誌から過去のものまでズラ~っと陳列してある。 

 年間$20支払えば、DVDだって借り放題!


 なんと貧乏人の僕には優しいシステムなんでしょう。にじゅうまる◎

 今日はまたまたファッション傾向とヘアースタイルの秋傾向を探りにやってきました。BZARっていう日本で言うハイファッションのようなカテゴリーファッション誌を読みふけりました。他にも沢山机の上にどさ!と置いたのですが、結局この一冊でいっぱいいっぱいでした。

 だけど、さすがこの手の雑誌はあまりゲセなネタが少なく、ファッションやアートに特化しているのでかなり読み応えがありました。

 その中で一番特徴的なショットを2枚だけ載せます。

→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=髪型 - ジャンル=ファッション・ブランド

【2005/08/31 15:38】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






今期MACのイメージコンセプト  | ファッション傾向
DSC_0042.gif


今期MACのイメージコンセプトは

  『REBEL ROCK』反旗のロック!

 と言う事で、プラザボニータのショッピングモールにあるショールームでは、見るからにパンキッシュなインパクトを放っている!!

 彼らの気合の入りようはものすごくて、店員皆が、シルバーやピンクに染めたロックテイストのヘアーや、パンキッシュな装飾をジャラジャラ付けて店頭でデモメイクを行っていた。

 洗練された都会的でナチュラルなメージをもって、日本でもファン層を築いていたMACですが、この変身振りは尋常じゃない。

何か危機感にさいなまれているような様相にも見える。
考えてみれば、もともとはナチュラルコンサバ旋風に押されるように世界を制覇したMAC、カジュアル思考に向かっていく現在、パステル系の配色を売りにする化粧品メーカーが増えて来た。そんな中でMACは、ヴィジュアル系の客層に狙いを定めたっていうようにも見える。

 ルイヴィトンがモノグラムの上に手書きのフォントを書き込んで売り出した時、ギャルがこぞってそれを買った。
大手化粧品メーカーが手を付けない隙間客層に客層拡大を狙ったもなのかどうか、この意外性たっぷりのMAC戦略これからの成り行きに興味深々なcoolcutsなのでした。 

 
------------------------------------------------------------

テーマ=コスメ - ジャンル=ファッション・ブランド

【2005/08/14 08:53】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






‘05 秋のトレンド情報  | ファッション傾向
Late20s からmiddleを対象のコンサバファッションマガジン

『Lucky』9月号が発刊され、秋のファッション傾向が発表されました。



rossian.gif


Keyワードは↓
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=海外セレブ - ジャンル=ファッション・ブランド

【2005/08/10 11:33】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






ファッション傾向スケッチ  | ファッション傾向
 今回のデラーノへ向けての旅行では、少しサンディエゴのファッション傾向の特徴を垣間見ました。


 遠い古の社会では、ファッションもまた、言語と同じように波状伝道で伝わっていたのに、今はメディアの発達により発信され受け止るものは画一化している。その環境の中で違いが出るのは受け取る側の生活習慣や伝統文化のフィルターにかけられたときです。

 サンディエゴで売られている雑誌にもしっかり『‘05ブリティッシュインフルエンス』が出ているのに、ここでは全くと言っていいほどお目にかかることは無い。『セレブレティーファッション』は吸収しているようです。

 つまり、日本でもニュートラとハマトラが存在したように、ファッション傾向が降り立つ土地の風土や人々の考え方によって取り入れられる部分が違ってくるという事なんです。

 デラーノはほぼLAから東側に、サンディエゴと同じくらいの距離感で位置しています。サンディエゴが軍需産業や、ネイビー、マリンの軍事都市として発展して来た経緯に比較して、デラーノの主な産業は農業。

 厳しい軍隊の規律に従いタフさを求められながら長年生きてきた人々とその家族が作り上げたサンディエゴの文化は、どうしてもコンサバティブな様相があります。
男は男らしく、ヒップポップSaggy Pants Styleや女性もあまり華美になりすぎるのは抑え気味(普段の事ですが)でローライズ、カーゴパンツにTシャツで過ごす事が多いし、胸元のカットも控えめ。


 片や、日本もそうですが、農村の民は色彩感覚が発達します。日々食物になる野菜や果物、そして花の色彩の変化を読み取る事が生活のスキルとして重要になるからです。日本の着物文化は最たるものですよね。小柄なボディーの人が多いから、デラーノの若者の中ではセラブレティーファッションが普段着にも浸透しているように感じました。小柄なぶんセクシーを強調する傾向もある。

 内陸部のデラーノはこの時期平均40度を越える暑さ、一方サンディエゴは20~30度。っていう温度差もかなり着る服に左右する。しかも内陸部の冬はすごく寒いらしい、つまりバリエーションが出るからおしゃれを楽しむ土壌がある。

 ショッピングモールを少し歩いたのですが僕が着れそうなサイズがたくさんありました。サンディエゴで僕のサイズはキッズセクションぐらいしか置いてないかも?って思っていたので、デラーノのショッピングセンターを歩いていると、ちょっと幸せでした。

 こんな事もファッション傾向に影響しますよね。だって大柄な人がヒップポップファッションをしても男らしくうつるけど、小柄だと子供っぽくなりがちだし、小柄だと子供っぽく見せたくないって思う気持ちが強いからセクシー路線を意識したりするし。

つまり、何がわかったかっていうと、個人の趣味にもよるからいちがいに決め付けられないけれど、サンディエゴは少しコンサバよりのファッション傾向が強い可能性あり!ってこと。

 

------------------------------------------------------------
【2005/08/02 01:46】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。