Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






色盲のカメラマン  | 自然界と色彩
Colorblind.gif

僕のFacebookのFriendに Anselmo Sinclair Ortiz というカメラマンがいる。
本人はLAに住んでいて、一度も面識は無いのだか、サンディエゴの友人を介してネットで友達になった。

彼は色盲のカメラマンだ。


色盲、とは色覚異常ともいう。

ヒトの色覚が、先天的あるいは後天的な要因によって、正常色覚とされる範囲にない状態をいう。
彼の場合先天的で、色を認識した記憶が無い。

しかも、光の強い所ではほとんど形も認識できなくなるほど視力が落ちてしまう。

だけど、彼の作品はとても色鮮やかで、尚かつPhotoshopを使用して色遊びを好んで行う作品傾向にある。

つまり、色が認識できないとは思えない作品作りなのです。

その事をいつも不思議に思っていた。


彼は、撮影をして来たデータをコンピューターにダウンロードすると、何時間もかけて画像処理を行い作品を仕上げて行く。


色盲なのに、どうやってカラー画像を処理しているのだろうか?


『僕は生まれつき色が見えません。 皆さんに色がついて見えるものでも、僕にはただの白黒の画像でしか無いのです。 それでは僕がどうやって作品作りの時カラフルな映像を認識しているか? と、いうと。

子供の頃24色の色鉛筆を持っていて、その色の名前をグレースケールの濃淡の違いで記憶させました。

だから、誰かが何かを指差して僕に ”あれは何色ですか?” って尋ねたら、必ず正確に答える事ができます。

トマトは赤だと答えるし、バナナは黄色です。

僕が屋外に出て撮影して来た写真も色鉛筆と同じようにグレースケールでしか僕は見る事ができません。

だけど、その色の配色状況は白黒の濃淡から受け取れる情報で自分の頭の中に組み立てる事ができます。

だから、デジタル画像を処理する時間が僕にとって至福の時なんです。』



彼がそうやって、自分の記憶の中には全く無い ”色” というものを ”僕たちがこんな風に見ているはずだ” 表現する画像は、時々見た目の物の色味をかなり覆してしまうような場面も多々あります。

彼の作品には、色盲の彼が色を認識する作業を楽しみ、その事に情熱を燃やして作り込んでいるのがものすごく伝わって来ます。

LA在住の皆さん、Anselmo Sinclair Ortiz さんの個展が開かれたら、ぜひ行ってみて下さい。

自分の能力を超えた部分で表現力を働かせている人が いる事に気づかされるはずです。

シカゴからの帰りに飛行機の中で読んだ機内雑誌で、盲目のカメラマンという記事を読みました。

どうやって写真を撮影しているのか? までは書いてありませんでしたが、とてもすごいです。

かれは海に潜って撮影したりもします。




アートの学校で理論を勉強しなければアーティストになれない。 そう思いがちな現代。
僕たちの仕事だって同じ事。 ヘアーカットの理論無くして髪は切れない?

それを飯の糧として行うなら、それなりの責任感を持って、その事について深く学ぶ事も必ず必要だとは思います。だけど、アートの原点に立ち返ってみれば、

何かを表現したい!

そう思うだけで充分なのでしょう。 
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アート - ジャンル=学問・文化・芸術

【2011/08/16 16:19】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






自然と色彩 Part8  | 自然界と色彩
Library.gif

 今日は、近く管理職に昇進を言い渡されているエヴォレンもサウスウエスタン大学でヒューマンリーソースの勉強を始めた。キャロリンは今日リレステートエージェントの授業がある。

 ついでに僕も勉強しよう!っと思い子供達をカズンの家に預け、大学の図書館へ行く事にした。

 彼女達が勉強している間、8時までは図書館が開いている。
PCも完備だし持ち込みのノートもワイヤレス受信でネットサーフできちゃう。

 英語の勉強をしなくては!って思っているので、まず先日本屋の$1セールでどっさり購入してきた本の中からWORLD ENCYCLOPEDIA(世界百科事典)を読むことにした。

 第一章は、BIG BANG(宇宙創成の大爆発)から始まって、星の誕生と地球と月の関係等が書いてあって、とっても興味深かった。

 特に星が出来上がるプロセスはなんだかヘアカラーの酸化重合に似ていて面白い・・・。 
→ more・・
------------------------------------------------------------

テーマ=自然科学 - ジャンル=学問・文化・芸術

【2005/09/01 22:54】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






自然と色彩 Part7  | 自然界と色彩
DSC_02761.gif

アルトロ爺さんとメリーおばさんのアメリカ滞在日程が残り少なくなってきたので、孫たちの集合写真を撮ろうって事になった。
皆可愛く写ってるね~、お気づきですか? 日、英、非、アフリカ、ヒスパニックこの国際色豊かなバラエティーに。

前列左がさりな 真ん中がアマンダ  右がマドリン

後部左からローレン  真ん中がアナ  右がドミニーク

 なんともインターナショナルなカズン達でしょう? これがとっても仲良しで、それぞれがそれぞれのキュートを持っている。さりなは勝気で頑固でやさしい、アマンダは最近歩き始めたばかりで憂いを含んだ目がチャームポイント、マドリンは運動神経が活発ではっきり言葉を話す、ローレンはとってもお茶目でガーリッシュ、アナはいつも自信が無さそうにしているけど本当はしっかり者、ドミニークは本当に憎めないやんちゃ者。この写真を見ている皆さんの印象はさまざまでしょうが、アルトロ爺さんにとっては皆、彼を慕う可愛い孫たちなんです。

 僕は高校生の頃から米軍基地でバイトしていたので、日本人で日本にいながら人種差別を感じ取る経験ができた。

 そして、人種差別というテーマに対して日本にいながら考えるようになった。

 やがて、仕事の関係で色彩学を勉強した時の気づきから、この肌の色の区分がよほどばかげた事だ!という事が解った。

ただ、それだけの事なんです、人種なんて ↓

→ more・・
------------------------------------------------------------
【2005/07/27 02:49】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






自然界と色彩 part 6  | 自然界と色彩
日本の風物詩で決して忘れちゃいけないのがホタルですね~。一時は河川のコンクリ舗装と水質汚染でほとんど民家の近くで見る事ができなくなっていましたが、自然保護の価値観が高まって、現在ではちらほら、現れるようになった地域も多いでしょう。

 さて、今回は『蛍』、 ホタルという言葉は既に平安時代に使われていて、日本書記の中に『螢』という字がでてきます。またその語源は『火垂れる』に由来しているといわれていますが定かではありません。

蛍の発光器は、発光細胞、反射細胞、神経、気管から成り立っています。

発光細胞内の発光素ルシフェリン、酵素ルシフェラーゼ(たんぱく質の一種)が、ATPアデノシン三リン酸マグネシウムイオンが気管から供給される酸素によって化学反応を起こし、光を発する仕組みになっているそうです。反応によって生じた光は、反射細胞を通って透明な表皮を透り外部に放射されています。また、発光は発光器内にある神経によって制御されていると言われています。この発光は蛍の体内にある化合物から酸素が離れる時に発光するという特殊な発光の仕方をするので熱を伴いません。したがって蛍の光は冷光(れいこう)と呼ばれています。『蛍百科事典より』
hotaru.gif

この絵は僕の妄想です。残念ながらサンディエゴではホタルは見れません。
瑞穂町で見た蛍が懐かしいィ~!服部さんお元気ですか?
------------------------------------------------------------
【2005/07/13 08:14】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






自然界と色彩 part 5  | 自然界と色彩
Ajisai.gif

あじさい、これはサンフランシスコのロンバード・ストリートに咲いていたあじさいですが、現在日本で見られるあじさいのほとんどが西洋種、もともと日本にあった品種はもっと小ぶりだったのですが、海外へ輸出されはじめた後に、より大振りに品種改良され、日本に逆輸入されました。あじさいはよく『花の色はうつろいやすく・・・』などのように変化を形容するものの代表のように言われてきましたが、この道の植え込みにもさまざまな色のあじさいが咲いていました。 
 
 あじさいの花の装飾花の色素はアサガオの色素と同じアントシアニン系の色素です。アントシアニンはPHの変化に伴って色が変化する特徴があると一般的に良く知られています。土がアルカリ性だと赤い花が、酸性だと青い花が咲きます。 
 
 今回その仕組みについてもうちょっと突っ込んで見ましょう!

 あじさいの色が変化するのはアントシアニン系の色素に、ある化学反応が起こるからなんです。簡単に言うとあじさいのアントシアニンが土の中に含まれるアルミニウムと結合する事で青色の発色に変化するのです。土壌のPH値が酸性に傾いたときにアルミニウムが沢山土の中から流れ出して色素と結合します。

だからあじさいは酸性のときに赤色、アルカリ性のときに青色をしめすリトマス試験紙とは全く反対の発色をするんですね。
------------------------------------------------------------
【2005/07/11 12:47】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






自然界と色彩 part 4  | 自然界と色彩
DSC_0170.gif

 夕焼けの色は何故こんなに美しいのでしょうか?
太陽の光は、『虹色は七色』で知られているように、プリズムに通過させるとたくさんの色に分解されます。この色の違いはそれぞれの光の波長の違いで起こります。

 太陽と地表面が直角に近い時は、地表まで距離が一番近いので全ての波長の光線が私達のところまで届きます。しかし、アングルがつけばつくほど、地表面への到達距離が長くなってしまい、波長の短い光線ほど空気の層の中で乱反射をはじめて最終的に私達のところへ届く光は、波長の一番長い紫や赤の色のみになってしまいます。それが夕焼け色っていうわけですね。

 それでは何故これほど夕焼けが人の心を打つのでしょうか?雪に覆われた景色を皆さんは『綺麗だな』って思った事は無いですか?夕焼けが綺麗だなって思うのもその感情ににているような気がします。通常なら、物質個々が持つ色が存在するのに、夕焼けや雪景色は単色のグラデーションに飾ってしまいます。それが人々の目に非現実的=幻想的な世界として映るのではないだしょうか?

しかし、カリフォルニアのスカッ!とした空では夕焼けが今ひとつですね。日本のように、雲に覆われて湿気を多く含んだ空のほうがより美しい色彩美を奏でます。日本の夕焼けとフィリピンの夕焼けこれに勝る夕焼けはまだ、見ていませんね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/28 14:43】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






自然界と色彩 part3  | 自然界と色彩
リュウケツジュ[竜血樹]Dracaena dracoは、ドラゴンツリー(dragon tree)とも呼ばれるカナリア諸島原産の高木で、現地では樹齢四〇〇年、高さ二〇メートル、幹の周囲が一五メートルもの巨樹になるものもある。幹を傷つけると、「竜の血」(ドラゴンズ・ブラッドdragon’s blood)と呼ばれる赤い血のような樹液がでるところからその名があるが、この樹液は塗料の着色や写真製版の原料に用いられ、そのために栽培もされている。
doragon.gif

 決して表に出てくる色彩ではないけど、なにかしら神秘的です。それと、内部の樹液の色が透過して見えないのですね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 11:15】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






自然界と色彩 part 2  | 自然界と色彩
Camereon.gif

 カメレオンはトカゲの一種ですが、皮膚の色を環境に合わせて変化させて敵の目を欺き、身を守るとして知られています。しかし、カメレオンは単に周囲の色に合わせて色を変えるだけではなく、驚き、光、温度によっても色を変えます。

 哺乳類の色素はメラノサイトという黒色素細胞ですが、爬虫類や両生類の色素はメラノフォアという黒色色素胞(細胞ではない)だけでなく、黄色素胞、白色素胞など、さまざまな色素胞が細胞の中でカロチンやキサントフィル、グアニンや尿素を利用して組み替えられる事で構成されます。 
 
 さて、本題のカメレオンのカモフラージュの仕組みですが、カメレオンは目で色を識別しているのでは無く、皮膚組織のセンサーで色を読み取っています。色素胞を体内で変化させ色素を作ります。こうしてできた色素を細胞全体に分散させる時、ホルモンの働きが色素配分を変化させ、皮膚の色をコントロールしています。

という仕組みが解ったところで、この芸術的な色彩を瞬時に作り出す能力は計り知れませんね。カメレオンをじっと観察しているだけで想像力がかきたてられるのではないでしょうか?
------------------------------------------------------------
【2005/06/24 04:11】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






自然界と色彩 part 1  | 自然界と色彩
DSC_0077.gif


 明るくあざやかなフラミンゴの色は、フラミンゴの餌である塩水湖の藻や、海老に含まれるアスタキサンチン(βカロチンの仲間)を摂取するからだそうです。そしてその餌に含まれる色素の違いによってフラミンゴの色は変わってしまいます。
 この赤みを帯びる色素は、アスタキサンチン(別名ヘマトコッカスといわれている藻類の一種に含まれている成分)食物連鎖で魚介類の体内に取り込まれるもので、必要な量だけビタミンA として吸収され、抗酸化剤活性酸素を除去する作用があり、サプリメントとしても使用されています。特定の物質でないと通過できない血液脳関門を通過できるので、脳の活性酸素を取り除いてくれます。

 興味深い事に、通常魚介類の体内にあるアスタキサンチンはたんぱく質と結合しているため青色に発色していますが、過熱すると鮮やかな赤色に発色します。では、フラミンゴの体内でこの彩やかな色を発色しているアスタキサンチンはたんぱく質と分離しているのでしょうか?とふと、思いました。誰か答えを知っていたら教えてください。

 いずれにしてもフラミンゴがもともと白い色をしていなかったら、こんなに鮮やかなピンク色の発色はしませんね。
------------------------------------------------------------
【2005/06/22 03:00】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。